外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケで愉快に防犯その3「かあさんの歌」   皆さん防犯活動にご協力下さい!

 またさらに秋が近づいてきた感じです。日中の暑さもだいぶ和らぎました。夕方の田園ではアキアカネ(赤とんぼ)の数が増えてきた様に思います。だがミズヒキなどの秋の草花はまだ見えません。彼岸花。これが私にとっては幼少時の秋の心象ですが、この花はやはり秋雨前線による降雨がないと咲かない。今年も9月に入って早々に釧路に向かいます。多分彼岸花は見られないでしょう。それでも釧路では今頃釣鐘草が薄紫の清楚な花を咲かせ、秋風に吹かれてチンカラコロリと鳴っていることでしょう。まあ草が鳴るのは釣鐘草だからでありまして、この「ちんからころり」という音は「風の子供」という童謡からの引用です。ネットで調べたところ、作曲:中田喜直・作詞:竹久夢二ということであります。残暑はやはり苦手でして、北国の早い秋が恋しい。嗚呼、また釧路川の向こうの旧市街を散歩して山鳥のおばちゃんのところで塩ラーメンを食べたい。そんな想いが溢れてきました。
 さて、「カラオケで愉快に防犯」の第三段。前回に引き続き「振り込め詐欺」の防止の替え歌「私だましてます」を紹介しようと考えましたが、その元歌の「私祈ってます」を私自身よく知らず、一応元歌の歌詞は調べたものの、どうも興が乗りません。知らない歌の書評はやはり書けませんね。そこで第三段は「かあさんの歌」を紹介することにしました。古典的な犯罪「自転車泥棒」を防止する歌です。皆さん防犯にご協力下さい。


続きを読む »

スポンサーサイト

カラオケで愉快に防犯その2「金ならあるさ」 皆さん防犯にご協力下さい。

 お盆を境に気候が変わったようですね。早朝犬を連れて田園を散歩すれば、色が変わった柿の葉が。陽ざしも心なしか茶色の陰影を帯びていて、夏の激しさがない。秋風がさらりと吹く。何年前のことだったか、早朝の散歩を詠んだ一句。

 秋風や うつろな陽ざし 犬を曳く

 まだ残暑は厳しいが、微妙な秋の「うつろさ」が隠れている。こころにぽっかりと穴が空いてしまうような感覚。秋はそんなものを感じさせます。
 さて、「カラオケで愉快に防犯」の第二段。今日は皆で元気に歌う「明日があるさ」の替え歌です。「振り込め詐欺」という卑劣な犯罪。こいつを撲滅したい。皆さん、防犯活動にご協力下さい。


続きを読む »

カラオケで愉快に防犯その1「駄目だよ」   -皆さん防犯活動にご協力を -

 スリミヤとホウリツヤは昔からの仲間。かつて某大手水産会社に勤務し、当時は主として就労時間後に神田方面で活躍。組合活動にも熱心で、当時「組合のことをほとんど書かない機関紙」として注目されていた東京支部の機関紙「WINK」のコラム欄を交代で執筆。
 時は流れて茫々20年。スリミヤは千葉のクジラヤに、ホウリツヤは宮城のイワナヤにそれぞれ職変し、現在に到っている。この二人はまるでカルト宗教の元信者の如く、髭面のジャージ姿で怪しげな逢瀬を重ねているが、最近クジラヤはイワナヤよりある文物を見せて貰った。
 実のところ、イワナヤは多才な書き手であって、河北新報創立80周年の懸賞小説の佳作に入選。高校の先輩にあたる井上ひさし氏に紙上で書評を受ける。さらに何故か突然童話を書いて小川未明賞を受賞したこともある。そんなイワナヤであるが、ここ数年はどうも地域の防犯協会の機関紙のコラム執筆にはまっていたらしい。何でも「鎌先温泉法学部」というのがそのコラムの名称。最近その執筆を終了したところ、地域住民から派出所に苦情が続出。困った駐在さんからの依頼で、今度は何でも「鎌先温泉カラオケ倶楽部」という連載を開始することになり、その原稿がクジラヤの目にとまった次第である。
 この原稿、まあ馬鹿馬鹿しいと言ってしまえばそれまでであるが、「カラオケを楽しみながら、愉快に地域の防犯に協力できる」という点において、なかなか秀逸な出来映えと言えなくもない。そこで、宮城県のとある街の防犯協会の機関紙に掲載される前に、この外房捕鯨のブログに実験的に掲載してみてはどうか。その防犯効果を、まあ暇な時にでも、暇がなくても強引に酒でも飲みながら調査・研究してみようか、ということになり、この原稿の著作権をクジラヤはイワナヤより一時的に預かり受けることとなった。
 一方外房捕鯨のブログは8月16日をもって、「解体開始時刻の告知」という本来の機能を来年の漁期の開始までの期間しばし喪失することになる。若干名のマニアックな人々の間で休漁中のブログ存続を期待する向きがあるところ、この8月一杯「カラオケで愉快に防犯」を連載することにした。皆さん防犯活動にご協力下さい。
 初回は我らが日本国歌「君が代」の替え歌、「駄目だよ」です。不謹慎の誹りを受けることになると覚悟しておりますが、まあお盆に過ぎし大戦を偲んで過ごした我が身に免じ、ご容赦下さい。こんなものに引かれてしまう、どうしようもない貴方、「続き」をクリックして下さい。愉快に時間を浪費できることをお祈りしています。


続きを読む »

2009年の和田浦のツチ鯨漁は無事終了しました。皆様お世話になりました。

  平成21年度の和田浦のツチ鯨操業は8月15日に所定の26頭の捕獲を完了。8月16日の解体作業をもって無事完了しました。船は16日に鮎川に戻り、月末にはミンク鯨を対象とした捕獲調査に参画すべく、釧路に向ける予定です。
 お盆にはそれなりにすべきこともあり、そこに鯨の処理が入った訳でやはり相当に疲れました。その最中に尊敬する大先輩の訃報に接するも、こころも体もついていかず、お別れに行くのを断念。その方からかつて「終戦時は沖縄にて陸から発射する魚雷の実験をしていた。」とお伺いしたことがあります。奇しくも終戦の日のお通夜でありました。 
 一昨日から朝晩は涼やかな風が吹き、季節の移ろいを感じています。まあ何とか夏の漁は終わった。失敗もしたが、人知の及ばぬところもあろうかと。否、大概のことは「人知の及ぶ範囲内」のことであって、失敗は概ね我が怠慢に由来するものである。悔恨の念を禁じえないが、この漁期中にお世話になった人々の顔が目に浮かぶ。処理場を訪れた多くの子供達の笑顔が目に浮かぶ。お盆の最中の2頭の解体は悪くはなかった。お盆だというのに最後まで鯨を買いに来てくれた加工屋さんや魚屋さん。陰りの見える陽ざしの中で見学する子供達の姿。こころの中に渦巻くネガテイブな感情を、人々の好意の溢れる笑顔と、涼やかな秋風がなだめてくれる。皆様この夏は大変お世話になりました。今後もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
 昨日処理場にて「これでもう当面はブログを書かないのですか?」と聞かれました。「そうですねえ。確かに書かねばならないという義務から解放されてしまうと、書かないものですね。」と返答。さらに「あんなものを読んでくれているのですか?気まぐれの、興が乗ったら書きなぐる類のものに。」とも申し上げました。むむむ、確かにこのブログの「気まぐれな部分」を愉快に読んでくれている暇な(失礼!)人々も若干名おられるようですね。やはり嬉しいものです。気まぐれであることとはそのままに、引き続き何か書いてみようか、という気分になってきました。
 そう言えば、宮城蔵王にてイワナの養殖をやっている畏友から「鎌先温泉カラオケクラブ」の原稿をその著作権諸共お預かりしております。要するに「替え歌」の類なのですが、この替え歌を皆で愉快に大きな声で合唱することが、即「防犯活動」という社会貢献につながる、という結構なお話です。漁は終了したのに、まだこんなブログを読んでいるマニアの皆さん、次回から捕鯨のことはさておき、防犯活動にご協力願いますか?何が出てくるか、、、楽しみにしておいて下さい。結構愉快なものになると想います。以上

本日8月15日1頭捕獲。明日16日の解体は午前10時より。これにて今年の和田浦のツチ鯨漁は終了。

 本日15日、最後の1頭を捕獲しました。明日16日の解体は午前10時からです。これにて今年の和田浦のツチ鯨漁は終了です。

本日14日、1頭捕獲。明日8月15日の解体は午前4時より。

 本日8月14日、1頭捕獲。明日14日の解体は午前4時からです。これにて残枠は1頭となりました。見学にお越しの皆さんにお願い。処理場はフォークリフトやトラック等の車両が縦横に動き回るところ。くれぐれも安全にご留意を。特に子供さんの動きにご注意下さい。
 今日はこれから墓参り。故人とゆっくりと会話してこよう、といった気持ちで参ります。

本日8月13日船は操業中だが、捕獲なし。明日14日の解体は無し。

 本日13日船は操業しましたが、午後6時現在捕獲はありません。まだ日没まで少し時間はありますが、今日は難しそうです。従い明日14日の解体は無しとご理解下さい。これがら外出しますので、極めて低い確率ですが、もしこれから捕獲があった場合は随時このブログを更新することとします。更新されていない場合はやはり獲れなかったものとご理解下さい。

本日8月12日は休漁にて、明日13日の解体は無し。

明日8月12日の解体は無し。

 台風の影響で操業出来ず、明日8月12日の解体はありません。残枠は2頭のままです。なお、お盆(8月13日ー16日)は会社は休業となりますが、船は海況がよければ操業します。従い、お盆の最中でも鯨が獲れた場合は解体作業を実施することになります。なお、お食事処・お土産の「くじら家」の方は営業しています。
 終戦記念日を控え、テレビでは原爆や戦争に関するドキュメタリーが毎日のように報道されています。東京の会社でサラリーマン生活をしていた頃、会社の独身寮の隣室の先輩が、「終戦記念日には墓地に行き、墓石にしみいるセミの声を聞ききながら、涙を流す」と言っていた。この時期になると毎年この先輩の言葉を思い出します。当時は私は学生生活を終えてばかりの小僧でありましたが、会社の先輩からこの類の話を聞くのは好きでした。こういったこだわりが強いと言うか、周囲からは奇異にさえ見られる行動でもありましたが、当時の学生生活の中で経験したり勉強したことが、その先輩をそういった行動にかきたてたのであろう。そしてそれが私自身に影響を与え、このお盆に私は再びある種の感慨をもって、終戦という歴史とあの先輩の話を胸に、先祖、親族、友人の眠る墓地に佇むであろう。
 戦争を罪悪とすることに異論を唱える人々はほぼ皆無と言えるが、それが自衛隊の機能と憲法との関係・イラク・アフガン戦争・日米安保・集団的自衛権といった問題になると議論百出、どうすべきかわからない面が多い。ただ私自身が納得し信頼出来るのは、戦争体験者の「もう戦争はコリゴリだ。こんな悲惨なめに子孫を会わせたくない。」といった実感です。この実感を出発点にこの地域社会において、或いは日本社会・国際社会において何が出来るのか?それを問ういかねばならないと思う。「あれも欲しい、これも欲しい。勿論戦争は駄目。」などと言うのではなく、「とにかく戦争を無くしましょう、この世から抹殺しましょう。その為なら大抵のことには我慢出来ます。」そんな潔い姿勢であるべきではないか。そんなことも想う。終戦記念日が絡む日本のお盆は、こういったことを自然に考えさせられる貴重な時間とも言えると思います。それでは。
 

本日8月10日は時化、明日11日の解体は無し。

 本日10日は船は操業せず、明日11日の解体はありません。台風の影響で海上はひどい時化模様、この状態は数日続くものと予想されます。残枠は2頭のまま。お盆の間に水揚げがあるといいですね。
 当地では断続的に豪雨が。ここ数日酷暑にうんざりしていたので、この雨が地面にこもった熱気を洗い流してくれればいい。そんな想いがあります。子供の頃の台風の思い出は概ね秋のものですが、近年は夏の台風は多いですね。尤もそれがいわゆる「温暖化」に絡んでいるという説には私は懐疑的な立場ですが、気象なるもの例えば南米西岸のエルニーニョなる現象が玉突きの要領で世界各地の気象に影響を与えてきた。我々の普段接している日本の四季は、地球の長い歴史の中のまばたきの如きほんの一コマに過ぎない。そんな「由緒正しき日本の四季」は地表上で繰り広げられる玉突きの影響を受ける訳でして、日本人が「これは異常気象だ。」と言うのは僭越なことなのではないかという気がする。尤も「日本列島の四季」を構成する気象は極めてミクロなものであって、それほど地域の気象は繊細なもの。さらに人間を含めた生物はこの繊細な「ミクロの気象」に対して極めて繊細、すなわち強い影響を受けているものなのだと言えると思います。そしてそんな「影響」が「異常気象」として大いに報道されることになる。
 当地の捕鯨のことが、週間ポスト最新号の「白洲信哉ニッポンの流儀」に紹介されています。短い文章ですが、世界の捕鯨史を踏まえた、なかなか読み応えのあるものです。興味のある方はご覧下さい。戦後日本はGHQマッカーサー司令官の英断をもって、米国占領下で南氷洋に捕鯨船団を出港させています。これは当時深刻な食料不足に直面していた日本社会に貴重な鯨肉を供給しました。鯨肉が学校給食なでに採用されてポピュラーな食品になったものこの時期です。因みに最近NHKのドラマ等で紹介されている白洲次郎さんは、どう考えても戦後の占領下での南氷洋捕鯨再開を後押ししたに違いない。そんなことを白洲信哉さんに申し上げました。白洲信哉さんは白洲次郎さんの孫にあたります。それでは。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。