外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日7月17日の解体はありません。

  本日7月16日、船は出港しましたが、既に台風の影響が出ている様子。海上はうねり高く、船は操業をあきらめ帰港します。従い、明日17日の解体はありません。

 折角の海の日絡みの連休ですが、これから海況は悪化する見込み。この連休中の捕獲は難しい状況になってきました。それにしても台風の予想進路を見ていると、どうも我らが国土は台風に愛されている。そんな気さえしますね。

 尤も天気図の等圧線や低気圧・高気圧マークが上空に描かれている訳ではなく、上空には温度・気圧・湿度の異なった多数の大気の塊が相互にゆっくりと混ざり合っている。その動きを人間が「天気図」という形式で時系列的に表現し、各地の天気の動向を予想している。でもその天気図をずっと見ていると、台風自体をひとつの巨大な生き物の様に捉えている自分に気づきます。

 梅雨、夏から秋にかけての台風、冬季の日本海岸の雪、春と秋の雨。日本列島は地域によって極めて多様な降雨・降雪に恵まれている。鎌倉期に鉄器の供給量が増大し、草深い東国においても急速に開墾が進んだが、それを担ったのは本質的には自営農業者であった武士階級であった。その鉄の供給を支えたのが、伐採しても20年もすれば元の状態に戻る日本の森林であった。鉄1トンの生産に木材1000トンを要す。この驚異的な日本の森林の回復力は、熱帯モンスーンのもたらす多雨に支えられている。そんなことを故司馬遼太郎さんが書いていたことを思い出します。

 引き続き猛暑の日が続きそうです。まあ無理をしないで、ぼちぼちと生活していきましょう。夏はまだまだ始まったばかりです。


 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する