fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日7月27日の解体はありません。

 本日7月26日、沖は波高く船は操業していません。従い明日7月27日の解体はありません。台風8号が東日本に接近中です。捕鯨の場合、台風の規模はともかく、出来れば早く通過して貰う方が有難いですね。何年前のことだったが、南西諸島から長い時間をかけて北東方向に超ゆっくりと進む大きな台風がありました。あの際は高波が2週間程継続し、ほとんど生殺しの様な状態だった。あの時も高い海水温の影響で台風の勢力は衰える気配は無し。あの頃から「台風の来るお盆明けはまず働けない」という観念を持つようになりました。でも、ここ2-3年は様子が違いますね。秋の大型台風が房州に甚大な被害をもたらしたこともありました。さて、今年はどうなるものか?漁期中は天気予報とにらめっこする日々が続きます。でも最近はネットで風や波浪に関する詳細なデータに接することも出来て有難いことです。

 週末から東京オリンピックの競技が始まりました。開催前にかくも激しい罵声や冷笑にさらされたオリンピックは過去にはなかったと思うし、まあ「運の悪い」オリンピックと言えるでしょう。僕自身はボランテイアの皆さんを含めた、この大会の運営に汗を流している人々の気持ちを慮ることが多いです。世間から「馬鹿げている」と嘲笑される大会を汗水流して運営することはとてもつらいことと思うので。それでも例えば昨日の日経のコラムは「意思決定の不明瞭さについては追って検証するとして、とりあえずはアスリートを応援しよう。」といったもので、少々ニュアンスは変わってきていますね。僕自身も、オリンピックがなければ知る機会がなかったであろう、多くのアスリートたちのことを知りたいと思います。

 開催前に、英国や米国のメデイアの大会開催を批判する記事が、多くの日本の新聞やTVに取り上げられました。日本人は特に欧米のメデイアの反応を気にする傾向が強い。捕鯨問題の扱いもその傾向が顕著で、日本のプレスは実際の「事の重大さ」を大きく超えて、海外メデイアの報道を紹介したものだった。今回の大会について言えば、来日する選手団の感染リスクを抑えるという大変な責任を背負って(この大会がなければ)本来日本国内のコロナ対策に費やすべき人的・経済的資源を、敢えてこの大会に振り向けることで、日本(東京)はこの大会をホストしていると言えます。海外メデイアの記事を紹介するのもいいけど、まああんまり気にしないでもいいのではないでしょうか?僕はそんな風に感じています。

 それと、各国の選手団の練習場所等を提供・応援する地域の人々と外国の選手達とのface to face の交流が出来ないことは何とも残念ですね。いつの日か、コロナ禍が治まった頃、そのリベンジ=(物理的交流)を改めて実施できるといいなあと思います。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する