外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

今年度の和田浦ツチ鯨漁は、本日11月25日をもって終了しました。

 今年度の和田浦のツチ鯨漁は、本日11月25日をもって終了しました。結局6月の漁開始以来捕獲した鯨の数は22頭。4頭を取り残す結果となりました。まあ、それでも今年もそれなりに働いた。そんなさばさばした気分。残念ではありますが、とりあえず幕をおろすこととなり、ほっとした気持ちがないではありませんね。

 当地の天候は決して悪くはないが、やはり沖は波高く、風が吹いている。天気図を見た感じでは絶好の日和と思われるのに働けない日が多い。週に1日働けるかどうか、といった状況ですし、また沖はマッコウ鯨が頻繁に見えるものの、ツチは姿を消してしまった。そんな状況にて、本日終漁の判断をしました。

 何故に今年は取り残したのか?宮城ベースの北の海域の捕獲は比較的順調に推移していたところ、「温暖化により漁場が北へ移動した?」という解釈も出来そうです。しかしながら、最近つくづく思うのですが、長さ20米程度の船で基本的には日帰り操業で我々が探鯨できる海域なんて知れている。ターゲットとなるツチ鯨は広大な海域を回遊しているのだ、と。結局「いる所にはいるし、いない所にはいない。」といった論理的には何の意味もなさない言い方が、感覚的には案外しっくりしたりします。しかしそんな料簡では、捕鯨をめぐる国際紛争がもろに反映されるIWC総会等の国際会議では、「不確実性が高い」=>「獲ってはならない」ということになってしまう。地道に科学的知見を積み重ねていくことは必要です。一方で捕鯨ができなくなってしまったら、かかる積み重ねは中断されてしまう。実は商業捕鯨(私はむしろ普通の「漁業」という言葉を使いますが)は、科学的知見の積み重ねには大きな貢献をしているのも紛れもない事実。要するに獲ろうとしないと、さらには実際に獲らないと、わからないことは多い。これは自明なことでありましょう。

 とりあえず、今年の漁期終了ということで、それなりに気の利いたことを書こうと考えましたが、結局今年の不漁の話題になってしまいました。まあ、愚痴の類とも言えますねえ。

 まあ、でも、良かれ悪しかれ、今年の漁は終わった。来年にはまた来年の新しい風が吹くことだろう。この晩秋の房州のあはれなる気候・風景の中、またぼちぼちと生きていきましょう。気が向いたらまた書きましょう。それでは。


 

明日11月24日の解体はありません。

明日11月23日の解体はありません。

明日11月22日の解体はありません。

11/21の解体はなし。加えて全国クジラフォーラムの報告

 本日11月20日も船は操業出来ず、明日21日の解体はありません。天気図は西高東低の冬のパターン、風強く波高き日が続きますね。それにしても捕鯨という仕事は、気象が悪ければ獲れず、良くても鯨がいなければ獲れず、うまく銛が命中しなければ獲れず、でも陸ではでかい鯨体をばらすに足りる人数の解剖員が待機していなければならない。何とも効率の悪い仕事です。よく「鯨は高い」という声を聞きますが、気象の影響を受けない大量飼育の技術が確立されている畜肉との価格差を云々されることはつらいところです。でも所詮は食い物。お客さんが食い物としてどんな価値を感じてくれるか?それで、かかる仕事が存続出来るかどうかが決まってくる。お客さんが価値を認めてくれる様な食い物を供給すべく努力すること。それに尽きます。

 当地和田浦にて、11月16日(土)に全国くじらフォーラムが開催され、翌17日は北は北海道から南は沖縄から参加された方々のバスツアーが実施されました。その様子について、手短に報告します。

 16日は、ソムリエの田崎のお話と市役所の事例報告を実施。その事例報告の中で、30分弱の時間私の方から地元の小学生の解体見学を起点にお話しさせていただきました。概略は以下の房日新聞の記事に整然と書かれていますので、そのアドレスを添付します。手抜きで申し訳無し。
http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=8464

 私としてはこの類の発表は概して硬いものとなってしまうので、当初はいわゆる「捕鯨問題」に言及する気はなかったのですが、ひとつだけ少々愉快な話題を提供させていただきました。当地で15年間続く「児童を対象とした鯨の解体見学」を止めさせる方向での署名活動ネット上で展開されていました。当方としては「余計なお世話」だが、好意的に解釈すれば、「当地の子供達のこころの健康」を南半球の人々が心配してくれている、ということにもなります。日本人は概して「それぞれの国・地域にはいろんな事情がある」との感覚から介入しないことが多い。でも、確かにやり過ぎは良くはないけど、欧米諸国が他国の人権の蹂躙を大声をあげて非難することには、同じ人間として、一定の共感を覚えますね。

 一方で、欧米には「鯨に人権を与える」運動がなされている。それが仮に広く国際社会の規範として定着したら、当社などは「大量殺人に準ずることを生業とする会社」となってしまう。但し、こうなったらなかなかやっかいな問題も出てくる。沖縄の海からベーリング海に北上するザトウ鯨を狙って、シャチの群れが待ち構えていることは最近NHK等でも紹介され、よく知られている。ザトウ鯨にも人権に準ずるものがあるのだから、仮に米国の領海内にてシャチの群れがザトウ鯨を襲った場合、米国のコーストガードはそれを阻止しなければならない。そして、もしシャチがザトウ鯨を殺したら、コーストガードをそのシャチを殺人(殺鯨)容疑で逮捕・収監し、裁判にかけなければならない。尤も米国の水族館は近年海産ほ乳類の飼育を人道上(鯨道上)の理由から止めているので、まずは刑務所のスペースの確保が大変だろう。また犯罪の再発防止の教育を担当する多くのインストラクターを養成しなかればならない、、、とまあ、ついつい実際話したことを越えて書いてしまいました。馬鹿馬鹿しい荒唐無稽な話であります。でも捕鯨問題自体が、馬鹿馬鹿しい荒唐無稽な面は多々あります。

 17日のバスツアーには私も同伴し、鯨体処理場=>道の駅=>高家神社=>館山市博物館(旧安房博)と巡回しました。当日は幸い天候に恵まれ、遠方からのお客様もそれなりに穏やかな愉しい時間を過ごしていただいた様に思います。千倉の高家神社は料理の神様を祀る神社ですが、そこでは魚を素手で触らずに捌く「包丁式」がおごそかに執り行われました。私自身初めて拝見、いいものを見せていただきました。

 以下は、説明をしてくれた、高校の同級のSK君(千倉の旅館の親父)と私(SY)の、儀式終了後の会話です。

SK「SY君さあ、鯨も1頭目は包丁式をやったら?」
私「じゃあ、あれかい、解剖員全員に烏帽子をかぶらせて、キューーンという雅楽の調べに合わせて鯨を切るんかい?鯨が腐っちゃうよ!」
SK「それとさあ、僕の夢だけど、ニューヨークで包丁式をやりたいだよねえ。SY君も来ない?」
私「まずいよ、石が飛んでくるよ。」

 とまあ、烏帽子をかぶった解剖員の所作などが脳裏に浮かび、笑ってしまいました。個人的にも結構愉快な週末でありました。遠方からお越しいただきましたお客様、それとホストとしてご尽力いただきました市役所等の皆様に、改めて御礼を申し上げたいと思います。それでは。





 

明日11月20日の解体はありません。

明日11月18日の解体はありません。

 本日11月17日、快晴ですが沖は波高く、操業出来ず。従い明日18日の解体はありません。

 昨日恙無く全国クジラフォーラムが終了。今日はこれより、房州バスツアーに同行します。それでは。

明日11月17日の解体はありません。加えて全国クジラフォーラムのこと。

 本日11月16日、快晴なれど海上は波高く風強し。船は操業出来ず、明日11月17日の解体はありません。

 本日夕刻「全国クジラフォーラム」が当地にて開催され、遠方より多くのお客様が当地を訪れます。今日鯨が獲れれば、明朝の解体作業を見学していただく予定でありましたが、残念ながら叶いませんでした。尤もこの秋の天気、余程運に恵まれない限り難しいものと想定していたので、止むを得ないと思います。

 明朝鯨体処理場に皆さんが集合し、私の方から鯨を獲ること・解体すること・食べることについて、手短に具体的な説明をします。「食べる」場面は結構頻繁に用意されているところ、私の方はブラジルの大先輩が栽培されているコーヒーでも用意し、ささやかなおもてなしをしたいと思います。また明朝の天気はまあまあ良さそう。処理場から和田の漁師町の風景を眺めながら、漁協の水揚場まで皆さんとのんびりと歩きたいと思います。元気のいい人々を対象に、お稲荷様の丘を登り、通称「うなぎの寝床」と呼ばれた和田の集落を上から眺めるのも悪くはなさそうです。

 本日のフォーラム、そして明日のミニツアーの様子は別途このブログで紹介したいと思います。それでは。


明日11月16日の解体はありません。

 本日11月15日は時化にて、操業出来ず。従い明日11月16日の解体はありません。

 今朝6時から1頭解体しましたが、何だかとても肌寒い。個人的には昨晩は酒が効いたのか早々に寝入り、10時頃に目を醒まし、その後は寝付けず。霜月の雨の憂愁。寝不足ということもありますが、何だか憂鬱な気分であります。

 週末は全国クジラフォーラムが開催されます。これより少々お話しすることの準備等を始めます。それでは。

明日11月15日の解体は1頭、午前6時より。

 本日11月14日、1頭捕獲しました。明日はこの鯨を午前6時より解体します。これにて残枠4頭となります。秋の不安定な「船が働きにくい」気象の中、それでもゆっくりと前に進んでいる。そんな感覚ですね。それでは。

 | HOME |  »

プロフィール

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する