外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日7月14日の解体は無し。

  本日13日、船は出港しましたが、海況悪しく操業出来ず。従い、明日14日の解体はありません。鬱陶しい長い梅雨空の日が続いています。それでも捕鯨船は波と風さえ弱ければそこそこ働けます。既に12頭の解体処理を完了しています。

 ただ、本来は梅雨の明ける頃が漁の本番。地元でもツチ鯨は夏の食べ物です。「鯨のたれをつまみながらビールを飲む」のが何とも言えない、と子供の頃から聞いてきました。尤もビールを飲む習慣は概ね戦後に形成されたものと思う。「伝統」という言葉に一定の重厚感を感じる世相でありますが、そもそも「伝統」とは、もちろん分野にもよるが、そんなに格式張ったものではないと思う。逆に「伝統」が格式張ったものとすれば、房州のツチ鯨漁を「伝統」という言葉で表現するのは妥当ではないと思う。ただ、この食習慣が継続しているのは、この地域にて鯨を取る人々、解体する人々、流通させる人々、調理し食べてきた人々が、長い歳月存在し続けていたことを意味している。所詮は食い物、されど食い物。別段無くても、他のものを食べれば足りる。でも地域の食習慣の中で、地場の食べ物は季節の到来を実感させてくれ、人々に「美味しいという実感」を以て元気を与えてくれるのものです。そんな食べ物を地域の皆さんとの協力関係の下、供給していくことが弊社の仕事です。ただ流通手段の高度化、グローバル化によって、日々購入する食べ物の選択肢は非常に多いし、相対的には安価である。(エンゲル係数という指標でみれば、それは自明なことです。)そんな中でこの房州のツチ鯨を選らんで貰えることは大変なことだとも言えます。有難いことだと感じています。

 このワールドカップで盛り上がった頃、ぼちぼちと捕獲が続いていますが、この天気で小休止といったところですね。強い雨が降っています。この時間にて週末に実施される「第二回和田浦クジラゼミ」の準備を進めています。この週末には梅雨が明けるのでは、と期待しています。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する