fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

杜を求めて

 相変わらず捕獲は進まず。海況が天気図から想像されるそれよりも悪い、といった状況。秋が深まるとそういったことが起こりやすい。過去にもそんな感想を持ったことがありました。

 当地は晩秋の風情。朝の気温は5℃前後。比較的雨は少ないですね。釧路は樹木の少ない街で、宿と工場周辺も同様。休日は杜を求めて外出します。最近では繁華街手前の公園や久寿里橋の先の鶴ケ岱公園の樹林に深い愛着を覚える様になりました。

 朝の繁華街を通過。例に拠って店の名前を見ながら歩く。「炉端銀座」の建物では取り壊しが始まった。居酒屋の「ツンドラ」という名前に吃驚。北の街、居酒屋は温かみのある名称を使うのが普通だろうと。それでも、「ツンドラ」という表示の横に「ラーメン」「ツブ焼き」の看板があり、ツブ焼きのテイクアウトのスペースまであって、その佇まいは何とも賑やか。なるほどなあ。狭い路地にスナック「萌芽」という店が。怪しげな店名と思っていた。「萌芽」を何と読ませるのだろうか?昨日近づいてみると、「萌芽ママは10月一杯入院中。コロナではありません。11月に開店予定。」との張り紙がある。「萌芽」はやはり「ほうが」と読ませる由。よく論文なんかで使われる言葉だ。これはママの本名かしら?とまあ、一体僕は何をやっているのだろうか?

 鶴ケ岱公園には茶室があり、それがお気に入りの場所になった。先日遭遇したエゾシカは公園で飼っているものではないらしい。博物館から下る春採湖沿いの遊歩道も気持ちがいい。午後には湖水上に陽の道が輝く。有名な蕎麦屋、東家本店の庭園も美しい。樺の木の葉の緑と黄色、その後方に楓の赤、それらが風に吹かれる様は美しいものだ。旧市街の散歩。この時期はかつて大根を干す風景の美しさに魅了されていた。そころがここ数年大根を干す風景を見たことがない。一方で今回はダリアの花の美しさに魅了されている。ダリアは品種改良が進んでいる様で、実に多彩なダリアを植えている庭があって、そこでしみじみとそれらの多様な色・容姿を眺める。

 とまあ、そんな風に散歩を愉しみ、喫茶店でダージリンをいただき、宿に戻る。意味のない怠惰な生活?まあそう言えんことはないけど、こういった時間が我が人生に何色かはわからないけど、ちょっとした彩りを加える。そう考えることにしましょう。「読書の秋」の方も、段々と堅苦しいものは読みにくくなり、河合隼雄さんのエッセイに紹介されていた童話「長靴下のピッピ」を購入。結構愉しめました。10月も半ばを過ぎました。泣いても笑っても残された日数は少ない。現況を受け入れつつ、まあそう悲観せずに過ごしていきましょう。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する