fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

釧路闊歩!

 昨日釧路は晴天だったが、沖は時化で働けず。朝BSで大河ドラマ「黄金の日々」を観た。この物語の原作は城山三郎さんで、戦国期の堺の豪商呂宋(ルソン)助左衛門、大泥棒の石川五右衛門、信長を銃で狙撃した善治坊の3名が堺出身の親友、という荒唐無稽なもの。でもこの物語の主人公はあくまでも「近世」という時代であり、それは海外との「商業」「交易」が隆盛を迎えた時代であった。時代考証も論理的で、そんなところが城山さんらしい。

 朝食後本を読んでいたが、仕事の疲れか、いつの間にか寝入っていた。目覚めたのは昼下がり。よく寝た!夕刻より散歩に出発。想えば、ここ十余年、駅からまずは幣舞橋を越え、川・海辺を歩いて知人町より弁天浜を巡るルートを性懲りもなく何度も歩いてきた。2年ぶりの釧路散歩であるが、無意識のうちにここ十余年の人生を反芻している自分に気づく。房州での散歩ではそういうことは起こらない。なかなかいいものだと思う。有難い機会である。さて、これからどう生きようか?還暦を迎え、死を意識することが若干増えた感覚。尤も本来、死を考えずして生は考えられないものであろう。死を意識する方が穏やかに生を考えられる。そんな実感はある。これからも一波乱も二波乱もあるだろう。(残念ながら)波乱の材料には事欠かない。

 弁天浜から、かつて海底炭鉱で採掘された石炭を運搬した線路跡を歩く。この海底炭坑は日本で唯一現存するもので、炭鉱運営の技術を残し、その技術を海外に移転させる役割を担っている。特に安全対策等のソフトの技術は多くの屍の上に得られたもの。国際社会は化石燃料、特に二酸化炭素の排出の多い石炭の使用を抑制する方向にあるが、日本の採掘技術は人類の築き上げた知恵として後世に伝えるべきものだと思う。

 かつてこの線路を越えて、海沿いの防潮堤に降りる急なコンクリートの斜面を降りる際、(いつもはツッカケで歩くのに)たまたま履いていた運動靴の右足を(摩擦で)残したまま、転落。右足首を複雑骨折したことがある。仕方ないので膝をついてその斜面を攀じ登り、線路を越えて車道に出て救急車を呼んだ。ところが今日はその斜面がどこだったか、確認が出来ない。線路を使わなくなったことで、工事でもして変わったのか?まあ、それはそれでいい。次回また確認してみよう。

 幣舞橋の方向に歩く。あの骨折事故で入院したS病院の前を通る。僕の右足首はこの病院での手術で骨をチタンで繋いで貰ったままであり、レントゲン撮影をすると、ほとんど建築工事現場の様だ。若い人は、骨がつながった段階で再手術して、金属を除去することが多いらしいが、僕は若くはない。骨の補強には役立つのでは、という判断もあって、この釧路で入れて貰ったチタンと共に散歩している。このチタンは、僕が逝った後に、焼き場まで運ばれることになる。釧路の人々にはお世話になったし、このチタンのことでも、切っても切れない関係になった。そう思うし、何故かそれが嬉しいのだ。

 幣舞橋を渡り、繁華街を歩く。北海道はとりあえず9月12日までは緊急事態宣言下にあり、多くの店が閉店している。かつてお世話になったが、店主が物故して閉店した店舗を眺めるのも、何だかとてもなつかしくて愉しいものだ。鉛筆削りを求めて駅裏の百円ショップを探したが見つからず。「これだ!」と直感した大きな店はパンチンコ屋さんだった。諦めてうらぶれた鉄北横丁を歩いたが、開いているのは一店のみ。それでも、ホルモン焼きの百萬両は開店している。流石にしぶとい!ただこの店、午前10時から焼酎を飲む人々がたむろす場所。酒の方はどうしているのかしら?駅裏の風情は、以前から既に相当に寂れており、ほとんど変化なし。唯一場外馬券売り場のみ新築されていた。

 地下道経由駅前に。地下道には地元の芸術家の描いた絵が展示されている。房州千倉にも海沿いの防潮堤にそんな場所があり、なかなかいいものだ。駅のセブンにて、北海道限定販売の「エビ入りあんかけ焼きそば」を購入。網走や女満別の街中華店には必ず「あんかけ焼きそば」があり、昨秋はよくそれを食べた。おそらくは北見か網走の中華屋さんがそれを出し始め、それがオホーツク地区に広がったものなのだと思う。当地釧路ではスパカツ(スパゲッテイーミートソースの上に豚カツが乗せたもの)が名物料理だが、それは泉屋なる老舗洋食店が始め、そこで修行した人々がスパカツを提供することで広まった由である。

 ホテル着。あんかけ焼きそばを肴に安物赤ワインの炭酸水割りを愉しむ。なかなかいい散歩でした。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する