fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

新しい年に

 昨初秋以来すっかりご無沙汰してしまいました。何時の間にか年は改まり、門松を外す季節に。昨年来「書き出そう」と思い立ち何度かトライしたものの、「久しき停止期間」を解除するにはそれなりの修辞を施したい。そんな馬鹿げたこだわりから、書けませんでした。

 まあ、他に集中すべき対象があったから(でも一向に集中は出来ず空回りばかり)、こうなったのだろう。昨年のツチクジラ漁も不漁に終わったが、この3年間はヒゲクジラの商業捕鯨再開や海洋の変動等に拠る「長い歴史の中の流動化の時期」と考えれば、少しは慰めになる。今年は気持ちを新たに捲土重来を期して頑張りましょう!

 さて、何を書こうか?生活していれば、日々興あること多し。とりあえずたった今読んだ「イラコアナゴ」なる深海魚が「穴子の蒲焼」として広く流通しているとする話から始めましょう。

 江戸前のメジャーな魚である穴子(=マアナゴ)。その漁獲量は最盛期の1/4まで減少しているらしい。「イラコアナゴ」は「マアナゴ」とは分類学上は別の「科」に属するし、その形状も全く別物であるが、蒲焼に加工すれば区別はつかない。一方で両者は同じく分類学上(「科」の上の)「ウナギ目」に属し、その「目」には今や高嶺の花となってしまった「ニホンウナギ」や京都で珍重される「ハモ」も含まれる。「イラコアナゴ」は三陸から北海道の底曳き網で漁獲されている由。脂乗りは良く、産地ではその蒲焼丼が観光客の間で大人気らしい。かく言う僕も、釧路に滞在する際は毎晩の様に「カラスハモ」を食べる。たった今その名称をネット検索したら、何と「カラスハモ=イラコアナゴ」。なんだ、カラスハモのことなのか!

 10年程前のことだったか、釧路の定食屋のおばちゃんが「今日のおまかせ定食はハモ丼だね。」と客に答えるのを聞き、僕も興をそそられ相乗り注文。「おまかせ定食」はメインに飯と汁と小鉢4品が付いて500円也。出てきた「ハモ丼」は「鰻丼」に似た味。脂は強く天然魚らしい野趣溢れる風味と分厚さで、少々硬めの食感!まあ、そもそも鰻の蒲焼が好きだから、この「ハモ丼」を美味しいと感じるのかもしれないけど、500円はあんまりだ!
「安過ぎます、魚の価値を再考しませう!」
おばちゃんにそう言ったものだった。昨夏も毎晩の様に「カラスハモ」を注文したが、同店主に拠ると「土用の丑の日の前は手に入らない」由。まあ鰻が昔の高級魚に戻った影響と言えそうだが、ようやく「カラスハモ」もまともに評価される時代になった次第である。

 仕事柄、八戸・網走・釧路といった日本有数の港街に長期滞在することになるが、地場の肴を食べる愉しみは格別なものだ。昨年は八戸ではイカゲソに、網走ではサクラマスに、釧路では引き続きハモ・柳葉魚・真ツブにはまっていた。八戸はイカの街で、函館同様その不漁で苦しんでいるが、飲食店で出されるイカ下足は柔らかくて太くて高品質。昼飯は専らイカ下足天麩羅蕎麦を食べて過ごした。網走では桜鱒の焼き物と刺身を満喫。桜鱒は淡水魚の女王ヤマメの海降型で特に山形の酒田では「本鱒」と呼ばれ珍重されているが、オホーツクの人々は案外平然と食べている。ロシア海区での鮭鱒操業が中止された影響で、トキシラズ(春から初夏に獲れる白鮭)や紅鮭の価格は急上昇したものの、サクラマスは忘れ残された感覚。釧路では上述のハモの他、柳葉魚(=シシャモ)と真ツブとサメカレイ。柳葉魚は輸入物の北大西洋のシシャモとは別種で、オスとメスを一緒に食べる。真ツブはサザエやアワビと比べて柔らかく味も濃厚な貝で、生でもバタ焼きでも頗る美味。尤も柳葉魚と真ツブは、ここ数年は流石に高価な魚介となってきた感覚です。

 ということで、深海魚「イラコアナゴ」のニュースから何の脈絡もなく魚のことを書いてきましたが、今日はこの辺にしておきましょう。僕は漁家・漁村の生まれ、若い頃勤めていた水産会社で貿易を担当していたということで、グローバルなレベルでの魚の市場をそれなりに知っている人間と言えそうです。ただ、残念ながら、当時は「肉を食べたい」人間だったから、案外魚を食べていない。六十の手習い(?)、これからも愉しく快適に魚のお勉強をしていきたい。そんなことを考えています。それでは。

房州の秋

 船の方は引き続き三陸をベースにツチクジラ操業を継続しておりますが、相変わらず海況が悪くて、なかなか働けず。ここ2年ツチクジラ操業については不漁に苦しんで参りましたが、今年の8月は房総沖のツチクジラの発見が少なく、それに船員のコロナ感染という事件(?)もあって、いい時期に働けなかった。とにかく今後も引き続き操業を継続しますが、残念ながら今年もツチクジラの不漁は確定的です。この房州の地で働いていく中では、ツチの不漁は本当につらいところであります。

 昨日NHKのクローズアップ現代で、「海水温上昇に拠る魚類の移動」という問題が論じられていましたが、秋刀魚・鮭・イカといった本来供給量の大きい魚種の生息海域が変わり、それらの魚種は軒並み不漁に見舞われている。港に揚った魚は地場の水産加工工場等での原料となって、地場経済を潤す構造となっています。そういった意味でも、現在日本の漁業・水産業は危機的な状態にあると言えるでしょう。我々の捕獲するツチクジラやミンククジラの不漁も、この水温上昇の影響を受けているのではないか?特にツチクジラの不漁が3年も続くと、水温上昇の影響を考慮せざるを得ない。そう感じております。大変なことが起こっている。そう実感しています。

 例年9-10月は北海道に滞在していましたが、今年は久しぶりに房州に8ー10月に滞在し、残暑を味わいました。久しぶりの残暑、やはり予想した以上にきつかった!彼岸花の咲く頃はもう少し涼しかった様なイメージがありましたが、実際にはそうでなかった。「涼気と彼岸花」という美しい組み合わせは幻でありました。残暑の気候に慣れていれば、この時期をもう少し愉しめたかもしれない。そう思いますが、どうも気候が体に合わない感覚が強かった。まあ今年は個人的に厄介な仕事も抱えていることもあるのだろうけど。

 今朝は久し振りに裏山を二往復散歩してきました。ようやく秋らしい風景を愉しめる雰囲気になってきました。それでも、厄介な問題を抱えていると、その問題から逃避すべく、「本を読んでいる内に寝ている」ということが多くなります。

 なかなか難解で前に進みませんが、引き続き井筒俊彦さんの書籍をネットで購入して、拾い読みしております。
荘子の言う「天籟(てんらい)」なる言葉を、井筒さんは以下の通り解釈(若松英輔著 悲しみの秘儀より引用)。

 人間の耳に聞こえないけれども、あの不思議な声が、声ならざる声、音なき声が、虚空を吹き渡り、宇宙を貫流している。この宇宙的声、あるいは宇宙的コトバのエネルギーは、確かに生き生きと躍動しそこにあるのに、それが人間の耳には聞こえない。

 こんな文章を読むと己が抱える問題も些少なものに思われてきて、ほっとしますね。時には解き放たれた気持ちになって、久しぶりの秋の房州の生活を愉しみたい!そう思います。それでは。


誠に無念ではありますが、昨日9月13日をもって今年の和田浦ツチクジラ漁を中止することとしました。

 誠に無念としか申し上げられないのですが、昨日9月13日をもって今年の和田浦ツチクジラ漁を中止する決断を致しましたので、連絡申し上げます。

 今年は8月から操業を開始しましたが、特に最近ツチクジラの発見が極端に少ない。尤も9月のツチクジラ操業は実際には経験がなく、この時期に鯨がいるかどうかは、わからなかったということは否定出来ないところです。但し夏場に発見の多い鯨だから、9月になってもそこそこいるのではないか?そう考えながら操業を続けてきた次第ですが、何せツチクジラの発見が極めて少ない。

 明日は発見があるのでは?新しい群れが入ってくるのでは? 

 そんな想いをもって今まで操業を続けてきた次第でありますが、状況は一向に好転せず。そのような状況に直面し、新しい試みとなりますが、今年はこれより本州北方の海域で引き続きツチクジラを探索・捕獲にトライすることにしました。北で獲れた鯨を和田浦まで曳航して解体する訳にはいかず、獲れた鯨はとりあえずは鮎川にて解体する見込みです。

 ここ3年ツチクジラの捕獲は酷い不漁に見舞われておりまして、多くの皆さんが和田浦に多数のツチクジラが水揚げされることを期待されてていることを実感しているだけに、将に断腸の思いでありますが、和田浦での水揚げを終了することになります。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。以上


明日9月14日の解体はありません。

明日9月13日の解体はありません。

 本日9月12日も沖は波風強く、船は操業していません。従い明日9月13日の解体はありません。

 | HOME |  »

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する