fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

昔の生殖医療?????

西郷隆盛は死地・最終決戦の地と
定めた鹿児島は城山の急斜面を登る
その際に「よべ(夜這い)がごたる」
そう言って共に死地へ赴く仲間を笑わせた

司馬遼太郎の随筆に拠ると
江戸期薩摩には南方の習俗が濃厚に残り
祭礼の日は無礼講 男女の集団同士が交り 
そこで宿った子供の父親を妊婦が指名する
そんな習慣があったそうな  

子供の顔からその父親の面影をみつけ
快哉を叫ぶことが出来ない不安は?
それは共同体の暗黙の掟の了解と 
家族として過ごした時間が中和
恙なく家族は生きられたに相違ない

歴史学者の網野善彦は中世の商業を
有縁と無縁 そんな概念で説明
有縁の世界では 人と人 人と物は
固く結びついている 無縁の世界では
それら関係性が消滅し そこで初めて
商取引・貨幣を通じた交換が成立する
現日本の原型たる中世 その商業は
宋銭の流入と無縁空間の成立に拠り
急速に発展した そう解釈している

旅の空間は無縁の世界 街道も無縁 
神社仏閣も無縁 その屋内に多数の
旅の男女が佇む様を描いた絵がある
無縁故そこに居合わせた男女は交わる
子宝の湯とされる温泉 参拝・祈念すれば
子宝を授かるとされる 神社仏閣
それはかつての生殖医療の場?案外
そんなものだったのかもしれない

中世の日本人は 家系を絶やさぬこと
その為には 血統には目をつぶった
養子縁組はその知恵と言えるだろう
農地があれば家庭を営み生きていける
家・家族制度がそれを保障する構図
それは世紀を越えて大戦後まで続いた
然るに無常は世の習い 五世代以上
続く家系は稀であった様だ

翻って核家族主体の現代社会
意外や意外 血統の復活?
個の或いはその家族の営みを
保障するものは 個以外にない
個は労働市場にて己が能力を売り
それで家族の営みを支える
核家族は血統に拠り成立する
核家族間の関係も血統に拠る
血統が結合の唯一の核なのだ

子供達の自立に拠り家族の役割は
終焉を迎える そこに残るものは
血統と家族を営んだ記憶のみ
その記憶が唯一の絆である

やがて人は家族の営みを支えること
それさえ厭う様になる 実は己一人を
支えることさえ 容易ではない
かくして人は再び無縁の世界に?

一方で昔の仲間との再会の喜びは?
昔の縁が急に開花したりして
何だか 訳がわからないが
所詮ポンコツ三馬鹿仲間の集い
まともな 花に 非ず

今回もまたこの辺でギブアップ
馬鹿げた ポンコツ作文を
中断しませう それでは

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する