fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

令和元年の和田浦のツチクジラ漁は終了しました。

 昨日11月22日、船は操業しましたが午後になって海況が悪化。今日から月末にかけての気象は回復の可能性が極めて小さい、との判断により、令和元年の和田浦のツチクジラ漁は終了ということになりました。今年も沢山の皆さんのお力添えをいただいて捕獲・解体作業をさせていただき、無事操業を終えることが出来ました。皆様のご厚情にこころより感謝申し上げます。

 今秋は10月1日より秋のツチクジラ漁を開始。その後ミンククジラの残枠を対象に船も解剖員も八戸に移動したものの、気象が悪くミンククジラの捕獲はありませんでした。その後11月に再度和田浦に戻りましたが、ここでも晩秋の海況は厳しかった。10月上旬の好漁の後は度重なる台風の到来もあって、なかなかうまく行きませんでした。それでも、この10月下旬から晩秋にかけての八戸と和田の間を移動した経験は、来年の操業に確実に生きてくるものと考えています。10、11月の動きが慌ただしかっただけに、今では肩の荷を下ろした様な「ほっとした」気分ですね。でも未だ解体場の後始末等の仕事は残っています。皆が無事に自宅に帰り着いて、初めて「今年の漁は終了」となります。最後まで気を抜かずに、事故等起こさぬ様に注意したいと思います。

 本日和田浦では冷たい雨が降っています。今朝TVから「相当に冷えるので、くれぐれもご注意下さい!」という言葉が聞こえてききました。でも、つい最近まで「熱中症にならない様に注意して!」と言っていたのではなかったか?確かに暑いのも寒いのも良いことではないが、日本人が快適と感じ得る温度帯の幅が極端に縮小しているのではないか?そんなことを感じます。

 今日の気温は10℃-14℃程度の予想。本来は快適といっていい温度帯ではないでしょうか?昔と比べれば真夏の最高気温は明らかに上昇しており、熱中症のリスクが高まっているのは明らかですね。一方で最低気温も概ね上昇傾向にある筈でして、無論地域によって事情は異なりますが、基本的には「寒さに拠るリスク」は低減しているものと推察します。また僕自身は学生時代を北の地で過ごしたこともあってか、暑いのが苦手。寒さは厚着すれば何とかしのげるが、暑さは服を脱ぐにしても限界があり、対応が難しいですね。という訳で、要するに、これより房州は静かでしのぎやすい最高の季節を迎えます。

 久しぶりに旧友とメールで連絡を取りました。「暖かくなったら房州に遊びに行く」と言うので、「からっ風の北関東出身の人間が何を言うか!最近は冬が短いので、是非涼しい冬のうちに遊びに来て下さい。」と返信を認めました。

 という訳で、いろいろと有難うございました。このブログの方は従前の「気まぐれモード」となります。今後ともよろしくお願いします。それでは。





 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する