外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

野分のまたの日に

野分のまたの日こそ いみじう あはれに 
をかしけれ   (枕草子より)

 水温の高い紀州沖にて益々発達した台風が9月の日本列島を駆け抜け、大きな被害をもたらしました。当地釧路の街でも野分の大いに打ち振り、釧路川河口付近の繁華街でも冠水の被害があったようです。一方で始まりから好天に恵まれた当地での捕獲調査も小休止。台風の去った「野分のまたの日」は、水泳・散歩・鯖寿司・ショットバーと大いなる気分転換を。釧路入りして以来、最初の休日を楽しみました。

 それにしても、プールでふんわりと浮くことの気持ちのいいこと!軽度のヘルニア由来の左足外側の神経痛に悩まされてきましたが、今回は水泳の効果か、痛みがありません。釧路は夕陽の美しい街。一昨日・昨日と続けて、幣舞橋を越えて米町から弁天浜を散歩しました。夕陽はもう少し秋が深まった頃の方がきれいかなあ。でも雲の出方・形によって、夕暮れの風景は毎夕異なった風情を感じさせ、何とも愉しいものです。水平線付近の残照と凪ぎつつある海を背景に、海底の炭田から石炭を運び出す機関車が走る風景に旅情を感じます。

 米町は釧路発祥の地。明治期には石川啄木が新聞記者として滞在した時期があります。
彼は「しゃも寅料亭」なる料亭に出入りし、小奴なる名妓を知り交情を深めていたらしい。
  
小奴といひし女の
やはらかき
耳朶なども忘れがたかり

 こんなとんでもない歌を残しています。三ケ月にも満たない滞在なのに、米町にはやたらに啄木の歌碑が多い。とんでもないですねえ。
 
 夕刻の米町は人影もまばらです。昨夕は家の中のおばあちゃんから呼び止められました。
以下はその際の会話です。
「あなた、犬でしょう?」
「犬は見ませんでしたよ。」
「白い犬でしょ。私見たよ!」
「いやあ、私は一人の散歩でして」
 例によって早足で懸命に歩いていたから、あわてて犬を捜している様に見えたのかもしれません。大男(僕)の懸命な歩行には鬼気迫るものがあったのかも。そうですねえ、想えば僕自身、夕刻の散歩でセーラー服を着た女子生徒を前方に発見した場合、驚かさない様に、痴漢に間違われない様に、注意して歩いています。

 とまあ、こんな馬鹿なことを書いているうちに、捕獲の報が、、、さあ仕事!仕事!
時化たら、また書きましょう。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する