外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今春のツチクジラ操業は一旦終了。また夏に1隻体制で再開予定。

  本日5月31日、沖は海況悪しく船は操業出来ず。又天気予報に拠ると明日より低気圧が本州を横断。しばらく悪い海況が続きそうです。そういった海況に加え、当社の捕鯨船第51純友丸の今後の予定も勘案し、当社は5月25日に開始した和田浦のツチクジラ漁を本日5月31日をもって一旦終了することを決断させていただきました。従い明日からしばらくの間、夏にツチクジラ漁が再開される時期(日程は未定)まで、解体作業はありません。随分と慌ただしいことだとお感じになられる方も多いのでは思われますが、5月21日付ブログで紹介した通り、今年の予定は複雑怪奇也。ご理解の程をよろしくお願いします。

 船はこれより北に向かい、追ってミンククジラを対象とした捕獲調査事業に参加する予定です。その捕獲調査計画(案)の概要は既に昨秋政府から発表されておりますが、その詳細に関する討議が、この5月に欧州のスロベニアで開催されたIWC科学委員会でなされたそうです。政府は今後このIWC科学委員会の報告書をベースに、捕獲調査計画の実施に関する詳細を決定する由。現時点では全く白紙の状態ではありますが、時間的な余裕がない中で、何時でも速やかに捕獲調査に着手出来る様に準備する必要があります。必ずしも天候が安定しているとは言い難い状況下、早めに船を移動させておく。そういった対応をせざるを得ません。

 という訳でたった7日間という極めて短い漁期が終わりました。弊社の場合ツチの解体作業には宮城県の鮎川事業所の従業員が中核として従事。この短い漁期の為に彼等に和田に来て貰い、また宮城へ帰って貰うのは、効率的とは言えませんし、何よりも移動は疲れます。そして捕獲調査が始まれば、また移動して貰わねばならない。という訳で「本当にご苦労様です!」と感謝するしかありません。今年はそんな言葉を発する回数が増えそうですね。

 短い漁期ではあったが、5月下旬という操業経験の無い時期に、たった1週の間に2頭のツチクジラと1頭のゴンドウクジラを捕獲出来たことは大きな成果であったと考えています。また、ここ20年間継続している地元小学生の解体見学を昨日実施出来て本当によかった!もし夏の漁が夏休みにずれ込んでしまうと、解体見学が出来なくなる。そんな心配をしていた事情もあります。という訳で、獲ってくれた船員の皆さんに対し、こころより敬意と感謝の気持ちを表したいと思います。また、関係者の皆さん、いろいろとお世話になりました。いずれにせよ、また夏には和田浦のツチクジラ漁を再開します。その際はまたよろしくお願いします。それでは。

スポンサーサイト

明日5月31日の解体はありません。

 本日5月30日、船は操業しましたが、沖は時化模様にて、帰港しました。従い、明日5月31日の解体はありません。

本日5月30日、船は操業しています。

 本日5月30日、船は操業しています。今日もこのブログの管理人が日帰りの東京出張。更新が遅くなる公算大にて、ご了承下さい。

 例年通りの夏の漁期であれば、子供達への対応等もゆったりと出来るのですが、とうも今年は勝手が違いますね。安全第一、事故を起こさぬ様に注意して取り進めたいと思います。それでは。

明日5月30日の解体は午前11時開始。地元小学生の見学会が行われます。

 本日5月29日は、ツチクジラが1頭獲れました。明日30日はこの鯨を午前11時より解体します。明日は地元小学生26名が解体の見学に来ます。

本日5月29日、船は操業しています。

 本日5月29日、沖は濃霧。そんな中、マゴンドウ1頭の捕獲がありました。陸揚げ後、船は再出港し、操業しています。

 今日はこのブログの管理人が東京出張なので、このブログの更新は深夜になりそうです。獲れれば、地元小学生の解体見学等がある訳で、ドタバタになるそうですが、更新の時間帯の件、ご了解いただきたく。よろしくお願いします。

明日5月29日の解体はありません。

本日28日船は操業しましたが、捕獲はありませんでした。従い明日29日の解体はありません。

明日5月28日の解体はありません。

 本日5月27日は低気圧が通過しつつある影響か、波高く、船は操業していません。従い明日28日の解体はありません。天候の回復を待ちましょう。それでは。

発達障害について

 NHKの「発達障害」に関する番組を録画し、昨晩鑑賞。実は長女が学校でその辺の勉強をしておりまして、以前から興味を持っていましたが、知識はほとんどなし。「目からウロコ」の感覚を味わいました。因みに長女は首にゴムや繊維が接触すると落ち着かず、幼稚園の頃は帽子のゴムを顎にかけていた。これも、例えば同じ風景が(一般の人々と比較し)過剰に明るく見えてその眩しさに疲れてしまったり、多様な音を対人関係上必要な音と不要な音が分別なく聞こえてしまう、といった個が生来の性質として持っているもの、と同類なものと言えそうです。

 尤も、「発達障害」という言葉は、「発達するのに障害があって、未発達のままになっている」といった語感を感じ、あまりいい言葉とは思えない。そんなことも感じました。また僕自身も小学生の頃、夜の校舎の窓から僕以外誰もが見えた(認識出来た)オリオン座の形状が認知出来なかった。追って初めて夜空に浮かぶオリオン座が初めて見えた時のこともよく覚えている。これもその一種か、と思い当たりました。未だに「木を見て森を見ず」、些細なことに気を病み、「大したことではないではないか。」とつぶやいてみたりして、「認知の是正」を行っている自分があります。

 一方で人間は社会的な動物。経済社会においては、何らかの「人の役に立つ仕事」をして、それに対する対価(報酬)を貰って、生活していく仕組となっている。仕事とは大半が、人類が共同して狩猟活動で獲物を追い始めて以来、「他者との関係において働く」共同作業です。故にそういった「一種の障害」、換言すれば「個の持つ一般的な他者と異なった感覚」が、社会生活を続けていく上で、大きな障害となったり、その個が周囲の人々との関係の維持に気を遣って鬱病を発症したりする事例は実は結構多いそうです。

 その辺の専門家である義姉に拠ると、米国では発達障害の研究が進んでおり、小学校等の比較的早い段階において、ある個が特定の障害(個性)を持っていることを発見出来れば、その後の教育方法において適合的なメニューを採用する等の対策を打つことにより、後の個の人生にその障害(個性)がもたらす悪影響を軽微なものにすることは可能であることが、多くの事例において、実証されているそうです。日本においても、そういった研究が進み、公的・私的に適切な対応がなされ、障害(個性)を持った人々の苦しみを軽減出来るといいですね。

 一方で私達は、知識として、「人によってものの見え方、感じ方が違うこと」、そして他者の「見え方・感じ方」は本質的には、自分自身の実体験としては理解が不可能なことを、改めて認識すべきでしょう。しかし、感覚として理解出来なくても、知識としては理解することは出来る筈です。加えて私達は「人によってものの見え方、感じ方が違うこと」は、社会常識として受け入れている面はありますね。その考え方でいいのだと思います。

 一方で、「どう見えるか、どう感じるか」ということには僕自身、興味はありますね。全く関係のないことかもしれないが、僕は「立ちくらみ」の後にふと我に返ると、全く新しい世界が自分の回りに広がっていることに気付く。あの感覚はなかなか新鮮でいいものですね。「立ちくらみ」自体はまあ、いいことではないだけど。以上無駄話でした。

 ここまで書いてみたものの、僕の認識が誤っていた場合、「失礼な文書」となってしまいそうです。追って義姉にこの文章を読んで貰い、必要に応じて修正したいと思います。それでは。漁期の「閑話休題」としては、重い話題でありました。

明日5月27日の解体はありません。

  本日5月26日は海は時化模様。船は操業出来ず、従い明日27日の解体はありません。

 今年は諸事情があって、5月25日からツチクジラ漁を開始していますが、過去にこの時期に操業した実績はなく、実は「はたしてクジラはいるのかしら?」と心配しながらの操業開始でありました。船は追って(時期は未定ですが)捕獲調査事業に参加する為にオホーツクの網走に向かう予定なので、その前の極めて短いと予想される漁期。その中で1頭捕獲出来たことは大きな収穫でした。クジラが獲れなければ陸の仕事は始まらない。船員の皆さんに敬意を表しつつ、感謝している次第です。この5月25日捕獲の記録は無論研究所にツチクジラの捕獲データとして記録されますが、我々自身の記憶にも確実に残る。「5月下旬だったら、ツチクジラは房州沖にいるかもしれない」といった形で。

 今日の解体時間中は終始雨。昨夏の子供達の見学会の際も酷い雨だったので、そのことを思い出しました。そんな意味では、解体見学が来週延期されてよかったのかもしれません。また獲れるといいなあ。子供達に見せてあげたいし、食べさせてあげたいし。こころより好漁を祈念している次第です。それでは。


5月25日、初漁がありました!

  本日5月25日、初漁がありました!幸先のいいスタートとなりました。明日26日はこの鯨(1頭)を午前8時より解体します。今年最初の解体作業、怪我のないように慎重に取り進めたいと思います。

 解体見学に来られる皆さんに、お願いがあります。明日は7時15分頃には解剖員が集合し、氷等の準備をした上で、鯨体をウインチで引き上げます。それまでの間、処理場付近はその準備でトラックやフォークリフトが縦横に走る状態ですので、とても危険な状態です。そこで、見学者の安全確保の為に、鯨を引き揚げるまでの間は、鯨体処理場の敷地への立ち入りを禁止することにしました。処理場の入り口に「しばらく立ち入り禁止します」と言った看板を設置しますので、ご了解下さい。その時間帯は、対岸の敷地から引き揚げ等の作業を見学して下さい。

 解体作業中においても、フォークリフト等が敷地内を走るのは同じこと。くれぐれもそういった車両に接触しない様、見学場所については安全な場所を選んで下さい。それと周囲の状況をよく確認して下さい。当地は体長10米の鯨体(但し死骸)の現物を見られる、関心のある人々にとっては貴重な場所・機会とも言えそうです。でも事故を起こしてしまったら、そんな愉しみも吹き飛んでしまう。皆さんが愉快に過ごせる場所として後世に引き継げる様、皆さんのご配慮、安全に対する徹底的な注意を喚起したいと思います。よろしくお願いします。






 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。