fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日の解体は午前5時半開始。

 本日7月24日、とりあえず1頭獲れました。明日7月25日はこの鯨を午前5時半より解体します。全国的に気象が安定しませんが、そこそこ働ける状況、助かりますね。もう1頭獲れる可能性が残っていますが、獲れた場合にはこのブログを更新します。夜遅くなっても更新されていない場合は、明日の解体は5時半より1頭のみとご理解下さい。

 先日このブログで「鯨肉の販売は概ね解体開始の3時間後」とご案内しましたが、一昨日の1頭目は2時間後には始まっていました。鯨の大きさや魚屋さん・加工屋さんの仕入次第で、その辺の時間帯が前後します。2頭目ともなると、さらに誤差が大きくなります。そういうものとご理解下さい。

 さらに暑さが厳しくなって、連日解体作業続く様な状況では、解剖員の動きが鈍り、仕事が遅くなることさえあります。そう、人工知能で管理できることでないので。

 今朝の日経新聞(FT)の記事に「世界がモノ中心の経済でなくなるに従い、EUはIT大手を・・・」といった記述があります。でも僕に言わせれば、人間が生きていくにはモノが必要な訳で、IT大手がモノを生産・供給してくれる訳ではない。では何故「モノ中心の経済」ではなくなるのか?それは「モノの生産」では、投資家が要求する莫大な利益は生まれ得ない。そういうことと理解しました。逆に言えば、この新聞は「投資家の視点に立った媒体」とも言えそうですね。まあ「あっしには関わり合いのねえことでござんす」ということになりますね。

 かつて司馬遼太郎さんは土地バブルの経済を憂う立場から「(数倍の高値がついた土地で)大根を育てる農家のおやじさんのこころはささくれ立っているの違いない」と書きました。何故かそれを思い出しました。それでは。


 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する