外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

散歩のとき何か食べたくなって

相変わらず釧路にて国の捕獲調査事業に従事する毎日が続いています。この調査の主目的は釧路沿岸のミンク鯨の胃袋の内容物を調査し、この鯨が何をどれだけ食べているかを調べることです。釧路沖は秋刀魚、スケソウダラ、鰊といった日本人の食生活には欠かせない魚が集まるところ。それぞれの魚を平均して1日どの程度食べているかがわかれば、その数量にミンク鯨の推定資源量を乗ずることにより、この鯨種といくつかの魚種の捕食関係が明らかになります。そういったデータを鯨類も含めた多魚種の包括的な資源管理の使用する方向で研究が進められている様です。加えて特定海域に複数の魚種の群れが存在する訳でして、ミンク鯨の嗜好性、つまり秋刀魚と鰯のどっちが好きか、といったこともわかってくるかもしれません。人間だって「美味しい」と感じられるものはやはり体にいいものと考えられるでしょう。鯨も本能的に体にいいものを食べるのでしょうから、嗜好性はあるものと考えられます。僕も自分の本能に何が食べたいか聞いてみようか?でも「人間は本能が壊れている動物である」という定義があります。食べ過ぎてメタボリック症候群と診断されたり、飲む過ぎで二日酔いになったりで、なかなかうまくいきませんね。


秋の北の海は風が吹いて荒れるとなかなか静まりません。低気圧が通過すると数日船が出られないこともあり、そうなると宿にて過ごす時間が長くなります。やはり晩秋の旅には憂愁に付き纏われます。僕は専ら歩くことにより、憂さを晴らしています。歩いていると倦怠の淵に沈みこまんとする精神が高揚してくるのを感じる。でも最後は「濁り酒濁れる飲みて 草枕しばし慰む」ということになってしまうのですが、、、。


かくして歩いて・食べて・飲んで草枕を慰め、時化が続いて「昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなむ」ということになると、一体何の為に歩いているのか、自分自身を疑う気持ちが湧いてきます。結局「快適な飲食」の実現の為に歩いているのではないかと。作家の故池波正太郎は剣豪シリーズの他に食べ物に関する随筆を多数書いています。その中に確か「散歩のときに何か食べたくなって」という本がありました。そうですね、この気分で行けばいのかと。今日は何を食べようかと考えながら歩く。釧路市は人口20万人弱。房総半島南部の小さな街と比べれば大都会。いろいろな食べ物屋さんがあります。但し1時間に6km強というスピードで数時間歩き回るので相棒はなし、専らひとりで歩いています。従い飲食する場所も人恋しさを紛らわしやすい止まり木の小さなお店に。料理してくれるおじちゃんや給仕してくれるおばちゃんと世間話をしながらの飲食となります。たんまり歩いて行き当たりばったりで店に入り、酒が臓器に染み入る感覚。常連と思しきお客さんと世間話に花を咲かしているうちに、共通の知り合いの存在が判明したりします。僕が「時々無性にトンカツが食べたくなりましてね、どこか旨い店ありますか?」なんて聞くと、「そりゃあ あなた、駅裏の「とと」だよ。トンカツは前日の予約が必要だけど。「とと」だよ、「ととと」じゃないよ。」と。そして翌日が時化だったもので、まずは博物館を見た後に暗くなってから駅裏を探索します。電話番号を聞いていたが敢えてそれを使わない。歩き回ることと飲食することとが渾然一体となった楽しみなのです。少々うらぶれた感じの横丁の中に発見!とぼけて店に入ります。そこには既に紹介者の知り合いが、、、要予約のトンカツを拝見、むむむなるほど。「今日もまたかくてありなむ」ということになります。


この2日間に多分30kmくらいは歩いたと思います。坐骨神経痛の初期と疑われている僕の腰を守る為にも歩くことはいいことなのです。体重を減らし筋力をつけるという意味で。でもここ2日の夜の飲食の量を考えると、むむむ、残念ながら物質収支はプラスなのではと疑っています。なかなかうまくいきませんね。それでは。また書きましょう。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する