外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

平成22年の和田浦のツチ鯨漁は終了しました。

 本日8月20日午後、今年最後の鯨を解体しました。これにて平成22年の和田浦のツチ鯨漁は無事終了しました。作業を概ね終えた夕刻、早朝の騒音等でご迷惑をかけた処理場の近所の皆さんへの鯨肉配布に高台に登れば、処理場の作業風景が見える。夕凪だが、まだ海は青い。思いの他、涼しい風が通っている。挨拶をして処理場に戻れば、そこでも涼しい風が木製の床の上を通り抜ける。よかれ悪しかれ、とりあえずこの夏は終わった。涼しい風に吹かれながら、そう実感しました。

 この「よかれ悪しかれ」という言葉をつい使ってしまうのは、「いいことばかりもなかったが、悪いことばかりでもなかった」といった諦念と、「頑張りが足らなかった」といった後悔の混ざった複雑な気持ちがあるからでしょう。それでも過ぎたことをくよくよ悩んでいても仕方なし。Tomorrow will be another day(明日は明日の風が吹く)ということで、またこれから自分なりに頑張ろう。吹く風のおかげか、とりあえずはすっきりした気分です。

 「よかれ悪しかれ」なんて書くと、かつて井上靖の随筆で読んだ短歌を思い出します。

夢むごと 人を罵る そのことの よかれ悪しかれ 我らは若し

 ちょっと凄いでしょう。若さというものの持つ強烈な何ものかが滲み出ている感じがしますね。この短歌は井上靖の旧制沼津中学時代の友人、岐部豪次氏(19歳にて病没)が読んだものとの由。眩い(まばゆい)という感覚さえ持ちます。そんな感覚を井上靖はある詩で表しています。気が向いた方は「続き」を読んでください。

 漁期中はお世話になった多くの皆さんに、こころより感謝申し上げたいと思います。有難うございました。気が向いたらまた何か書きましょう。それでは

続きを読む »

明日8月20日の解体は13時より。これにて今夏の和田浦のツチ鯨漁は終了。

 本日8月19日、遅い時間に1頭獲れました。明日8月20日の解体は13時からになります。これにて、今夏の和田浦のツチ鯨漁は終了となります。昼間の解体ということで猛暑が予想されますが、怪我のないように注意して、今夏最後の解体作業をしたいと思います。

本日8月19日、船は操業中です。

 本日8月19日、船は操業中です。但し北東の風が吹き、苦労している模様です。残枠は1頭、獲れれば今夏の漁は終了します。

 北東の風が吹き、その影響で午後は曇りの予報、関東地方は幾分気温が下がりそうですね。一方で西日本は引き続きの猛暑のようですね。昨日お会いした房州の皆さんもこの暑さには皆参っている様子。九州では今夏の異常な降雨、それに続くこれまた異常な猛暑の影響で人々の外出の意欲が減退し、市場関係の取引は低調と聞いています。当地の農家の皆さんは、酷暑の真昼間の仕事を避け、早朝と夕刻に働くことが多いと聞いています。遠い昔北ドイツの牧場で働いていた頃、農場主が夏の酷暑の昼間は休憩する、と言っていたのを思い出します。北ドイツの酷暑など、私にとっては快適な部類の属すものではありましたが、、、。でも夏の鯨の時期は、全て鯨に合わせた生活。酷暑の時間を避けることは出来ない。自分自身今年の暑さには参ったが、多忙な夏をより元気に過ごせるように、工夫して生活を組み立てていく必要を感じています。それでは。

本日8月18日、船は操業中です。

 本日8月18日、船は操業中です。沖は霧がかかり、視界は悪い模様。いずれにせよ、残枠は1頭。獲れれば今夏の和田浦のツチ鯨漁は終了ということになります。

 例年盆が過ぎれば、幾分風が吹き、涼しく感じることがあるのですが、今年は相変わらずの酷暑の日々が続いています。今朝の解体作業もまあ暑いこと暑いこと。作業終了後に長靴の内部に溜まった汗をジャーっと流し出す同僚、、、やはり酷暑の作業は大変です。それでも、久しぶりの解体。久しぶりにお客さんの顔を見て話すと、元気が出てきますね。今日は盆休み後にも拘わらず、見学者は結構多かった様です。「残りは1頭だから。もう今年は今日しかないと思ってさあ。」といった声が聞こえました。そうですね、もう1頭でこの夏は終わる。

 夏が終わって秋が来て、秋の雨が降りだせば、房州の地では真っ赤な彼岸花が顔を出す。その頃、今年も我々は釧路にて夏の終わりを実感している。そんな想いが溢れてきます。尤もまだ1頭の残枠、安全第一で捕獲・処理し、無事故にてこの夏の漁を終了したいと思います。それでは。



本日8月17日、1頭捕獲。明日18日の解体は午前6時半開始。

  本日17日、久しぶりに1頭獲れました。明日18日の解体は午前6時半から開始します。これにて25頭捕獲ということになります。残枠は1頭のみ。もうすぐ弊社の和田浦の夏が終わります。

 お盆休みは捕獲がなく、私はお墓参りをしたり、親族と一杯やったり、とお盆らしい時間を過ごしました。物故した親族や友人の墓前で佇むと、故人と共に過ごした場面が思い出され、貴重な時間です。物故してしまっても、記憶の中で、故人とつながっている。その記憶が故人を生かし、その思いがこの世に働きかけ続ける。そんなことも感じました。シャンソンの名曲で「詩人の魂」なる歌がありますが、これは歌い続けている人々は時に歌詞を忘れしまい、「ララ ララララララ」とメロデイーだけで歌っている。それでも詩人の魂は鼻歌の形でパリの街を流れ続ける、というものだったと記憶しています。あの軽快なメロデイーの様に考えればいいのだ。そんなことも想う。

 昨日はベルギーの子供達を案内する場所の下見として、次男と黒滝の滝壺に入水。快適でありました。それでは。

 

明日8月17日の解体はありません。

 本日8月16日、船は日が暮れるまで操業しましたが、捕獲はありませんでした。従い明日17日の解体はありません。

明日8月16日の解体はありません。

 本日8月15日、海上は引き続き波高く、船は操業していません。従い明日8月16日の解体はありません。相変わらずの酷暑のお盆。捕獲を期待して皆待機しておりましたが、この風では仕方ありませんね。今日は昨日渋滞で行けなかったお墓参りをしてきます。本日は終戦記念日。お墓参りをしながら、毎年いろいろなことを考えさせられます。それでは。

明日8月15日の解体はありません。

 本日8月14日、船は久しぶりに操業しましたが、風強く港に戻ってきます。従い明日8月15日の解体はありません。

明日8月14日の解体はありません。

 本日8月13日、船は波高く操業していません。従い明日14日の解体はありません。

 今日13日は当地ではお盆の迎え火の日夕刻近所の人々と一緒に藁を燃やし、米をそれに掛け、「やん米食い食い茶飲み飲み」と唱えて先祖を迎える儀式があります。その後、近所の人々は提灯を持って、それぞれの先祖の眠る墓地に向かいます。この頃、夕刻は何となく涼しげに感じられ、提灯の淡い灯が幼少時からのお盆の風景として影絵の様にこころに残存しています。お盆の迎え火の日を、それらしく過ごそうと思います。それでは。

明日8月13日の解体はありません。

 本日8月12日、船は台風接近の影響で操業していません。従い明日13日の解体はありません。台風は比較的高速度で日本列島を通過する見通しです。海況の回復を願って止みません。残枠は2頭のままです。以上

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する