外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨天なり。明日6/23の解体は無し。

  雨が降っています。本日22日も船は操業出来ず、明日23日の解体はありません。今日の午後私は中学校へ最終の授業に行き、近々鯨が獲れて小学生の初漁鯨解体見学をこなせば、漁期前から漁期の開始時期のドタバタの生活から解放されます。

 雨もそう悪くはないですね。雨の日は晴天の日よりも多様な表情を持っているような気がします。その多様な表情は、人々の内面に、自らの怠惰に対する嫌悪感、倦怠、諦念、悲しみ等を湧き出でせしめる。そして、そんなどちらかと言えばネガテイブな感情を、雨はしとしとと降り、とりあえずは洗い流してくれる。という訳で、たまにはこっそりとでもいい、まあ胸を張ることは雨には似合わないが、サボりましょう!人間の持つ原始的な雨天に対する感情を大いに尊重しましょう。

 毎年梅雨の日に何か気の利いたことを、と考えるのですが、いつも中原中也の「6月の雨」になってしまいます。これで3回目かしらん。以下、掲示します。朗読すると結構落ち着きますよ。梅雨も悪くはありませんね。それでは。


「六月の雨」

中原中也 『在りし日の歌』より


またひとしきり 午前の雨が
菖蒲のいろの みどりいろ
眼うるめる 面長き女(ひと)
たちあらわれて 消えてゆく
たちあらわれて 消えゆけば
うれいに沈み しとしとと
畠の上に 落ちている
はてもしれず 落ちている

お太鼓叩いて 笛吹いて
あどけない子が 日曜日
畳の上で 遊びます

お太鼓叩いて 笛吹いて
遊んでいれば 雨が降る
櫺子(れんじ)の外に 雨が降る

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。