fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

ツッカケ礼讃

 引き続き「ツッカケ」で歩いている。雨が降れば、運動靴や長靴を履くこともあるが、やはり「ツッカケ」散歩は快適。日本製のエムスリーなる商号を愛用。ツッカケとしては高価だが、外国物と比較すれば、頑丈でよく保つし、(慣れもあるのだろうが)歩きやすく、軽快である。今春はその「3L EEE」というサイズを八戸の靴屋で発見。房州では「2L」しか見たことがない。という訳でそのサイズを八戸にて4足発注。1足は既に網走で履き潰し、現在2足目を使用中。まだ2足新品の在庫があるので、来春の漁期までは何とかもつのではないか。

 僕の「ツッカケ」歩行は、学生時代の経験に由来する。北海道の山は登山道が整備されていない山域が多く、沢を登って山頂を目指すことが多かった。地下足袋に草鞋の装束で川を歩くのだが、この地下足袋という代物、足が圧迫されてあまり快適と言えるものではない。故に沢に降りる前の林道歩きは、専らサンダル(当時の呼称で表記します)で歩く。サンダルの利点は着脱が容易なこと。天場でも何かと便利だ。そして沢を下って、無事林道に出た時の解放感!もう危険な箇所は無い!地下足袋の圧迫感や、岩に爪先をぶつけた時の激痛の記憶からも解放される。サンダルは言わば「滝や函の通過等で肝を冷やす沢登りを終えた解放感」の象徴だったのだ。

 僕の散歩癖は、ミンククジラの捕獲調査の開始と無縁ではない。鮎川では宿から事業所までをほぼ毎日徒歩で通勤した。釧路では暇さえあれば、幣舞橋を渡り釧路の旧市街を歩いた。自宅には当時犬を飼っていて、朝晩犬と歩いた。何時からツッカケを使い始めたか記憶にないが、釧路にて先輩より「危ないからちゃんとした靴を履きなさい。」と注意されたことがある。その日僕は運動靴を履いたが、釧路の海中炭鉱から石炭を運ぶ線路を越え、急なコンクリートの斜面を防潮堤に降りる際に、右足首を骨折してしまった。要するに、急斜面故に体は下に移動するが、斜面を右足の靴は斜面を滑らず固定された結果、右足が斜面に残ってしまい、足首付近6か所の骨折ということになったのだ。ツッカケならば、足をそれに乗せて歩く感覚。その裏面の摩擦は体が覚えているし、いざとなれば足はツッカケから簡単に外れる。あの時、ツッカケを履いていれば、あんな事故は起きなかったのではないか?やはり慣れないことはすべきではない。

 ということもあって、僕は相変わらずツッカケに乗って(?)散歩している。クワバカの皆さんは鯨と同様に、クワガタを「一頭、二頭」と数える。僕もツッカケに敬意を表し、今後「一台、二台」と数えることとしよう。上京の際もツッカケ一台は必ず持参。乗り物の中や晩飯がてらの散歩に、やはりツッカケは快適なのだ。

 尤も人間はいつの間にか目的と手段が入れ替わり、本道から外れるもの。想えば昨秋以来、(ツッカケを使えない山道を歩く)花嫁街道には行っていない。そうですね、時には運動靴か長靴を履いて、足の筋肉が収縮と弛緩を繰り返す感覚をじっくり味わい為にも、山道を歩くのはいいですね。今秋の散歩で、ようやく気づきました。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する