外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 従前は年末年始に少しは何か書いてきた次第ですが、この年末は書く元気が出ず。ようやく思い立って今日1月2日に何か書いてみよう、という気になりました。とにかく昨年はツチの漁期が確保出来ず、獲れなかったことがつらかった。お客さんには多大なる迷惑をかけてしまった。でも今年は与えられた事業環境の中で、改善出来るように頑張ろう。そう考えています。思えば今まで8回続けてきた「和田浦クジラゼミ」も昨年は中断してしまった。今年はどんな形で再開するか、考えていきたいと思います。

 そんな訳で、何とも気鬱な正月を迎えています。当地の天候は素晴らしく、大銀杏の梢の上には青い空が広がり、海は陽光を受けてキラキラと輝いています。ところがそういったものを「美しい」と感じられない自分がある。正月早々に困ったものですねえ。経験的には美しい風景にこころが慰められることは多いのですが、現況ではどうも芳しくない。でも大好きだった散歩を淡々と続けていきたいと思う。そのうちに、いつか見慣れた房州の景色が美しいものと思える時期が来るものでしょう。

 年末にボクサーの村田諒太さんの番組を視聴。父上は再戦に臨む息子さんにビクトール・フランクルの著書「夜と霧」を贈った由。この本はナチス管理下の強制収容所という極限の生活環境の中で生活したある医師の物語です。父上はこの本からの「人生に意味を求めるのではなく、人生が貴方に問うてきたものに答えること。それが生きることです。」といった趣旨のことを息子に告げたそうです。

そうですね、この「人生」という言葉は「運命」という言葉に置き換えてもよさそうです。予定通りの人生なんてあり得ない訳で、自分の身に降りかかった不都合な事象に人々は悪戦苦闘するものなのでしょう。でもそれを「運命」として、とりあえずは静かな心でそのまま受け入れること。そしてそれを「我が人生からの問い」と理解し、それに自分なりに答えること。そういうことなのかもしれませんね。

 今日も房州の季候は穏やかで窓から柔らかな陽光が差し入っています。何だが新年の挨拶らしくありませんが、よし、ぼちぼちと前に進んでいきましょう。それでは。

スポンサーサイト

平成29年度の和田浦ツチクジラ漁は終了しました。

  11月6日より当地和田浦にて秋のツチクジラ漁を再開していましたが、今年の初冬の海は風強く、波高く、ツチクジラの発見も少なく、今後の捕獲の可能性は極めて小さいものと判断。11月24日をもって操業を断念することとしました。これにて、平成29年度の和田浦のツチクジラ漁は終了します。

 11月には5年ほど前に一度だけ操業した経験はあり、その際は2隻で4頭の捕獲の捕獲に恵まれました。今夏は十分なツチクジラの漁期を確保出来ず、しかも従来の2隻体制の操業から1隻体制へ。そこに悪い気象条件が重なり、捕獲頭数は5月の2頭も含めて9頭に終わりました。そんな訳で、何とか挽回したい。祈る様な気持ちで11月の操業を迎えましたが、結果的には1頭のみの捕獲で終了することとなりました。とても残念ですが、それは会社として与えられた条件の中で最善を尽くした上での結果です。いろいろな想いは去来するが、それを心静かに受け止めなければならない。そう考えています。

 地域にはツチクジラの赤肉の供給を待ちわびておられるお客さんが沢山います。お客さんには申し訳なかった。これより自分なりに「今年の出来事」を総括し、お客さんの元に説明にお邪魔することになります。既に今年の漁は終わってしまったが、来年はどう対応するのか?来年のことも含め、お話しする必要がありますね。

 今日も当地はとても静かな佇まいです。時折北風のうなり声が耳に入りますが、初冬の柔らかな陽光が屋内に差し入ります。まあ、今ひとつ元気は出ませんが、私は房州のこの季節が好きです。今晩は成城大学のK先生とお会いします。K先生は房州のツチクジラの文化を長年追いかけてこられた民族学者。今年の惨状を心配されてのご来訪を推察します。とても有難いことです。それでは。また書きましょう。

明日11月25日の解体はありません。

 本日11月24日も沖は風強く波立ち、船は操業していません。従い明日11月25日の解体はありません。なかなかうまくいきませんね。それでは。

明日11月24日の解体はありません。

明日11月22日の解体はありません。

 本日11月21日も風強く船は操業していません。従い、明日11月22日の解体はありません。ここ数日気温が低く、当地の広葉樹も10月の台風由来の海水混じりの雨で既に落葉しています。当地でも冷たい北風が吹き、天を仰げば抜ける様な青空。そして東北の街からは積雪の便りが、、、。もう冬ですね。それでは。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。