fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

捕鯨問題遺聞

  昨年末は日本政府のIWCからの脱退の表明があり、僕はその前後数日プレス対応に追われました。また今回の政府の表明に関し、僕なりの所感を記録しておこうと思い立ち、「日本国政府のIWCからの脱退報道に接して」という文章を年始に書き上げ、このブログにアップしました。
 昨年末の「喧騒」は過ぎましたが、年明けもこの関連の報道に接すること多く、引き続きそれらの記事に妙な違和感を覚えてきました。僕自身はこの問題の「当事者」という意識で報道記事を読みますが、僕の「捕鯨者としての立場」や「感覚・思考」はこの世の中においては超少数派であることは(おかしなことではあるが)紛れもない事実である様に思います。そんな訳で、今日は今回様々な報道について僕自身が感じてきた違和感を「捕鯨問題遺聞(=一般によく知られていないこと)」と題して書いてみたいと思います。興味をお持ちの方は以下の「続きを読む」をクリックして読んで下さい。

続きを読む »

新年明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。年末年始は怠惰な生活を送っておりましたが、日本のIWC脱退に関して一言書いておかねばならぬ、という義務感の様なものを抱えておりました。満足できるようなものは書けなかったが、とりあえずは2018年末から2019年年始に書いた個人的な記録として、当ブログへのアップを完了させたところです。ぼちぼちと、でも自分なり頑張って働いていきたいと存じます。今年もよろしくお願い申し上げます。以上

日本国政府のIWCからの脱退報道に接して

 去る12月26日、日本国政府が国際捕鯨取締条約(その条約の運営機関であるIWC)から脱退することを決定した旨が報道されました。当社には24日頃からプレスからの照会が相次ぎ、「今後どうなるのか?」等聞かれましたが、とりあえずは「仮定に基づく推論を展開しても意味はないでしょう。」として発言を控えてきました。しかし流石に26日は当事者として覚悟を固め、プレスの取材に対し自分なりに丁寧に説明をしてきたつもりです。しかし今回のプレスの取材姿勢は「多様な人々の意見」を紹介することを重視する傾向が強く、(致し方ないこととは言え)僕の真意は報道の形では伝わらなかった様に感じています。加えて、新聞の社説などの論説には違和感を覚えることも多かった。現況では今後の具体的な操業がどうなるものか、わからないことも多い。が、来年の7月1日付で日本はIWCから脱退することが決まった訳で、とりあえずは今回の政府の決定に関する僕自身の感想の様なものをこのブログに示す意味はあるだろう。そう考えて今回の報道に関する所感を書いてみたいと思います。なお、不本意ながら随分と冗長なものになってしまいましたので、ご興味のある方は「続きを読む」をクリックしてお読み下さい。

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する