外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

本日8月6日、1頭捕獲。明日7日の解体は午前4時開始。

 本日8月6日、1頭捕獲。明日8月7日の解体は午前4時より開始予定です。

 連日の捕獲・解体。これにて、残枠は9頭に。獲れない時は1週間以上も獲れない訳でして、やはり心配しましたが、何となく先が見えてきた気がします。弊社の場合、鯨が獲れないと「夏が来た」という感じがしない訳でして、今年は「いつの間にか夏が来ている」といった感覚ですね。もう1週間でお盆。盆が明ければ、心なしか秋の気配が漂う。いろいろと心配したり気を揉んだりしていますが、こうして普通に働いていれば、やがて確実に時が過ぎていく。そんなものですね。

 先週末は野生生物保護学会青年部の現場セミナーが当地にて開催されまして、様々な形で野生生物と関わっておられる皆さんと親交を結びました。今日からは小島先生の率いる成城大学の学生さんが民俗学の調査でしばらく当地に滞在します。鯨を取り、解体し、調理し、食べる営みには、かつて日本人が普通にしていたが現代では失われつつあるものが残っている。最近震災の関係で柳田国男や宮本常一の著作が見直されていますが、震災絡みでしかその価値を見いだせないのは何とも浅薄なことか、という気がしますね。人々は未来を語る上では過去と現在を参考にせざるを得ないのは自明なことなのに。当地でのこういったセミナーが、消えつつあるものを記録し、それが人々に過去(歴史)を穏やかに考えさせる機会を与えてくれることを希望します。

 本日は最近「プロ野球審判 ジャッジの舞台裏」を書かれた山崎さんが当地を来訪されます。同じ大学の文学部の先輩でして、長年プロ野球のパリーグの審判をされていた方です。当時のパリーグの会長に強訴して何とか審判の試験を受けさせて貰ったとの由。文学部を卒業してプロ野球の審判をするというのは相当に変わっていますが、私自身も文学部卒で鯨取りの会社をやっている訳で、表面的にはやはり変わっていると言わざるを得ません。今晩は愉快な夜となりそうですが、深酒しないように気をつけましょう。それでは。



 

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する