外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送春の情

  所要で一度房州へのとんぼ返りをし、また僕は鮎川での仕事に戻っている。ここ数日の間に気温は上昇し、事業所にはTシャツ姿の人もいる。着業当時にはコート姿の人もいた。過ごしやすい気候になった。今日は快晴であるが、朝の徒歩通勤の道は心なしか薄い霞みでおおわれていた。八重桜の花もここ数日の風雨で散り、道縁にはその花弁がたまっている。淡かった広葉樹の緑は幾分濃くなった様に思う。藤の花が咲いている。金華山近くの農家に昔九州から移植されたという霧島ツツジも咲きだした。しかし明日から天候は下り坂。気温もかなり下がりそうだ。これからも快晴と風雨の日々が定期的に入れ替わり、気温の乱高下を繰り返しながら、やがて春は暮れ、夏が来るのであろう。

続きを読む »

スポンサーサイト

人生、この取りに足らぬ実に退屈なもの


 早五月も半ば、晩春と言ってもいい季節となった。僕は相変らず鮎川で生活している。
今年はシベリアの寒気団の南下の影響か、天候が不順である。さすがにソメイヨシノの花は風雨に散ったが、八重桜は未だ見頃である。気温が低く比較的乾燥しているからか、徒歩通勤の風景は春霞に煙るものではなく、ここ2日は峠の展望台から島々の浮かぶコバルト色の海の向こうに蔵王連峰まで見渡せた。という訳で晩春の風情でもなく、春たけなわでもなく、どちらかと言えば僕は引き続き早春の道を歩いている気分である。前回掲載した「春暁の漢詩さらに二題」の終わりの部分で、僕は「取るに足らぬ退屈な人生、それが少しは豊かなものになる、否、豊かなものに感じられるかもしれません。」と書いた。実はそれ以来僕は、昔「人生実に取るに足らぬ退屈なものだ。」という言葉をO先生が発した場面を反芻しながら、歩いているのである。今日はそのことを書こうと思う。

続きを読む »

春暁の漢詩さらに二題

前回掲載した「春眠暁を覚えず」にて予想した通り、昨日は昼前から雨が降り始め、少々風も出てきました。今朝は快晴の青空の下、宿から事業所に向かって歩きましたが、思った程桜花は散らず。それでも葉桜となった樹の下には桜の花弁が幾分落ちていた。思い起こしてみれば、確かに昨晩はまあまあ静かだった。宿周辺の樹林が風に吹かれて騒いでいたという記憶はありません。
今回この孟浩然の「春暁」について少々ネットで調べているうちに、久しぶりに漢詩の本でも読んでみようか、という気になりました。早速石川忠久著「春の詩100選」を購入しましたが、まさに最初の詩は孟浩然の「春暁」。この本によると中国の春は、春分、清明、穀雨等々、細かく区分されていることを知りました。因みに孟浩然の「春暁」は春分(新暦の3月21日頃)の詩ということで、この本の「春分」の項には春の暁を詠った漢詩が、この他にも2題紹介されています。
 これら漢詩二題の解説を読んでいると、使い慣れた漢字の持つ正確な意味がちょっとした驚きを以て理解出来たりして、なかなか愉快なものでした。想えばある山岳会にて昭和一桁生まれの皆さんとのお付き合いがありますが、彼等の漢文の教養の深さには感心させられたものです。中国の故事に因んだ漢語を使って、文章に独特な余韻が漂わせしめる。僕にはそんな教養はなく、とても出来るものではありません。という訳で今回は向学の為にも、春暁の漢詩二題について少し書いてみたいと思います。

続きを読む »

春眠暁を覚えず

 今年の春の連休前半は北方の寒気団が居座り、天気はまあまあだったが肌寒い日が続いた。世間は大連休に浮かれている様だが、僕等は相変らず働いている。5月最初の3日間、金華山近くのこの宿は満杯となる。僕のような長期滞在の安い客が8畳間一室を占拠するのはいかにももったいない。また僕自身この風光明媚な宿でのストイックな生活に少々飽きがきているのも事実である。そこで、僕はこの3日間だけ石巻駅近くの安ホテルに同僚と共に引っ越した。同僚は酒を一切やらない質にて、パチンコ屋にて専ら球体の衝突実験を繰り返していたらしい。僕は専ら小さな飲食店にて食と酒を楽しむ。2日目は仕事が長引き深夜にホテル着ということもあったが、まあそれなりに石巻のシテイーライフを楽しむことが出来た。昨日は早々に仕事を切り上げ、金華山近くの宿に再び引越し。気温が高く、一風呂浴びた後はTシャツ姿。先日物故した井上ひさし著「ブンとフン」を30年ぶりに読んでいたが、いつの間にか寝入っていた。夕刻目を覚ますが、まだ眠い。晩飯もとらず、朝まで寝入ってしまった。

続きを読む »

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。