外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月に入りました。

 12月に入りました。偏西風の蛇行の影響で寒気が本州全体を覆っているとの由、もう冬の風情ですね。寒くなれば、早朝の犬の散歩を躊躇したりもしますが、まあ房州は暖かいところ。夏の暑さと比べればまだ快適かと思います。やはり冬は冬らしいのがいい。静かに房州の冬の生活を愉みたいと思う。

 夏の漁期終了以来、初めてこのブログを更新することとなりました。同僚が言うには、「月に1-2回でもいいから書いてみては」とのこと。思えば9月の釧路行は「合法的な残暑からの逃避」であった。かつて多感な時期を北の街で過ごした故か、仙台=>苫小牧フエリーなんかに乗船すると、「窓は夜露に濡れて」などと口ずさみ、感傷に浸っている自分を発見します。秋の釧路は、私事ながら夏の酷暑の仕事から突如!完璧に!解放!されることに加えて、魚は美味しく、人々は情に厚く、夕焼けの風景は息をのむ程美しい。そこかしこ徘徊することを習慣とする自分として、書きたいことは山のようにあるのだが、ただ一点。「書かねばならぬ理由が無い!」。

 そんなことでのんびりと釧路で過ごしてきたものの、11月末が会社の期末ということもあって帰郷後は多忙を極め、それなりにすべきことをして、12月を迎えました。

 確かに「書くことによって、些細ながらも心温まる事象を、その際に発された香気・詩情と共に、自分の記憶の層に沈殿されることが出来る」という実感はあります。ここは同僚の助言に従い、ぼちぼちと何か書いてみようかと思う。月に1-2回になるかもしれないし、でもひょっとして興が乗れば、案外頻繁に書くこともあるかもしれません。思えば、夏のブログ更新は明らかに「必要なこと」のみを書いている訳ではなく、「興が乗って」由なきことを書き綴っていますね。

 とりあえず、今日はひとつ、いいニュースを紹介しましょう。11月に旧和田町役場(現南房総市和田支所)に道の駅「WAO」がオープンしました。そして、その敷地内にシロナガス鯨(推定体長26米)の全身骨格標本のレプリカが屋外に展示されることが決まりました。実はこのシロナガス鯨、19世紀にノルウェーの捕鯨会社によって北大西洋(北極海?)にて捕獲されたもので、その全身骨格がノルウェーのトロムソ大学に保管されていたものです。そのレプリカが何でまた、世紀を超えて21世紀の和田浦の道の駅で展示されることになったのか、、、、まさに「流転」という言葉がぴったりきますね。今日のところは、かかる展示の実現にお力添えをいただいた多くの皆様に対し、感謝の念を表明するに留めたいと思います。追って、その経緯、展示開始時期等の情報も含め、このブログにて紹介したいと思います。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。