外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睦月末日

 早いもので今日は睦月末日。今朝は北風唸る冬らしい朝であったが、年始に比べれば少し日の出が早くなってきた様に思う。骨折事故を起こしたのが昨秋10月初旬であったから、もうすぐ4ケ月、何と一年の三分の一が経過する計算になる。たかが骨折、されど骨折。それは自分にとっては「普通の生活」とは言い難いものであったし、その期間が一年の三分の一にも及んだことに驚いている。

 先日患部のレントゲン及びCT撮影を実施。主治医の見立てでは「骨折部の骨は比較的順調に癒合しつつあるので、再手術不要の公算大」との由。再手術ということになると、治癒しにくい足首付近の皮膚に再びメスを入れることとなり、その回復に長い時間を要することとなる。そのリスクが概ね無くなったことに喜んでいる。一方で患部に多量の金属が埋め込まれたままになっているという、感覚的及び理屈上の違和感は残るものの、現況では普通に歩くことに概ね違和感はないし、今後も快方に向かう見込みである。一年の三分の一にも及んだ「普通にあらざる生活」が故か、思いの他「こころのリハビリ」に難渋する現況。とりあえずは、修行僧が日々の務めをこなしていくが如く、目の前に現れる事象に対してひとつひとつ対応していこうと思う。それを淡々と続けていれば、いずれ「元気」が出てくるのではないか。そんなことを考えている。

 この一年の三分の一の期間、思えば僕はよく歩いたものだ。10月末の帰郷以来ほぼ毎日、それなりの距離を歩いてきた。重厚な装具で右足を保護しながらの歩行はなかなか厄介なものではあったが、その頃は歩けるようになったことに喜びを感じた。12月にその装具が外れた後は、杖2本での歩行は相当に軽快となり、行動範囲も大幅に広まった。年末にはようやく杖が外れ、年始は毎日二足直立歩行で和田浦の田園から海への道の散歩を楽しんだ。気分が鬱いでいても、歩いてさえいれば元気でいられる。そんな感覚で過ごしてきた様に思う。

 最近では、週末に「駅から散歩」を励行している。この日曜には富浦のバス停に放置した自動車を回収する必要があった。岩井駅まで電車で行って富浦のバス停まで歩くつもりであったが、館山駅での20分の乗り継ぎが面倒なので、結局館山駅から歩くことにした。富浦に向かって、館山市の那古や船形といった海沿いの集落を歩く。この辺には友人がおり、高校時代に泊めて貰ったこともあるが、こうしてゆったりと散歩するのは初めてのことである。船形の「漁村らしい風景」に感動する。思えば遠い昔、札幌五輪の年だから1972年に、親父がここの「茂八寿司」に連れてきてくれたことを想い出す。多分親父はあの頃その辺の造船所に用事があったのだろう。崖観音なんかを眺めながら、陽光溢れる富浦への海沿いの道の散歩を大いに楽しんだ。

 「房州人」或いは「和田の人間」を自称する僕でも、地域内の多数の集落の内、その雰囲気を知っているのは、ほんの僅かの数の集落に過ぎない。先週末は和田浦の隣駅の南三原で下車して、中三原・真浦経由帰宅した。かつての同じ和田町内なのに、大いに「知らない街を歩いている感覚」を味わった。僕はいかに旧和田町のことを、房州のことを知らないか!そんなことに驚かされる。これからも「駅から散歩」房州内部での「小さい旅」を続けていきたいと思う。

 という訳で、昨日「快癒宣言」の文章を紹介しましたが、本日睦月末日に再度快癒を宣言し、こころして自らが元気で生活していける様に鼓舞したいと思います。明日より如月。そうですね、愉しく生きていきたいですね。それでは。

スポンサーサイト

快癒宣言

 昨秋の骨折事故以来、重厚な装具を右足に装着したり、杖2本で歩く生活を送っておりましたが、年末には杖が外れ、ようやく直立二足歩行の生活に戻っております。年明け以来、こころの平安を得る為にも日々歩き続けたことが功を奏しものか、足の機能は順調に回復している様に思います。一方でこころのリハビリの方に難渋しておりますが、1月には快癒を宣言し、お見舞いをいただいた皆様に対し、以下の文章をお送りしました。まあ、元気な快活な生活ができるように、一歩一歩前に進んでいきたいと思います。それでは。



拝啓
 松の内を過ぎ、寒さが一段と厳しくなって参りましたが、皆様、その後お変わりはありませんか?昨秋の骨折による入院の際には、皆様より心のこもったお見舞いを頂戴し、誠に有難うございました。こころより御礼申し上げます。

 さて、私の方は昨秋10月6日に救急車で釧路三慈会病院に搬入され、脱臼解除及び骨の接合手術を実施した後しばし同院に入院。10月27日に同院を退院、同日空路帰郷。その後は概ね週1回のペースで地元の病院に通院しながら、杖2本を突いて徒歩で職場に出勤する生活を送っておりました。その後足の方は順調に回復。12月初旬には右足を保護する重厚な装具が外れ、下旬には2本の杖が外れ、ようやく2本の足で歩く生活に戻りました。新年はリハビリも兼ねて陽光溢れる我が和田浦を快適に散歩して過ごした次第であります

 一方で、昨年の11月以来日々職場には出勤してはいたものの、周囲の皆さんの有難きご配慮をいただき、仕事の方を相当に端折って過ごしてきたことは否めないところです。右足のリハビリは今後も続きますが、一方ですっかり筋力が落ちてしまった我が心・勤労意欲のリハビリも鋭意進める必要があることを痛感する今日この頃であります。

 という訳で、案外この「こころのリハビリ」に手間取る昨今の生活ではありますが、自分自身を「心身共に健康な生活」に向けて大きく前に押し出す為にも、本日、昨秋の釧路での骨折事故由来の病からの快癒を宣言することと致します。皆様からいただいたご厚情にこころより感謝する次第であります。

 なお、本日の快癒の記念に、ささやかながら返礼の品を同封させていただきました。ご笑納いただけますと幸いです。皆様、この度は誠に有難うございました。今後共ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。以上
敬具

                          





新年明けましておめでとうございます。

 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

全国的にこの年末年始は穏やかな気候に恵まれた様ですね。当地和田浦でも陽の光の溢れる麗しき日々が続きまして、この地の素晴らしさを再発見。生涯アルプスの向こうのイタリアに憧れたゲーテの「陽光輝く」という表現は、将にこのような冬の気候を指すのでせう。こんな麗しき日でも、我が和田浦は驚く程に静かなり。人口減による経済活動の停滞が、その「静けさ」の原因であることは間違いのないところ。それでも、僕自身はその「静かさ」を、何の理屈もなく、好ましいものと感じています。そう、只々、快適ですね!

 昨秋の骨折事故以来、このブログに右足の状態を綴って参りましたが、実はこの年末にようやく杖2本が外れ、不自由ながらも二本の足で歩く様になりました。当初は思いの他スピードが出ないこと、背筋が突っ張ることに驚きました。それでも、杖2本の(言わば)「四肢歩行」から「直立二足歩行」への移行という「人類の進化の過程」を体験しているのだと合点。この年末年始を毎日の様に散歩することにより、相当に「直立二足歩行」に慣れてきました。右足踵筋肉の硬直を解く為に、敢えて坂道を登り始めましたが(尤も今のところは車道のみ)、やはり高い処から見る海と陸の風景は一段と美しいもの。やはり当地の風景が美しいのは、海岸線から急峻な山(低山ではあるが)盛り上がっていることに拠るのだ。そう実感しました。

 という訳で、足の状態は相当に改善されてはいますが、我がこころの方はぼちぼちという感じです。本当は足の状態に比例して急激に改善していけばいいのでしょうが、なかなかそうも行きません。まあ、慌てずにぼちぼちとやって行きたいと思う。生活が変わってくれば、気分も変わってくるものと思う。昨日は鴨川市立図書館にて本を借り、その本を持って粟斗温泉へ。久しぶりに温泉に浸かり、休憩室で読書を楽しみました。平凡な休日の過ごし方だが、それを普通に出来たことが嬉しい。また、和田浦のみならず、房州の名も無き集落を歩いてみたい。そんな願望もあります。体が動くようになれば、それなりに楽しみが増えてきそうです。

 以上極めて個人的な近況を書きました。仕事の方も無論ぼちぼちと進めていきますが、そうですね、今年は「仕事の意味」についてじっくりと考える歳にしたいですね。今回の怪我で精神的には結構厳しい生活を送ることにはなったものの、従来考えることのなかったことを考える様になった、という感覚はあります。「この怪我も有難き神様の采配也」なんて、何年か後に言えるようになるといいなあ。そう念じています。それでは。今年もよろしくお願いします。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。