fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

4月のツチクジラ操業をあきらめ、北に向かいます。

昨日船は操業したものの、房総沖の南部・北部ともツチクジラの発見がなく、加えて天気予報に拠ると今後風の強い海況が続きそうです。また季節外れの台風の影響も出てくる見込みです。

 ここ2年間の捕獲頭数は年間9頭に留まり、手持ちの原料も払拭している状態。4月のツチ漁は初めての試みですが、何とか獲れないものか、鯨がいてくれればいいのだが。そんな想いで準備をし、働いて参りましたが、残念ながら鯨の発見は皆無。いない鯨は獲れない。とてもつらい決断ではありますが、4月のツチクジラ漁を断念し、北に向かうこととしました。

 今後は準備が出来次第八戸に向かい、ミンククジラ操業。その後も引き続き北海道にてミンク操業を完了させ、8月下旬から10月にかけて和田浦に戻り、ツチクジラ漁を再開させる方向で予定を組んでいます。特に夏のツチクジラを心待ちにして下さるお客様には申し訳ない限りでありますが、夏の終わりから秋にかけての操業でその埋め合わせをしたい。そう考えています。諸事情をご理解の上でご了解いただきたく、よろしくお願い申し上げます。以上

明日4月11日の解体はありません。

 本日4月10日、船は操業しましたが、捕獲はありませんでした。従い明日4月11日の解体はありません。鯨の発見が皆無という状態の由。さて、困った!

明日4月10日の解体はありません。

 本日4月9日も天候はいいものの、沖は風強く、船は操業出来ていません。従い、明日10日の解体はありません。天候と海況のギャップに悩まされる仕事、致し方なし。特に風は操業上の大きな障害となります。

 ウクライナ情勢にコロナ感染者数の上昇、うんざりするニュースが多い昨今。こんな時は少々物事を斜めから見たりして、愉快なことを考える方が良さそう。でも、個人的にもいろいろと困ったことが多く、思えば久しく「バカバカしい」ことをことをこのブログに書いていない気がします。

 今日は床屋さんに行って来ましょう。髪が少し伸びると不快だし、何よりいい気分転換になります。そう言えば昨春は八戸にて年配の床屋さんに手動のバリカンで頭を刈って貰ったことがあった。店主は僕の肩に体重をかけながらの散髪、愉快な思い出ですね。それでは。

明日4月9日の解体はありません。

本日4月8日、船は操業しましたが、鯨の発見なく、操業を打ち切りました。
とりあえずは、今日は今日、明日は明日の風が吹く!
そんな考え方をもって、現況をそのまま受け入れることとしましょう。それでは。

明日4月8日の解体はありません。

 本日4月7日、陸の天気はいいのですが、沖は引き続き風が強く波が高い状態。船の方は操業出来ていません。従い、明日4月8日の解体はありません。

 従前は概ね年間で20数頭のツチクジラを捕獲してきた訳ですが、商業捕鯨が実質的にスタートした令和2・3年はそれぞれ9頭の捕獲に留まったことで、現況では深刻な原料不足が起きています。という訳でこの4月に何頭かは獲りたい!祈る様な気持ちでそう願っております。

 長くこの仕事を続けていれば、こういった場面もある。自然条件のもたらす海況や鯨の分布に依存する仕事ということを考えれば、現況を悲観しても仕方ない。今出来ることをしていこうと思う。こうして歳月を重ねることで、過去の出来事が自分なりの「個人史」となっていく。まあ現況を受け入れ、ぼちぼちと過ごしていきましょう。それでは。


明日4月7日の解体はありません。

  本日4月6日、船は移動しましたが、操業出来る海況ではなく、捕獲はありまあせんでした。従い明日4月7日の解体はありません。

明日4月6日の解体はありません。

本日4月5日もひどい時化でして、船は操業していません。従い明日4月6日の解体はありません。

明日4月5日の解体はありません。

 今朝は冷たい雨が降っています。海況も悪く、本日も操業出来ず、従い明日4月5日の解体はありません。

 昨日3日から操業を開始したものの、まだ探鯨出来ておらず。4月のツチ漁は初めての試みでありますが、果たしてこの時期に鯨がいるかどうか?実際に操業してみて、まずはその点を知りたいところです。

 ウクライナではロシア軍が撤退したキエフ周辺の都市で多数の民間人の犠牲者が確認されている由。朝からうんんざりする様なニュースを聞くことになりますね。コロナの方も感染者数が下げ止まっている由。なかなか「出口」が見えてこない情勢ですね。

 僕自身は昨秋以来何とも気の重い生活が続いています。まあ、すべきことを、ひとつひとつこなすことで、一歩一歩前に進んで行きたい。そう思います。己のこころに向かい合いながら。それでは。

明日4月4日の解体はありません。

 本日4月3日、海況悪く十分に働けず、捕獲はありませんでした。従い明日4月4日の解体はありません。

明日4月3日より、和田浦のツチクジラ漁が始まります。

 この冬は相変わらずのコロナ禍の中、あれこれと思い悩みながら、思えば静かな生活を送って参りました。そしてその冬は過ぎ去り、世間でいう新年度、4月に入りました。明日4月3日より和田浦のツチクジラ漁が始まります。ここ2年間は7月の豪雨や8月の台風の影響で操業を断念して11月に操業したりと、ツチクジラの不漁に苦しみました。4月にツチクジラ操業をするのは初体験ではありますが、とにかくやってみよう!「鯨がいてくれるといいなあ、獲れるといいなあ。」そんな祈る様な気持ちでおります。もし鯨が見えなければ、柔軟に操業を変更していくことになります。この点が商業捕鯨の合理的なところとも言えますが、合理的な判断を求められるしんどいところとも言えそうです。

 僕の方は昨年還暦を迎え、この3月で61歳となりました。昔の感覚では60歳は定年退職の年齢ですが、平均寿命も延び、まだまだ働ける年代。実質的には令和2年より2年間新たなる商業捕鯨の仕事に取り組みましたが、事業収支の方はなかなか厳しいものと実感。加えて11年前の震災の際に塩漬けして貰った借金の償還時期が刻一刻と迫っている。という訳で、課題は山積、なかなかしんどいところでありますが、この沿岸捕鯨という仕事を次世代に残せるように、頑張って働いていきたいと思います。

  まあ悲観する材料は多いが、くよくよ悩んでいても仕方ない。自分の出来ることを日々続けていこう。そう考えております。

  という訳で明日から解体情報の掲示を開始します。今年もよろしくお願いします。以上

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する