外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日6月23日の解体はありません。

 本日6月22日久しぶりの晴天なれど、沖は波高く風強く、船は港に停泊しています。従い、明日23日の解体はありません。

 昨日は地元の小学生を対象とした解体見学・鯨カツの昼食を提供する、通称「初漁祭」を実施しました。ご協力いただきました、鯨食文化研究会、漁協婦人部の皆様、有難うございました。処理場は生憎の雨で腐敗した内蔵の異臭も漂い、「食べられるかしら?」と言っていた子供達でしたが、沢山の鯨カツを食べた様ですね。やはり皆さんが近くで汗を流して調理してくれて、「さあ、召し上がれ!」と勧めてくれる。それで子供達は安心して食べることが出来た。食べ物は人との関係の中で愉しむ面が強い。そういった感を強くしました。

 昼食後の短時間のレクチャーの中では子供達から沢山の質問が出ました。少々刺激的ではありますが、やはり現場を見せることはいいことだ、と実感。鯨の力は非常に強い、という話から、インドネシアの村では今でも手投げ銛で抹香鯨を捕獲していて、捕鯨者が亡くなることもある、という話に。子供達は驚いていましたが、「人は、なにものかを守る為に、例えば子孫を守る為に、時に命を投げ出すこともあるのだ。東京電力は今世間から非難を浴びているが、その福島の原発の工場では、東京電力の関係者が命をかけて事故を収束させる努力をしている。彼らの生き様に対して、我々は尊敬の念を以て手を合わせることしか出来ないのだ。」と話しました。個人的には「個人の権利意識の肥大」ということに問題を感じていたことが、かかる発言となりましたが、まあこんな形で自分自身も学ばせていただいている、と感じます。それでは。また書きましょう。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する