fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

立春は過ぎたが、

 早 立春は過ぎたが、今年寒波は相当に厳しい様だ。日本海側では遠い昔、僕が小中学校で学んだ様な豪雪に見舞われているらしい。5メートルの積雪で「人々は二階から出入りする」といった上越の気候を当時は「凄いこと」と感心したものだった。そう言えば2年前、子供と一緒に琵琶湖と賤ケ岳の間の尾根を歩いて余呉湖まで歩いたことがある。相当の積雪を覚悟し、長靴を準備したものの、驚いたことに雪は全く無し。地元の人々は「まあ歩きやすくて快適ではあるけど、何だか気味が悪い」と言っていた。彼の地も今冬は大雪に見舞われている様だ。日本海岸の敦賀から琵琶湖、伊吹山、濃尾平野にかけては、日本海・太平洋間に高い山脈がない地域。故に雪雲は遠慮なく南下し、時には名古屋で大雪ということも起こる。新幹線が関ケ原付近の積雪で遅れるのもその地形に拠る。

 一方当地では雪が降るのは本州南岸を低気圧が通過する春のことだが、この週末は朝の散歩時に空が灰色の雲に覆われ、急に激しく霰(アラレ)が降った。照葉樹林に霰が降る風景は意図しても観られるものではなく、「早起きは三文の得」と喜んだ。今朝は風が強く寒い朝だったが、天気は快晴。赤光と光溢れる森の風景を愉しんだ。ちょうど新聞で斎藤茂吉の話題に接し、「赤光」という言葉を使ってみたが、この言葉は基本的には「夕日の赤い光」を指すらしい。確かに「赤光」という言葉・語感には夕陽が似合いますね。

 そう言えば「チコちゃんに叱られる」で学んだこと。「世界にかくも沢山違った言語が存在し、今でも使われている理由」は、環境や生活様式に拠って「大切なもの=コミュニケーション上で必要・大切なこと」が異なることがその理由とのことであった。モンゴルでは馬の年齢・性別毎に別々の言葉を使う由、フィンランドでは雪を意味する言葉が、その質の違いによって多数あるそうだ。なるほどなあと思う。そう言えば昔宴会のカラオケの歌で聞いた記憶では、津軽でも雪を表す多数の言葉があるとのことであった。また日の出よりも日の入りを表す言葉の方が多い様な気がします。

 北京冬季五輪が始まったが、ウクライナ情勢等きな臭いニュースが報道され、今一つ五輪に注目が集まらない様子。昔モスクワ経由ロシアの東端に旅したことがあったが、その際雇ったロシア人通訳(英語を話す)は温厚な男であったが、盛んに「クリミヤ半島は本来ロシアのものだ!」と主張していた。その主張の背景について、当時僕自身は聞かなかったが、今ネットで調べてみても、なかなかわかりにくい。恐らくはかつてのロシア帝国が英・仏・オスマントルコ連合軍との激戦の末に勝ち取った地域であること(クリミヤ戦争)や、旧ソ連が黒海艦隊を置いた軍事上の要衝の地であることがその主張の背後にあるのだろうと思われる。一方で旧ソ連が崩壊して、ウクライナが独立する際には、ロシアと英米等の間で「クリミア半島はウクライナに帰属する」との合意があったらしい。その後東欧の国々や旧ソ連の共和国が続々とNATOに加盟。結局「勝てば官軍」、「ソ連の崩壊によってロシアは敗者になった」ということかと思う。しかしロシアとしては、ウクライナのNATO加盟は安全保障上受け入れられない。加えて「化石燃焼を一切使わない世界」を志向するEU等西側の国々への反発も強いのだと思う。ロシアや中東の産油国に「石油相場が高過ぎるから、増産せよ!」と言う主張は、通常の人間関係では「無神経」としか言えないのではないか。何故なら産油国は「化石燃料を使わない世界」においては、自国の産業が壊滅に追い込まれる訳だから。とまあ、何だかややこしいですね。

 今朝の新聞で、米国内の原子力潜水艦に関する機密情報の漏洩事件に関する報道を読みました。やはり個の自由と幸福を希求する権利の行使が一般的な米国では、FBI・CIAといった強力な公安機関があっても、情報漏洩を完全に排除することはなかなか難しいのではないか、といった感想を持ちました。だったら中国の様に国民を徹底的に管理する手法を採る方がこの件については有効でしょう。一方で我らが日本社会は?いろいろなことを考えさせられますね。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する