fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日8月1日の解体はありません。

 本日7月31日、沖は風強く船は操業していません。従い明日8月1日の解体はありません。天気図を見た感じでは、明日以降天候は安定しそうですね。獲れたら獲れたで、この酷暑の中、解体作業消耗を強いられる仕事となりますが、今が盛漁期。頑張って働いていきましょう。

「第10回和田浦くじらゼミ」は週末に無事に終了。その後月曜から昨日まで東京に出張しておりました。業界の会議ですが、昨朝時間が空いたので、初めて豊洲市場を訪問。市場の担当の方にすっかりお世話になりまして、新しい市場の施設を隅から隅までご案内いただきました。昨今益々強調される「食の安全」に応えるべく、その施設の有り方を真正面から実直に検討・建設された施設、と実感しました。しかし、食品の鮮度を保つ為に競り場等の気温を15℃程度に保つには相当な電気料金がかかる由。その経費負担は大変ですが、素晴らしい施設ですね!かつての築地市場の様に、新しい「東京都の名所」として多くの人々が訪れる場所になることを願ってやみません。また、このような立派な施設に関する些事が都知事選絡みの大きな政治問題になったことは記憶に新しく、旧市場(築地)からの引っ越しの日程が二転三転したことを極めて不愉快に思います。そこで働く人々にとって、引っ越しは大変なことだし、引っ越したら引っ越したで、日々の業務をうまく施設に適応されるのに多忙な日々が続くもの。尤も、政治屋はそんなことよりも些末なことを政治問題化してプレス取り上げて貰い、そこに自らの姿を大いに露出させ、票を貰うことの方が大事なのでしょうが。選良たる政治家のセンス・倫理が問われる問題ですね。

 御礼を書くのが遅れましたが、7月27-28日の「第10回和田浦くじらゼミ」にご参加いただいた皆様、ホストとしてこのセミナーの開催をサポートいただいたスタッフの皆様、誠に有難うございました。個人的にはとてもいい雰囲気のセミナーが実施出来たと感じております。それも皆様のお心遣いの賜物と感じていまして、このブログにて感謝の気持ちを表明させていただく次第であります。

 追って「総括」をこのブログに掲示したいと思います。なお、まだ私自身の思い付きの域を出ないのですが、追って一橋大学の赤嶺先生の「松茸(マツタケ)」に関する書籍が出版される筈、来年のくじらゼミでは「是非松茸を食べたい!」という欲望に取り憑かれています。松茸と言えば秋ですが、西脇さんに拠ると早松茸(さまつ)と呼ばれる6-8月に出るものもあるらしい。天文学的な値段では難しいが、、、、、そうですね、これから調べてみましょう。益々松茸、早松茸に取り憑かれてしまうかもしれません。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する