fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

昔の生殖医療?????

西郷隆盛は死地・最終決戦の地と
定めた鹿児島は城山の急斜面を登る
その際に「よべ(夜這い)がごたる」
そう言って共に死地へ赴く仲間を笑わせた

司馬遼太郎の随筆に拠ると
江戸期薩摩には南方の習俗が濃厚に残り
祭礼の日は無礼講 男女の集団同士が交り 
そこで宿った子供の父親を妊婦が指名する
そんな習慣があったそうな  

子供の顔からその父親の面影をみつけ
快哉を叫ぶことが出来ない不安は?
それは共同体の暗黙の掟の了解と 
家族として過ごした時間が中和
恙なく家族は生きられたに相違ない

歴史学者の網野善彦は中世の商業を
有縁と無縁 そんな概念で説明
有縁の世界では 人と人 人と物は
固く結びついている 無縁の世界では
それら関係性が消滅し そこで初めて
商取引・貨幣を通じた交換が成立する
現日本の原型たる中世 その商業は
宋銭の流入と無縁空間の成立に拠り
急速に発展した そう解釈している

旅の空間は無縁の世界 街道も無縁 
神社仏閣も無縁 その屋内に多数の
旅の男女が佇む様を描いた絵がある
無縁故そこに居合わせた男女は交わる
子宝の湯とされる温泉 参拝・祈念すれば
子宝を授かるとされる 神社仏閣
それはかつての生殖医療の場?案外
そんなものだったのかもしれない

中世の日本人は 家系を絶やさぬこと
その為には 血統には目をつぶった
養子縁組はその知恵と言えるだろう
農地があれば家庭を営み生きていける
家・家族制度がそれを保障する構図
それは世紀を越えて大戦後まで続いた
然るに無常は世の習い 五世代以上
続く家系は稀であった様だ

翻って核家族主体の現代社会
意外や意外 血統の復活?
個の或いはその家族の営みを
保障するものは 個以外にない
個は労働市場にて己が能力を売り
それで家族の営みを支える
核家族は血統に拠り成立する
核家族間の関係も血統に拠る
血統が結合の唯一の核なのだ

子供達の自立に拠り家族の役割は
終焉を迎える そこに残るものは
血統と家族を営んだ記憶のみ
その記憶が唯一の絆である

やがて人は家族の営みを支えること
それさえ厭う様になる 実は己一人を
支えることさえ 容易ではない
かくして人は再び無縁の世界に?

一方で昔の仲間との再会の喜びは?
昔の縁が急に開花したりして
何だか 訳がわからないが
所詮ポンコツ三馬鹿仲間の集い
まともな 花に 非ず

今回もまたこの辺でギブアップ
馬鹿げた ポンコツ作文を
中断しませう それでは

生殖医療の周辺(3)

昨年のことだったか 中国の
若き学者が ある遺伝子の 
難病発症リスクの 高い部分を 
改変・操作して受精卵を製造 
その子供が 無事生まれた 
学会にて そう報告した

この世は大騒ぎ 多くの人々は 
彼の倫理性の未熟を糾弾
パンドラの箱が 開いた
国家組織はやがて サイボーグの
製造に この技術を使い兼ねない
不気味な時代到来の予感
その後の彼の行方は知らない

一方で彼の所属した米国加州の
学会はその報告を本音では歓迎 
彼がつけた道筋は決して消えない 
得られた知見は確実に学会に残るし
かくして生まれた生命の行方を
研究者は必ず観察し続けるだろう 

便利な技術は自己責任で使えばいい
それを使わせない規制は不合理
パンドラの箱から 飛び出た
厄介への対応も 自己責任
規制は人間の自由を奪うもの
それが一般的な米国人の思考
かつて そう聞いたことがある

発達した加州の 高速道路
CAR POOLなるレーンがあり
そこは 複数乗車者の専用
つまり 渋滞対策である
ところが違反を問われた
ある妊婦が 警察を訴えた 
お腹の子供は 受精後3ケ月超
故に 私は二人分だと主張
そして 勝訴したらしい
加州の受精卵の扱いや如何?
まあこれは他愛のないギャグ
そんなことはどうでもいいのだ

生まれてきた子供の人権は?
彼は遺伝子操作を頼んでいない
でも普通に生まれてきた子供達
彼らも生んでくれと頼んでいない
僕自身もそれは頼んでいない
何だか訳がわからない
生殖医療の周辺を彷徨うのは
もうこの辺で やめておこうか

生殖医療の周辺(2)

戦争の続くウクライナ その国会で
出征する兵士の 精子の凍結保存を
助成する 法案が審議されたらしい

ところが物事は 簡単ではない
戦死者の精子こそ凍結保存すべし
そう考えるのが 人情というものだ
然るに死者の精子の使用を認めると
精子は時空を超えて 過去や未来に
形成される卵子と 結合し得る
無論卵子も同様に 時空を超える
故に殉死した兵士の精子の使用
その承認は重大な意味を孕む

その後の 法案の審議の現況を
僕は知らないが ただその先に
パンドラの箱が 見える
死の影が 横溢する戦時下の
極限の空間での 究極の選択
その深き苦悩を厭い
我が思考は停止する

生殖医療の周辺(1)

「世紀を越えて」なるTV番組の記憶
故に前世紀のこと 多分20余年前に
僕は産婦人科医の友人を訪ね
川沿いの居酒屋で旧交を温めた
夜勤医用の部屋に 泊めて貰った

奥さんも同業だが 子宝に恵まれず 
友人は単身赴任 そうその県は結構広い 
週末には夫婦は 打ち合わせ通りに
それぞれ車を飛ばし県内の病院に集合 
その施設にて 専門の器具を使って
夫婦の精子と卵子を 受精させる
そんな作業に 鋭意励んだらしい

やがて夫婦は二人の子宝に恵まれた
この夫婦の至極プライベートな作業を
友人は躊躇うことなく淡々と説明する
僕は友人の姿勢に 科学と技術を鍛錬し     
人間の生死を扱う 医師としての覚悟
彼の自然な明るさにも それを直感した

館山刻迷宮

ひさしぶりの鰻屋さんでの会食
近年館山での会食には電車を使う
実は僕ちゃん シンデレラ姫なり
最終電車21:37 涙流してさようなら
といったやり方で深酒を避けてきた

ところが会食開始が繰り上がり
17:28発の電車では間に合わず
16:12発に乗車 館山着16:37
1時間早い到着 今回は城山まで
のんびりと散歩することにした

汐入川河口付近から城山方面へ
川辺の遊歩道を快適に歩く
この街で高校時代を過ごしたが
基本的には学校と駅の往復 
この小径を今回 初めて歩いた

館山城下 会場の鰻屋さん着
鰻を焼く 芳醇な香りが漂う 
時間が余ったので 天守まで登る
二十歳前後の 昔のことを 想い出す
若き日の 淡い恋の思い出は 
多分に一方的だが 鮮烈である

こんな折り 井上靖の「不在」なる
散文詩の一節が 浮かんでくる

「神の打った終止符を、私はいつも、
悲しみというよりむしろ讃歎の念を
もって思い出す。不在という
そのささやかな運命の断層に、
近代的神話の香気を放ったのは
誰の仕業であろうか。」

日が暮れ 西の空が 茜色に染まる
まだ四半刻早いが 鰻屋さんへ入る
共犯者たる最初の先輩の到着を待って
おごそかに 共犯フライングビール
嗚呼 旨い! 極上のビールなり!
かくして かつての若人 老いたる
オッサンどもの 愉快な会食が始まる

 | HOME |  »

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する