fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

日々是朝餐也。

 当地釧路では涼しい、時には寒く感じる程の秋を迎えています。夏にはどうしても冷たいものを飲むことが習慣化。それを続けていたら、下痢を起こしました。腹が冷える感覚。ここ数日は暖かい緑茶を愉しんでいます。

 菅首相は(総裁選に出馬しないことで)退任の意向。僕は権力者に対し甘いかもしれないが、コロナ対策に不眠不休で働いてきた菅さんには同情的です。元気を失い、官房長官当時のキリッとした張りがない。そう感じていました。プレスは野党の発言も含めコロナ関連の批判的な話ばかりを取り上げる。まあ確かに失敗もあった。オリンピック・パラリンピック。もしそれを中止する決断をすると仮定すれば、それは常識的には「命懸けの決断」であったことは間違い無い。まあ、代議士、そして首相にはなりたくてなった訳だから、時にかかる酷い批判にさらされるのは本人も覚悟していた筈だ。一方プレスは最近彼を擁護する政治家の発言を紹介することが多い。それは日本人の判官贔屓感情に合わせての現象だろう。

 後任の総裁候補には数名の名前が挙がっているが、河野さんもそのひとり。以前「河野さんに官房長官をやらせては?」と塩野七生さんが文芸春秋に書いていた。彼は(彼女の評価では)「自分の理解したことを率直に自分の言葉で話せる人」とのことだ。率直だから、内閣のスポークスマンとなれば、いわゆる「失言」が頻繁に発信されるに違いない。「失言」が毎日の様に発信されれば、プレスも「失言」の取捨選択を迫られるだろう。プレスが「失言」に関して質問すれば、多分倍になって返ってくるだろう。それがまた「失言」と見なされる公算大。不合理に暗黙の了解となっている曖昧な部分が曝け出される。そうなれば、報道の質は向上し、日本の政治文化も熟成の方向に向かう。そんな趣旨だったと記憶している。でも、官房長官じゃあなくて、総裁=首相ということになるとどうなるか?尤も選挙基盤が脆弱な若手議員は、「衆院選の顔」としてのインパクトに関心が集中し、その後のことは「二の次」といった感覚か。まあ落選は問答無用の解雇だから、解雇されない様に右往左往するのが人間というものでしょう。

 という訳で前置きがながくなりましたが、今日は宿の朝飯のことを書きたいと思います。もう20年近く宿泊している釧路駅前のホテルですが、現在その朝飯は豪華絢爛也。将に「晩餐」ならぬ、「日々是朝餐」の様相を呈しています。当初は「焼きたての多種多様な調理パン」が売りでしたが、パンが苦手な人はコンビニで🍙を買っていました。ところが現況では焼きたてのパンに加え、白米や炊き込みご飯に、ブリ・鮭・カレイ等の焼き魚、豚カツ・白身・ザンギ等の揚げ物、豚丼用の焼肉、カレー、イクラ、サラダ、ヨーグルトに各種飲み物等々、何でもござれ!ブリは朝10kgものを仕入れてくるそうです。「どうだ、参ったか!!」という感じですね。かと言って朝に何から何まで食べる訳にはいかず。最近はご飯に軽くイクラをかけ、豚丼の肉を2枚、それにサラダとラッキョウとヨーグルト、飲み物。気分次第でブリのカマ焼き(敢えてカマを選ぶ)。そんな「朝餐」を愉しんでおります。最近学んだのはラッキョウにカレーを少しかけて食べる方法。そもそもカレーライスは好物だが、それを食べると後が入らない。歳をとってラッキョウも好物となったので、ラッキョウ10個程度にカレーを少しかけて愉しんでいる次第。イクラはかつてそのまま大どんぶりに入れて置かれていたが、イクラばかりを爆食する不埒な客が後を絶たず、最近ではイクラの中にルイベ(冷凍の鮭の刺身)を入れて、「爆食」を防止している様です。

 という訳で朝餐が充実しているので昼食はパンを少し食べる程度。晩飯も軽くしたいところですが、まあストレスを溜めない為にどうしても一杯やってそこそこ食べてしまいますね。その一杯がビールや酎ハイだったりすると、それが下痢の原因になります。まあ腹を冷やさないことが肝要ですね。コロナ禍で飲み屋にはほとんど行けないが(酒類のラストオーダーは7:00PM、13日より7:30まで延長)、まあ朝餐のお蔭で結構豊かな食生活を愉しんでいます。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する