外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

粗大ゴミの正しい投機方法

 一昨日よりゴールデンウイーク、今日で4月も終わりです。僕の方は引き続き宮城県の鮎川にて捕獲調査事業に従事しています。昨年は5月末のIWC科学委員会が終了するまで、鮎川の捕獲調査事業が実施出来なかったので、2年ぶりの鮎川長期滞在。当初は石巻駅近くのホテルから通勤していたが、4月中旬より金華山近くの定宿に移動。雨が降らない限り1時間10分間の徒歩通勤を愉しんでいます。この時期は未だ春浅き広葉樹林が徐々に淡い緑色に変わり、やがて様々な種類の桜が時期をずらして開花し、やがて葉桜となり、散っていく。早朝峠の展望台に佇めば、金華山・網地島・(最近猫で有名になった)田代島といった近隣の島々がコバルトブルーの海の上に凛として浮かんでいる。ここ10年以上春にはこの道をおそらくは数百回歩いているが、僕の生活の中では「無くてはならない」時期になっている。昨年はこの時期が無かったから不調だったのだ!そう感じています。

 この道は峠を越える山の斜面を切り拓いたつづら折りの道。時折、道の下の斜面に冷蔵庫や洗濯機といった粗大ごみが落ちているのを見かけます。この急斜面、ああいった投機物は人手で持ち上げる以外に回収する方法はあるまい。洗濯機はともかく、冷蔵庫は結構重いので、その回収には相当に難渋するのではないかと思う。それがわかっているなら、わざわざ道路から斜面に落とすこともないじゃあないか。道沿いの少し広いのところに、冷蔵庫や洗濯機なんかを丁寧に並べておいてもらえば、後の回収も楽なので仕事は早い。かくも無様な風景を歩く度に見ていると、ついついこんな馬鹿げたことを考えてしまう。

 そう言えば、遠い昔僕が高校生の頃、我が社は沿岸大型捕鯨会社であったNT捕鯨さんに和田浦の鯨体処理場を賃借し、NTさんは遥か小笠原沖で捕獲したマッコウクジラやニタリクジラを解体していた。僕が生まれて初めて「鯨の尾肉」なるものを食べたのはこの頃である。当時NT捕鯨はマッコウクジラの頭部を(多分大型トラック1台に2つ積んで)和田から遥か岩手県の山田町まで運んでいた。その運送を担当した会社が今でも何かと我が社の面倒を見てくれるY運輸さんなのだが、ある時Y社のトラックがマッコウの頭を1つ、北上山地の谷底に落としてしまったらしい。運転手さんは速やかに警察に連絡したらしいが、谷底に落下したあの数トンはあろうマッコウの頭を回収する術はなし。結局そのまま放置することとなり、あれから30余年、あのマッコウの頭は当初は貴重な油脂として、今頃はカルシウムとして、その谷間の植物の肥料として大いに貢献しているに違いない。まあ、これも警察黙認の「不法投棄」に他ならぬが、少しは北上山地の植物の役に立ってはいるし、今となっては何だか牧歌的な香りさえする。

 そういえば、このマッコウクジラの脳油(頭の袋の中の融点の高い油)、古くは米国東岸にて高級蝋燭の原料に使用され、その製品は欧州に高値で輸出されたと聞くが、戦後には人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の潤滑油として必要不可欠な物質だったそうだ。そして、当時米国のS社はこのマッコウの脳油の代替となる油脂の合成に成功したものの、多額の製造コストがかかった由。そこでS社はグリーンピースに多額な献金をした、との逸話が残っている。その努力の甲斐があったのか、1972年に開催された国際人間環境会議で商業捕鯨の10年間禁止が決議され、やがて捕鯨という産業は壊滅への道を辿ることになる。

 粗大ごみの話から、マッコウの脳油絡みのアポロ11号の月面着陸と、商業捕鯨モラトリアムと、何とも脈絡のないことを書いてしまいました。が、歩くときに考えることは概ねこんなものです。

 捕獲調査の方ももうすぐ当地鮎川での仕事を終え、我々は北に向かいます。未だ葉桜の残る愛おしき鮎川の徒歩通勤、金華山の風景ともお別れですね。「さらば、金華山よ、またこの場所で会おう、桜舞い散る道の、桜舞い散る道の上で」。以上森山直太朗の「桜」を捩ったお別れの言葉でした。それでは。また書きましょう。

第9回和田浦クジラゼミは7月7日(土)-8日(日)に開催決定しました。

 先週末に一旦和田へ帰郷し、昨日再び鮎川に戻りました。日曜日にフェロー諸島出身のE君と「ひみつくじら」にて会食。オーナーの石川さんのご厚意で休業日に店を開けていただき、プライベートな食事会+飲み会に。クジラはもちろん、千葉県で栽培された訳ありの野菜、そしてクラフトビールに、訳ありの日本酒数種と、何でもござれの大変なご馳走。遠い昔からゴンドウクジラを食べる習慣をもつフェロー諸島出身のE君はとても喜んでくれました。2年ほど前に僕がベルギーに出かけた後に、コペンハーゲン在住の彼が僕をフェロー島に案内してくれた。その恩義に少しでもお返ししたいと感じていた訳ですが、石川さんの御蔭でとても愉快な会食・飲み会となりました。石川さんに対し大いに感謝している次第です。

 実はこの飲み会の終了後、僕はジャイカの仕事で、アフリカの仏語圏の水産関係の研修生へ講義をすべく、横浜は桜木町のホテルに向かったのですが、ホテル着は午前1時頃。因みに現在僕の右目の眉毛の上あたりが縫合され、ガーゼと絆創膏で覆われており、来週早々には鮎川の牡鹿病院にて抜糸の予定です。横浜のホテルに午前1時に到着する前の、「空白の3時間」に何が起こったのかは、皆さんの想像にお任せしたいと思います。

 それでも、アフリカのコンゴやセネガル・トーゴ・ベナンといった国々からいらした漁業省の役人さんにバスの中で講義をし、和田では鯨体処理場にて房州捕鯨の説明。その後高台にある稲荷さんから「ウナギの寝床」と形容されてきた和田浦の風景を愉しんだ後、徒歩で定置網の水揚場(市場)や和田浦ビーチ経由、工場へ。工場では、ツチクジラの「たれ」(干し肉)と「旨煮」(甘露煮)を試食していただきましたが、やはり「タレ」はとても好評でした。その後市役所和田支所まで歩き、シロナガスクジラの話をし、ミニ博物館となっている支所の展示物を説明をする等、「前夜の桜木町での事件」+「寝不足」にも拘わらず、とりあえずは義務を果たすことが出来た訳で、ほっとした次第であります。

 さて、かなり近況報告(前置き)が長くなってしまいましたが、今夏の「第9回和田浦くじらゼミ」は前回3つの日程の候補日をこのブログにアップしましたが、最終的に7月7日(土)-8日(日)の2日間の日程で実施することが決まりましたので、連絡申し上げます。
 今年のテーマは房州捕鯨の原点に戻り、「ツチクジラ」をテーマとしたセミナーする方向で関係者と相談しています。また、私の個人的な考えではありますが、今年はツチクジラの「ほとんどの全ての部位」(一部はミンククジラ)を試食できるようにしたいと考えていまして、じんざの石井さんに相談している次第です。西脇さんは「ツチクジラ」に関する生物学的なお話をされる見込み。昨夏写真集「鯨と生きる」を発刊された西野さんは「捕鯨船乗船ルポ」といった題目で、実際に当社の船に乗船取材をした際に経験されたことを、画像を交えてお話しいただくことになりそうです。

 時間的には従来通り7日(土)の12:50集合、うまく7日に鯨が取れれば、8日午前はツチクジラの解体作業見学(取れなければ、二日酔いを見込み、遅めの時刻よりセミナーを実施)とし、遅くても8日(日)の午前中にはお開きになる予定。追って募集要項をこのブログに掲載したいと思います。昨年は私の都合で実施出来ず2年ぶりに開催となりますが、皆様のご参加をお待ちしています。七夕の開催ということで、7日に鯨が取れて8日に解体作業が見学できて、7日は星の瞬く夜空の下、鯨を食べながら愉快な時間を一緒に過ごせるといいですね‼ それでは。また書きましょう。

春の石巻より、今夏の和田浦クジラゼミ再開のこと等

 正月以来、何と3ケ月以上も御無沙汰してしまいました。現在宮城県の石巻に滞在中。当地ではまだ満開とは言えませんが桜は開花しています。今冬は寒かったものの、急に暖かくなったので、思いの他開花が早いのでしょう。一方で出発前に房州にてようやくそのピークが過ぎたと実感した花粉の飛散が当地石巻では最盛期の模様。引き続き鼻炎薬を服用して症状を抑えているが、その副作用か、先日の会議では不覚にも最前列で眠ってしまい、後列の同僚に背中を揺すって貰いました。尤も「春眠、暁を覚えず」と有名な漢詩の一節にあります。やはり春は眠い季節なのでしょう。

 思えば今年の房州の冬は寒かった。僕は本来暑いのが苦手で、房州の冬なんか本当の冬ではない、と豪語していましたが、今冬の寒さは結構こたえました。しんどい冬でありましたが、急に春めいてきて、石巻への出発前にいろいろと仕事をこなしている内に、不思議と元気が出てきた感覚です。満開の桜の中を和田浦発、鮎川での仕事が始まりました。金華山近くの定宿が改装中で、現在石巻駅近くのホテルに投宿しています。それでも4月中旬に一旦仕事で短期帰郷して戻ってくる時期には、件の定宿の旅館に移られる。毎朝この旅館から事業所までの約6kmの道を徒歩通勤することが、僕の春の鮎川事業の最高の楽しみです。今冬の寒さにここ数年習慣化していた散歩を怠った為、足の筋肉が落ち、体重も増加気味。そうですね、中旬には春の花々の咲き乱れる鮎川での徒歩通勤を励行して、鈍った体を鍛え直しましょう。

 昨年はツチ漁は1隻の操業となり、おまけに漁期まで短縮され、夏の捕獲はたったの7頭。お客さんに対し必要最低限の量の鯨肉の供給さえ出来なかったことが何よりも辛かった。今年は6月上旬から7月下旬に従前の2隻体制でツチクジラ操業が行われる見込みです。漁期は昨年比延長される訳ではありませんが、何より2隻体制で操業出来ることに喜んでいます。6月上旬から操業するのは初めてのことですが、昨年5月に1週間の1隻操業で2頭の捕獲があった訳で、悲観はしていません。昨年よりはいい年になるだろう。そう期待しています。

 昨年は小学生の解体見学は何とか5月にこなしたものの、ツチ操業と同時期に行われた初めての八戸での捕獲調査に従事した為に事前に予定を組めず、「第8回和田浦クジラゼミ」を開催出来ませんでした。今年は6月30日と7月7日(七夕)と7月21-22日の、3回の週末を候補日として、西脇さんやじんざさん、西野さんと日程の調整を始めています。なお今年のセミナーのテーマは、当社の本来の本業(変な表現ですね!)である、ツチクジラ漁のことを取り上げたいと考えています。日程が決まり次第、このブログで報告したいと思います。

 一昨年の秋の釧路での骨折事故以来、個人的にはいろいろな事象が我が身に降りかかり、結構つらい生活を送っておりましたが、この春の訪れと共に、気分が劇的に改善した感覚があります。まあ「現況に受け入れ、物事を肯定的に考えられるまで、藻掻きながらも待つこと」、端的に言えば「時間が解決する」というものなのでしょう。家族の方は、長女は大学院の2年生で来年4月には就職予定。長男は大学を1年休学して土嚢を使った道づくり・修繕、即ち開発途上国に適正技術を移転し、根付かせることを目的とした活動をしているNPOの連絡員としてミャンマーに赴任。次男は3年間の稔り多き県北の高校でのバスケットボール部一筋の生活を終え、12月末の最終戦(敗戦)第3ピリオドで膝の十字靱帯断絶という怪我に見舞われたものの、大学でもリハビリをしながらバスケ生活を継続する方向。家内は市の教育委員を務めながら、我が家の「浜の仕事」の手伝い、年老いた私の両親のケアーをしつつ、やはり生まれた家・街を離れた子供達の面倒を見に時々上京する生活が続きそうです。

 以上、近況報告の如きものを書く結果となりました。気が向いたらまた書きましょう。今更ながら、今年もよろしくお願いします。以上

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する