外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風上陸

 日本列島への上陸が懸念されていた台風10号が実際明日あたり上陸しそうですね。結構な規模の台風、どんな影響が出るものか、心配ですね。明日は弊社にて地元小学生の職場体験を予定しておりましたが、荒天が予想される為、中止となりました。昨年・今年と夏の台風に悩まされています。かつてはそんなことは無かったのですが、、、。

 定置網の方はようやく昨日網の撤去が完了しました。海がそこそこ凪ぎていても急潮の為に作業出来ないことも多く、相当に難渋しましたが、何とか台風が接近する前に作業を無事終えることが出来ました。とりあえずはほっとしています。

 9月1日朝には和田発釧路へ向かいます。しばらく家をあける準備をぼちぼちと進めています。また書きましょう。それでは。
スポンサーサイト

不思議な時間

 捕鯨船の船員達は既に宮城に戻り、解剖員達も昨日帰郷。定置網漁の方も、接近しつつある猛烈な勢力の台風の影響による網の破損を避ける為、昨日漁を終えました。港口は、台風の影響か、既に相当にざわついており、急潮も相俟って網の回収はまだ半ば。引き続き海況に気を揉んでいますが、人々は去り、とりあえずは夏の仕事が終わった。そう実感しています。

 今夏は個人的に結構大変な時期ではあったが、良かれ悪しかれ、とりあえずは無事に、事故もなく終わった。そんなことで、少し肩の荷を降ろした様な、ほっとした感覚があります。9月1日に当地発、釧路に行けば、そこには残暑はなく、工場に隣接する原野にはリンドウやツリガネニンジンの紫の花が楚々と咲いている。そんな思いが湧いてきますね。

 先日、台風上陸の日の会議に出席すべく、その前日に東京に一泊。台風の影響でその会議はキャンセルとなり、何の為の上京+宿泊だったか、という結果になりましたが、当日ホテルの部屋で迎えた東京の朝はなかなか好ましいものでした。たった一泊自分の持ち場を離れただけのことだけど、何故かほっとするのですね。遠い昔、2ケ月強を過ごした米国アラスカ州の離島を発った時の感覚を思い出しました。肩の荷を降ろした様な感覚。尤もその先に素晴らしいものが待っている訳ではないのだけど。

 当日午前に会議の中止を知り、とりあえずは房州に向けて地下鉄に乗る。アクアラインバスの運行状況なんかも気にならないではなかったが、案の定バス会社の電話は通じず。風雨激しきバス停で待つのも気が重い。まあ「出来るだけに和田に近づこう、のんびり行こうや」といった感覚で、電車に揺られながら木更津に到着。やはり内房線は動いていない。木更津駅前のN交通の切符売り場で相談してみた。

 こういった状況では概してバス会社の人々は「わからない、知らない」を連発して埒があかないことが多いのだが、切符売り場の初老の女性はとても親切な方だった。「館山方面ですよね。電車は止まっているけど、鴨川の亀田病院行きのバスは動いている筈。電話で確認してみます。」と言って一所懸命に対応して下さった。こんな状況で受けるご好意にはとても有難いもので、「この世の中、捨てたものではない」等と思ってしまうものですね。少々時間があったので、駅近くのうなぎ屋さんで「焼き鳥定食」をいただく。年配の親父さんより、「うなぎは一尾一尾現物をよく見て焼かないといけないんです。」「跡継ぎはいないので、この店は僕の代でお終いだけど。」といったお話を伺う。そして鴨川行きのローカルバス(乗客は僕一人だけ)に乗り込み、鴨川駅にて運転手さんと並んで用を足す。

 鴨川・和田浦間は相変わらず不通。家内に迎えに来て貰い、無事我が家に到着。台風が上陸する状況下での、忘れ難き小旅行(?)となりました。
ゲーテの「若きヴイルテルの悩み」の最初の言葉。
「Was ist das hertz des menschen?」
「人間のこころって何だろう?」

 何とも穏やかな豊潤な時間でありました。それでは。







シーシェパード(SS)と日本鯨類研究所の和解報道に関連して

 当地の今朝の海は比較的穏やか。定置網の方は少量ながら魚を水揚げすることが出来ました。しかし台風の影響か、波が高くなりつつある由。高水温の影響で急速に発達しつつある台風10号は本州を直撃するリスクがあることが報道されています。この規模の台風が直撃したら、まずは網は保たないだろう。台風の進路予想を注視する状況が続いています。

 昨日のシーシェパード(通称SS)の米国法人と日本鯨類研究所と和解報道を受け、数人の知人から問い合わせがありました。豪州のSSが「この和解に拘束されない」旨を表明したことは昨日紹介しましたが、今後どんなことが起こるのか、状況を注視しくしかなさそうです。豪州のSSにしても、(妨害活動を)しない方が有利なら、しないでしょうから。

 昨夕実家にてたまたま朝日新聞の野口陽記者の署名記事を読みました。この記事を起点に少し書いてみたいと思います。以下この記事からの抜粋です。
「日本の調査捕鯨を巡っては、国際司法裁判所(ICJ)は14年、捕獲数が多く肉を販売しており、実質的に商業捕鯨に当たるとの理由で、南極海での調査捕鯨を違法と判断。」

 この記述は明らかな誤りです。「捕獲数が多く肉を販売しており、実質的に商業捕鯨に当たる」との理屈は豪州政府が訴状にて主張した論点でして、ICJの判決はこの豪州の主張を明確に退けています。判決内容を説明することが趣旨ではないので敢えて詳細を書くことはしませんが、この朝日新聞の記事は「ICJが日本の調査捕鯨が擬似的な商業捕鯨であると認定した」と誤った報道をすることにより、SSの「SSの小さな違法行為をもって、日本の大きな違法行為を妨害する」といった論理に荷担する面があることは否定出来ないところですね。

 記事には「捕鯨 視線厳しく 国際社会」との小見出しがつけられていますが、この「国際社会の厳しい視線」を記者が具体的にどの様に実感し、検証してきたのか?それは知る術がないが、本来しっかり読めばわかるICJの判決、調査捕鯨の是非を論じる上での出発点となる国際司法機関の判決内容について、致命的な誤りを犯す記者によるものを、僕自身は信用しません。

 2014年の3月末にICJの判決が公表されましたが、その際日本はその話題で大騒ぎだった。僕はその時たまたま中米のハイチに滞在しており、「判決内容を吟味していない状態で取材を受けること」を回避出来た。尤も帰国後は少々勉強もしたし、「和田浦くじらゼミ」でもその話題を取り上げた。その頃、フランスの「リベラシオン」なる左翼系新聞の取材を受け、この判決の仏国内での反響を質問したが、「フランス国内ではほとんど報道されていないし、僕も知らなかったが、本社の要請で取材に来た」との由であった。「そりゃあそうだろうなあ」と思う。欧州においても人々は日々齷齪生活している筈で、条約の規定の下で南極海で科学調査目的で捕獲されるミンククジラの運命について、思いを致す人々は極めて稀な存在であろうと思う。「激しい反捕鯨の国際世論」なるもののが存在していると聞いてはいるが、僕にはその世論の構造・ボリュームがどうも実感出来ない。我が欧米の友人達は、当地に来れば「折角だから、クジラ、食べさせて貰うよ。」「美味しいので、持って帰りたいのだけど、国内の法律がねえ。」といった感覚。行政関係者でさえ、「その捕鯨、合法なのだろう?だったら構わない。食べさせて貰うよ。」といった感じです。かつてAP、ロイター、CNN、BBCといった報道機関の記者達も「日本サイドの考え方を知りたい」という目的で当地を訪問され、僕自身は結構愉快に取材に応じたりしました。そういった人間関係で今でも生きているし、まあそれなりに良質な思い出にもなっていますね。

 一方で日本の報道機関のことですが、日本には捕鯨者や、それを法的に、科学的にサポートする役人さんや科学者等の関係者は多数存在している訳で、捕鯨に関する情報には非常にアクセスしやすい状況にあることは自明です。そういった意味においては、海外のプレスと比較では、日本のプレスがより膨大な知識量・知見を持っていて然るべきだと思うし、そういったものが(知識量の少ない)海外のプレスの記者に大きな影響を与えるのが普通の姿なのではないか。そんなことを今回感じました。

 それと、「国際世論」なるもののことですが、僕は塩野七生さんがエッセイの中で書いていた「外務省のブリーフィングばかりを当てにしている記者団の姿勢」がどうも気になります。実存しているとされる「反捕鯨の国際世論」とはいかなるものか?それと国内の世論との間に乖離があり、それが国際社会に軋轢をもたらしているとすれば、「相互に理解すること」を促進させることもプレスの役割でしょう。まずは国内において、捕鯨関係者をしっかり取材して欲しい。また捕鯨関係者もプレスを通じて持論をしっかりと発信することが肝要でしょう。尤も、GDPの数値にはほとんど影響を及ぼさない小さな産業、そんな産業を学ぶことに貴重な時間を割くより、もっと大きな産業を学ぶことに力点を置く。それはそれで、合理的な姿勢かもしれませんね。当方としても黙殺される状況が結構快適だったりして、、、いやあ、黙殺されると少し淋しい思いをするかなあ。

 今回は少々ややこしいことを書きました。また書きましょう。それでは。







和田の定置網と、シーシェパード(通称SS)報道のこと

 今夏のツチ鯨漁は終了したものの、和田浦の定置網漁業の方は操業を続けており、引き続き台風の動きを注視する生活が続いています。今朝は海況もそこそこ改善したことから、16日以来の酷い海況で放置したままになっていた箱網を締めました。この期間2つの台風が当地を通過しましたが、その合間も海況は一向に改善せずに船は沖に出られず。特に台風9号による時化は酷かったので、「網は壊れているだろうなあ。」と僕も含め船員達は覚悟しておりました。ところが今朝破網の程度は比較的軽微なことが判明。加えて2トン強の水揚げをすることが出来まして、少しほっとした次第。「今年は酷い年だった。」という感覚が強いのですが、こういったことで少々ほっとしたりします。遠い昔のTV番組の主題歌の一節、「いいことばかりもないけれど、悪いことばかりもないだろう」。そういうことでしょう。尤も南海上の台風10号が迷走(「瞑想」して静かに消えていってくれればいいのに!)しており、これが再び当地を直撃するリスクがあり、やはり気を抜けませんね。

 報道によると、シーシェパード(通称SS)と日本鯨類研究所の間で、「SSは日本の南極海での捕獲調査の妨害活動をしない。」ということで、米国ワシントン州の裁判所にて和解が成立した由です。未だ合意の詳細を確認していないのですが、妨害活動をしないという約束がなされたことは、「妨害活動=違法行為」なのだから当然とは言え、実際に毎年なされていきたこの違法行為がなくなるということなら、それは良いこととしか言い様がない。しかし一方でSSの豪州法人は、「これは米国内の合意であって、豪州には影響しない、従い妨害は止めない。」とコメントしている由。ところで、彼等は「妨害活動が違法行為である」という認識はないのでしょうか?まあ、恐らくは「(妨害が)違法なのは承知しているが、南極の捕獲調査も違法なので、その日本の違法行為を正す」、「小さな違法行為をもって大きな違法行為をなくす。」といった理屈なのでしょう。

 なお、一昨年の所謂「捕鯨裁判」の判決は、日本の南極海での捕獲調査の不備を指摘して、その一時的停止と改善を求めましたが、一方でこの判決は「捕獲調査の実施については(当たり前のことですが)国際法上合法」との理解の上での判決とも言えます。「南極での捕獲調査が違法」という彼等の理屈は破綻しているのは自明です。尤もそんなことは最初からわかりきったことですが。

 彼等の経済基盤は市民からの寄付ですから、プロレスの場外乱闘と同様に、世間の注目を浴びるようなことを、違法行為とわかっていて、行う。鯨愛護団体の勢力の強い国々のプレスもそれに乗せられて、SSに好意的な記事を書く。この馬鹿馬鹿しさには、毎度のことながらうんざりします。逆に今後プレスがどんな書き方をしていくのか、僕は出来る範囲で注視していきたいと考えています。妨害活動が世間の注目を浴びなくなれば、市民からの寄付は減り、かかる活動は下火となっていくものでしょう。

 一方で当社の仕事は鯨という生物を海洋から採捕してきて、それを食べ物として人々に供給すること。当地房州ではそんな仕事がここ400年に渡り続けられています。周囲の雑音に過敏に反応することなく、淡々と「(ほんの少しだけど)人々の命を養う美味しい食べ物を供給する仕事」をしていきたいと考えます。まあ、ぼちぼちとやっていきましょう。それでは。


2016年の和田浦のツチクジラ漁は終了しました。

 台風一過、されど引き続き雨天、遙か南海上には新しい台風が発生しています。今夏の捕獲頭数は24頭、未だ4頭の捕獲枠が残っておりますが、今後月末にかけて海況が好転する見込みはなしと判断。従い、今夏の和田浦ツチクジラ漁を終了することとにました。次の解体を当てにしていたお客様もおられることと思われますが、ご容赦の程お願いします。また今夏いろいろな形で和田浦のツチクジラ漁にご協力いただきました皆さん、誠に有難うございました。取り残しが発生したのは残念ですが、関係者一同すべきことをしての結果、やむを得ないものと考えています。

 思えば昨年の夏もお盆の頃から歩みの遅い台風の影響を受け、今夏と同様に8月下旬の操業を断念しました。「台風の影響で盆過ぎは働けず」といった状況が2年続いたことになりますね。かつては台風の襲来は9月に入ってからのことで、漁期中に台風の影響に悩むことはなかった様に記憶しています。やはり気候が変わったのかなあ。尤も日々を齷齪過ごす我々の認識を超越した地球規模の大気の海洋と地殻(陸)とのぶつかり合いの結果が、ある天候という現象として我々の眼前に現れる訳で、それはそのまま穏やかに受け入れるべき性質のものなのでしょう。

 例年は最後の鯨の解体を終えると、処理場の近所の皆さんに鯨肉を配りに行ったものだった。高台の集落には盆過ぎの涼しい風が通っていた。「嗚呼、これで夏が終わったのだ。」そんな実感を胸に、僕はそこでしばし青い海を眺めた。僕はその時間が好きだった。昨年・今年とそんな時間を味わえなかったが、まあ仕方ないですね。これから我々は夏の残務を処理し、お盆も含めて宮城から長期出張している皆さんに里帰りして貰い、9月1日には釧路に向かうことになります。皆さん、この夏は大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いします。以上


明日8月23日の解体はありません。

台風の影響で働けませんね。明日23日の解体はありません。

明日8月21日の解体はありません。

 本日8月20日は引き続き海況悪しく船は操業出来ず、従い明日8月21日の解体はありません。昨日より港には高波が押し寄せている状況。南の熱帯低気圧が台風となって日本列島を北上する予報です。昨年のお盆明けは台風の影響で働くに働けない状況が続きました。今年も台風の位置・規模は異なるものの、どうも状況は芳しくありません。それでも働ける日は数日はあるものと信じ、鯨を受け入れる準備をしています。朝の陽光の色に秋の気配を感じますが、気候の方は蒸し暑い秋らしからぬもの。秋風はやはり少し乾いたそれでなくてはないらなし、秋雨は気温を下げるものでなければならない。まだまだ夏が続きます。それでは。

明日8月20日の解体はありません。

 本日8月19日も、海況悪しく船は操業出来ず。従い明日8月20日の解体はありません。なかなか天候が回復しませんね。困ったものです。

明日8月19日の解体はありません。

 台風は北に去ったものの、海況は芳しからず、本日18日も船は働けず。従い明日8月19日の解体はありません。遥か北東の海上には高気圧が居座り、南海上に発生した熱帯低気圧が本州に向けて北上してきそうです。当地では異常に蒸し暑い気候ですね。

 昨年は琉球列島付近からゆっくりと北東方向に移動する巨大な台風の影響を熟慮し、盆明けの操業を断念した記憶があります。今夏の場合はそこまでひどいことはないのですが、なかなか働けず。船員の気持ちを想い、気が晴れません。尤も夏は常になにかと気を病む季節ではありますね。それでは。海況の好転を待ちましょう。

明日8月18日の解体はありません。

 台風一過、当地では天候は回復していますが、海上はひどい時化模様、蒸し暑い気候ですね。無論船は操業できず、明日18日の解体はありません。

 今回の台風、気圧は980HP程度と大した数字ではなかったが、当地を直撃したこともありまして、海は8Mと高波が発生した由。相当に荒れたのですね。漁業等の海の仕事をする人々は、常に発表された天気予報・天気図と眼前の実際の海の様子をつなぎ合わせて記憶しています。その記憶の積み重ねをベースに、最新の天気予報と海の様子から、今日の自らの行動を決めていく。とは言っても実際に明日がどんな状態になっているかはわからないし確実な予想というものはあり得ない訳でして、最後は「エイヤー」で決める。そんな感覚ですね。

 まあ、それでも生きていく為の仕事、生きていく為に日々働いてく訳で、まずは安全第一、それに尽きます。それでは。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。