外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神無月 好日 荒日 口実

 10月も残すところ僅か。最近週末は晴天に恵まれている。先週末は久しぶりに花嫁街道(和田町の誇る里山の遊歩道)を歩こうかと犬を連れて出発したものの、知人との立ち話の中でふと「どおくぼ」で行ってみよう、という気になった。小学校の低学年の頃、遠足で彼の地の堰まで歩いたこと、堰のほとりには薄紫の釣鐘草が咲いていた記憶が僅かに残っている。花嫁街道入口付近から続く林道はよく整備されたもので、彼の堰は立派なダムの様相。思いの他、谷が深いのに驚かされる。山里の風情を愉しみ、海に出て和田浦の港、砂浜を経由して帰宅。そして今朝は先週末の埋め合わせに、やはり犬を連れて花嫁街道を歩いてきた。やはりマテバシイの森は美しい。白い升麻(しょうま)の花が多かった。この植物は発汗促進・解熱の効用のある薬草らしい。小さなマムシに遭遇したが、立派に鎌首を擡げている。犬がやられては適わないので、慎重にストックで追い払う。黒滝は結構な水量があって豪快であった。まさに、神無月好日であった!

 尤もこの10月の天候は変動が激しかった。帰郷後の2回の週末は台風が通過し、風雨激しく吹き荒れた。それでも、一回目は東京にて土曜の朝を迎え、吉永小百合さんの映画「不思議な岬の物語」を日本橋の映画館で鑑賞。我が友が建設を企画したコレド室町なる重厚なビルの中の立派な映画館。封切初日の朝一番の放映の割にはガラ空きであったが、まあ快適ではあった。長い時間ではないが、わが和田浦の風景が美しく表現されていたこと、さらに地味ながらも美しい物語であったことに満足する。翌日は久しぶりに地元の祭礼に参加。幼稚園生を含めてたった5人の子供神輿を手伝う。少子化の影響は深刻である。それでも、知恵を働かせ何とか続けていきたいものです。集落の皆さんは寄付を持って、子供達の木遣り歌を待っていてくれるのだから。こればかりは大人が代役を出来ない。当集落には多数の木遣り歌が伝わっているが、その中からいくつかを紹介しましょう。

「船は出てゆく 煙は登る 遠くなる程薄くなる」
見事な情景描写。なかなかいいものですね。

「仁我の天皇様 小豆が嫌いで豆が好き」
仁我(にが)とは集落の名称。天皇様とは神社の神様のこと。結構古い木遣り歌かもしれません。

「仁我の海岸で アベック見つけ 子供によくないことばかり」
戦後・高度成長期の都市の自由な雰囲気と、南方系の習俗とされる若衆(青年団)の「よべ」(夜這い)の世界が微妙に混ざっている感じがしますね。

 今週は12月並みの寒さに加え、よく雨が降った。犬に用を足させる暇さえない絶え間なき雨天が続く。ようやく晴れ、雨上がりの朝の散歩を楽しむ。百舌鳥(もず)と思しき鳥がキンキンと激しく鳴いている。「百舌鳥だろう」と直感したのは、新見南吉著「ごんぎつね」の以下の一節を思い出したからだ。

「雨があがると、ごんは、ほっとして穴からはい出ました。空はからっと晴れていて、百舌鳥の声がきんきん、ひびいていました。」

 まさに秋の長雨の後の晴れ間という、同じ場面。たった今YouTubeで百舌鳥の声を確認してみたが、どうもその様です。一方で、サトウハチロー作「小さい秋」の一節「呼んでる口笛 百舌鳥の声」。この「百舌鳥の声」を「口笛」はないでしょう、と思う。そうか、この「呼んでる口笛」と「百舌鳥の声」は同格・別物であって、鬼ごっこの最中に「口笛」も「百舌鳥の声」も耳に入ってきた、ということだ。そう合点した。

 和田の浜では定置網の網入れの準備をしるが、この10月の海況は陸の天気よりも相当に悪かった様で、なかなか網を入れることが出来ず。こればかりは如何しようもない。我が生活も同様。昔から大風呂敷を広げて自己嫌悪に陥る性分。ただ多少歳を重ねると、陥った自己嫌悪の状態がいかにしょうもないことかはよくわかっている。そんな訳で例によって怠けてしまっても、都合のいい言い訳・口実を付けたりして、まあ要するに「ぼちぼちやってます」というところでしょう。

 日々是好日に非ず、日々是荒日にも非ず、
日々是口実也。それでは。また書きましょう。

スポンサーサイト

打ち振る野分に

 先週釧路より帰郷。一定期間の不在を決め込んだ後のこと、それなりに忙しくはあったが、日曜日はゆったり過ごしました。昨朝は台風が通過。流石に風雨激しく、野外活動(或いは海上・臨海活動?)の多い当社はなかなか大変です。会社の施設に 若干の被害が出ましたが、とりあえずは応急処置をし、次の台風に備える。ほっと一息つきましたが、 先輩の葬儀の日程を勘違いしていたことに気づく。まあ仕方ない、後からすべきことをしよう。そう気を取り直す。

 昨朝の台風は、我が家のある田園地帯でも相当に吹き荒れた。終始木々が風雨に煽られ打たれる音を聞く。我が家の外壁にも風雨が容赦なく吹きつける。尤も僕自身、実はこの状況は嫌いではない。昔、八甲田山の3月、雪のブロックで囲んだテントの中で吹き荒ぶ風の音を聞きながら、安堵しつつ就寝した記憶が残っている。

「嗚呼 この朔風 飄々として」
札幌農学校寮歌 「都ぞ弥生」より

風の吹く様は、我が身の安全が確保され、快適に過ごせる状況においては、なかなかいいものだ。

 昼頃には雨が止んで青空が見えた。馴染みの田園に散歩に出掛ける。農家の皆さんは散乱した 
落葉や木の枝の掃除で忙しい。普段よりも軽トラックの往来が多い。皆さん、自分の畑の様子を見に来たのであろう。倒木が小道を塞いでいる。やはり道路や田畑等の人工物に隣接した木々は倒れやすい。一方で森をなす木々は互いに風の力を緩和し合い、多数の葉をもって降る雨の地表への落下のスピードを緩めて己が土壌を守り、時に倒れる木があってもそれを肥やしにして新しい木々を育てる。森の木々は一致団結して野分から身を守っている。森は人間社会とよく似ている。「個の自由」は大いに結構だが、各個はこの「倒木の肥やし」をどう考えるのだろう?そんなことを考えた。

 例年は11月に釧路から帰郷して、この道を歩くのだが、やはり10月の房州の田園は雰囲気が違う。思わぬ処に吾亦紅(ワレモコウ)の群落を発見。11月にはこの群落は枯れ、馴染みの場所に現れるのであろう。荒れた田畑の枯れ草の中にシマヘビを発見。見事な保護色である。彼岸花は茎を残して概ね落花してしまった様だ。やはり今秋は季節の移ろいが少々早いのだろう。一昔前、祭礼の時期に彼岸花を見た記憶があり、それを楽しみにしていたのだが。まあ、釧路からの帰路、宮城の白石城跡の下で、萩と彼岸花は見せて貰った。さらにその後、福島の三春にて、葉がぼやけた紅色に染まった有名な瀧桜の木を静寂の中で見せて貰った。とりあえずは、それで良し、としましょう。

 という訳にて、早めに帰郷したとて、何がある訳ではない。ただ、例年であれば釧路にて茫然と過ごす1ケ月を、今年は我が和田浦にて過ごすことになる。仕事するには、確かにいい。でも「もう少し茫然と過ごしたかった」という気がないでもない。そういった気持ち(邪心)を、「久しぶりの房州の10月。本来無い時間を頂いたのだ。」と考えて追い払い、ぼちぼち過ごしていきましょう。そう、ぼちぼちと。
それでは。

神無月朔日 陸中沖より

 昨朝釧路発、現在苫小牧発仙台行フェリーに乗船中。船は今陸中海岸の沖を航行している模様。やはり大海原よりも陸の見える海の風景に人々は引かれるらしい。船窓から景色を眺める乗客の大半は右舷に集まっています。そう言えば昔オレゴン州沖で操業する米国籍のすり身加工母船に乗船した際、研究及び(契約上の技術指導者としては甚だ頼りない)僕のサポート役で同乗してくれたK博士は言っていた。「陸が見えるのはいいよ。ベーリング海での操業は時折アリューシャン列島の島影が荒海に浮かんでいるのが見えるだけで、陰鬱だった。」と。

 10時頃には仙台港着。宮城の従業員を帰宅させ、鮎川事業所立ち寄った後、朋友いわなやの住む白石で一泊し、二日には和田に帰還します。

 和田を北へ向けて発ったのが9月1日だったから、概ね1ケ月の出張。例年は10月下旬まで都合2ケ月間釧路に滞在し、北国の初冬の訪れを感じながら帰郷した訳で、今回はどうも勝手が違いますね。昨日は例によって十勝川を渡り、広大な十勝平野を南下したが、今回は薄紫の菊の花が目立ちます。日高山脈を貫通するトンネル付近の高地の紅葉は未だ若し。北国ではこれから急速に秋が深まっていくことでしょう。

 今秋の釧路沖捕獲調査はその後も順調に進み、9月24日には目標(上限)の51頭目の標本採集を完了。件の捕鯨裁判の余波で採集頭数の上限が60頭=>51頭に減ったこともあるが、概ね昨年2ケ月かけてやった仕事を1ケ月でやってしまった訳で、忙しくなかろう筈はない。毎秋親しく愉快にお付き合いいただいている釧路の皆さんにはほとんど会っていない。勢い、釧路を発つ前の数日の間、集中豪雨的に梯子酒方式で「別れの一献」を傾ける。そんなこともあって体調不良。今朝はフェリーでの美味しい朝飯を抜く。今晩には朋友いわなやとの狂騒的宴を控えています。

 一方で房州の初秋の様子はどんなものか?ここ10年以上それから遠ざかっている。歳歳年年人不同、10年ひと昔、我がものの感じ方も然るべし。この房州の秋に、何か新しいものを感じることが出来るかもしれませんね。

 神無月朔日。今朝は日本の八百万の神々が山陰の出雲に集結している筈。普段は我が家周辺に散在するささやかな祠におわします神々も、今頃は彼の地に行っていることでしょう。神無き房州の秋、さて、いかにか生きん。

 船は現在金華山沖を航行中です。煙草を一服してきましょう。それでは。

後記
 一服後に同僚が現れ、「あの青い建物が当社の冷蔵庫ですよ!」と。僕の目では残念ながら見えない。あの震災より、早3年半。当社鮎川事業所も諸設備もようやく復旧。これから頑張って、いい仕事をして、お客さんに「美味しい!」と言ってもらえる様な製品づくりをしていきたい。心機一転、房州で頑張って働いていきましょう。また和田浦にて書きましょう。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。