外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

受難の相?年末年始顛末記

 皆さん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。早1月も終盤、すっかり御無沙汰してしまいました。年末は父親の入院騒ぎでドタバタ(既に退院)、年始は医師の所見を聞くことやお見舞いに鴨川の病院に通う羽目に。一方で元旦から歯痛に苦しみ、お見舞いついでに歯科の救急へ。何だか不思議な年末年始でありました。

 年が明けて仕事が始まったと思えば、横浜で浪人生活をしている長男がセンター入試の1週間前にインフルエンザを発症。寮の友人に感染させてはまずい、との判断から急遽帰宅させる。まあ、乗りかかった船、まさか自分がそれをすることになるとは考えもしなかった父母同伴、初日は私が、2日目は妻が長男を試験会場まで送った。長男は無事センター試験を受験し、事なきを得たが、案の定我が家に残った3人(妻・次男・私)は御蔭様をもってインフルエンザを発症。自宅待機(隔離)を余儀なくされる。そんな訳で、昨日ようやく会社に復帰した次第であります。

 ひょんなことから年末に受けてしまったエッセイ2本をようやく書き上げ、年末以来背負っていたものがなくなって、体が軽くなった感覚です。そんな想いをするのなら、最初から受けなければよかったのですが、終わってしまえば、「書く機会を与えられたからこそ書けた、書いてみたら自分の考えがまとまってきた」といった感覚。喉元過ぎれば何とやら、ですね。

 という訳で今年もぼちぼちと書いていきたいと思います。冬の房州の田園は、ある面夏に似て、草花が見えない。でも海から昇る朝日は時に驚く程美しく水平線を染め、山の端は陰影を帯びた薄い桃色に染まる。田園を闊歩していれば、気の早い春の草花を発見することもあるでしょう。また歩きましょう。鴨川の粟斗温泉で湯治の風情を愉しむのもよし。でも、冬の内に雪国へ行ってみたい。そんな気もありますね。また雪深い湖北の集落を歩こうか。でも、12月から降り続いた日本海岸の豪雪も概ね解けた由、福井は高岡在住の製網会社の方から聞きました。うっかりすると、凛と美しき冬もあっという間に終わってしまいそうです。という訳で、今年もよろしくお願いします。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する