外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

大晦日に寄す

 11月に明るい痛風患者の手記を書いてからしっかりご無沙汰してしまいました。痛風の方は一時的な尿酸値の上昇ということで、大丈夫でした。踵の痛みの原因は釧路にて三百数十円の底の磨り減ったサンダルで毎日のように10kmも散歩したことの様です。何人かの皆様に「痛風の方は大丈夫?」とご心配いただきました。有難うございました。ですが、悪いことは続くものでして、12月頭には新型インフルエンザを発症。自らを隔離しておりましたが、そんな生活をしていると自分が重病人になった様な気分に。という訳で怠惰な何もしない生活をしていたところ、復帰後の心と体のリハビリに苦労しました。予定していた年末の南アルプス行も没に。年が明けることをいい機会に、爽やかに目覚めたい。そう思います。
 大晦日ということで、久しぶりに少しは何か書こうと、パソコンに向かっております。今年も残すところ2時間。「ゆく年くる年」くらいは見ようと思います。旧い年が逝き、新しい年が来る。その年という時間の中で、ある人は逝き、ある人は来る(生まれる)。時間が経過することを意味する「逝く」とか「過ぎる」という言葉を人の死を表す言葉として使うのには何かの意味がある様に思う。英語でも”pass away”という言葉を使う。年が逝くのと同じような実感を人の死に対して感じることは出来ないだろうか?不遜なことやもしれぬが、隔離されている時に読んだ「死は生の水準器のようなもの」「死は生のアリバイである」という言葉には確かに本質をついている面はあると思う。
とまあ、穏やかとは言えないことを書いてしまいました。もうすぐ新しい年が始まります。敢えて穏やかでない言い方をすれば、自分が死ぬ時に、「ここに生活させてもらってよかった。ここの皆さんと一緒に生きることが出来て幸せだった。でももっともっといいところにして欲しい。」。そんなことを言えるようなささやかな空間(街)を創造すべく、来年は少し頑張ってみたいと思います。
それでは皆さん、よいお年をお迎え下さい。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する