外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日7月2日、船は港内停泊中。明日3日の解体は無し。

 本日7月2日は時化の為、船は港内停泊中です。従い明日3日の解体はありません。
 今朝は地元の和田小学校と南三原小学校の5年生児童約40名が解体の見学に来ました。見学終了後は、漁民館にて漁協婦人部の皆さんと旅館や民宿のご主人達が早朝5時から準備・調理してくださった「ツチ鯨のカツ」とおにぎりとスイカの朝食を楽しみました。私も子供達への説明の為に漁民に赴きましたが、子供達は「美味しい!美味しい!」と食べてくれました。
 今日は子供達に解体前の鯨体を触ってもらいましたが、「実際の鯨を見て、触ってみて、美味しそうだと思った人は?」と質問したところ、手を挙げたのは1名のみ。まあ解体は血の流れる凄惨な場ですので、やはり「気持ち悪い」とか「くさい」と感じた子供達が大半であった筈です。妥当な反応と言えるでしょうね。一方で「鯨のカツが美味しいと思った人は?」と聞くと、ほぼ全員が手を挙げました。
 「気持ち悪い」とか「くさい」という感覚と、「美味しい」という感覚が同居するという論理的な矛盾。これを「実感」という言葉で表現するが妥当なのでありましょう。今日鯨を触り、凄惨とも言える解剖を見学し、鯨を食べた子供達が、どんな実感を胸に刻み込んだのか。子供によって違った感じ方をしたものと思われますが、これが「食べる」ということの現実です。それを子供達が真っ直ぐに受け入れてくれるといいですね。以上

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。