外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日8月14日の解体は午前10時より1頭。

 お盆入りの本日8月13日、久しぶりに1頭獲れました。明日14日はこの鯨を午前10時より解体します。これにて残枠は6頭となりました。

明日8月13日の解体はありません。

 本日8月12日、沖は相変わらず波が高く、船は操業していません。従い、明日8月13日の解体はありません。

 明日から世間は盆休みに入りますが、ツチ鯨漁の方は、無論海況次第ではありますが、お盆の期間も操業します。会社の方は16日までは休業となりますが、鯨が獲れれば、解剖員は随時集合し、解体作業をする段取りになっています。

 残枠は7頭。このお盆、予報では天候は結構変動しそうな雰囲気ですが、獲れるといいなあ。それでは。

明日8月12日の解体はありません。

今日も時化です。明日8月12日の解体はありません。

明日8月11日の解体はありません。

 小笠原諸島沖で発生した台風の影響でだいぶ波が高くなってきました。そんな波の影響で本日10日は船は操業していません。従い、明日8月11日の解体はありません。これより台風は若干発達しつつ日本列島に接近しながら、東に進路を変え、房総半島沖を北東に抜けていく予想です。台風の進行が遅いのが厭なところですね。

 気候的には朝晩はだいぶ涼しくなってきた様に感じています。今朝は犬を連れて田園から海岸へ、そして港へと散歩を楽しみました。田園の稲穂はその首を垂れ、海風に吹かれて揺れていました。場所によっては既に稲刈りが始まっている由。少しづつ秋が近づいている。そんな実感があります。

 ツチ鯨の残枠は7頭。台風の影響が治まれば、またぼちぼちと鯨が揚がるでしょう。安全第一で進めていきたいと思います。それでは。


 

明日8月10日の解体はありません。

明日8月9日の解体はありません。

 本日8月8日、沖は北東の風強く、船は操業していません。従い明日8月9日の解体はありません。

 今日は2頭を解体処理しましたが、ガスで陽光が遮られ、処理場には海からの涼しい風が通い、比較的快適に働くことが出来ました。これにて今夏は19頭の解体作業を終え、残枠は7頭となります。吹く風に暑さが峠を越すお盆、そしてその後には稔りの秋が控えている、という実感が湧いてきました。今夏のお盆は戦後70年の節目のお盆。鯨仕事はお盆も続けますが、解体の作業さえ済ませれば、ゆったり過ごせそうです。さて、このお盆を如何にか過ごさん。

 IWC事務局のドノバン博士の講演の様子、このブログで簡単な紹介をするつもりですが、ここ数日多忙を極め、整理が出来ていません。ドノバン博士の穏やかなお人柄が故か、とてもいい時間を皆さんと過ごすことが出来た。そんな余韻が残っています。

 もし未だ上演が続いているとすれば、50年超のロングランということになるのですが、かつてニューヨークのマンハッタン島南部のビレッジという地域で上演されていた「The Fantastik」というミュージカルが好きで、その日本公演も含めて3回も観劇しました。そのミュージカルの最初と最後歌われる曲が「Try To Remember」、日本でも結構ポピュラーな曲です。その歌の一節。

「Dreams were kept beside your pillow.」 

 もう少し涼しくなれば、「朝、枕元に、昨夜の夢の余韻が残っている」といった感覚を愉しめそうですね。何だか脈絡のないことを書いてしまいました。それでは。





明日8月8日は午前7時半より、2頭解体します。

本日8月7日、2頭の捕獲がありました。明日8月8日は午前7時半より、2頭を解体します。2頭目の解体開始は早くて10時半頃と予想しています。これにて今夏19頭の捕獲。残枠は7頭となりました。

明日8月7日の解体は午前6時半開始予定。

本日8月6日も1頭捕獲。明日7日はこの鯨を午前6時半より解体する予定です。

明日8月6日の解体は午前8時半開始予定。

 本日8月5日も、とりあえず1頭獲れました。明日8月6日はこの鯨を午前8時半に解体開始する予定です。これにて今夏16頭目。残枠は10頭となりました。なお今日はもう1頭獲れる可能性があり、もし獲れた場合にはこの開始時刻を若干変更する可能性があります。その場合はこのブログを随時更新しますので、夜遅くなっても更新されていない場合は、予定通り8時半から1頭のみとご理解下さい。

 今日は地元嶺南中学校2年生が4名、職場体験ということで、解体作業を手伝いました。半ズボン姿での集合、「もし仕事中に転倒した場合、肌が剥き出しの状態よりも長ズボンをはいている方が軽傷で済む」「生きる為に働く訳で、働いて怪我をしたり、命を落としては本末転倒」「尤も長年働いている内に、働くことが生き甲斐になることはある」等々申し述べましたが、とにかく充分注意して作業を始めました。小学生の見学を始めてから16年が経過しましたが、中学校の生徒がこの現場で働くのは初めてのことです。生徒達の感想は「面白かったです!」「(少し鯨肉を貰って)お母さんが大喜びする!」といったものでした。明朝は港の市場付近に5時半集合。定置網の水揚げに立ち合い、魚の仕訳を手伝って貰います。

 中学校の職場体験を受けるにしても、この時期は仕事の流れが鯨の捕獲に左右され、なかなか厄介。それに加えて解体の仕事を安全にして貰うにはどうしたらいいか等々、結構思い悩みます。でも敢えて解体の手伝いをして貰って良かった。今はそう感じています。明日も暑そうですねえ。それでは。

明日8月5日の解体は午前10時半開始予定。

 本日8月4日、久しぶりに1頭獲れました。明日8月5日は、この鯨を午前10時半から解体開始予定です。

 なお、もう1頭獲れる可能性があり、2頭目が獲れた場合には、1頭目の解体開始時刻を若干早める等の対応を取るかもしれません。その場合はこのブログを随時更新します。夜遅くなっても更新されていない場合には、予定通り1頭のみ午前10時半開始とご理解下さい。

 ここ数日濃霧に覆われ、実質的にほとんど働けない日が続きましたが、本日沖は相変わらず霧はかかってはいるものの、そこそこ働ける状況だった様です。これにて今夏の15頭目の解体作業となります。

 明日は地元嶺南中学校2年の生徒4人を職場体験ということで受け入れます。ウインチでワイヤーを巻いたり、刃物を使ったり等々、気を抜くと怪我をしかねない現場なので、我々も充分に注意して、この一風変わった仕事の現場の体験をして貰いたいと思います。それでは。

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する