外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日8月13日の解体はありません。

 本日8月12日、船は沖に出てみましたが、風濤共に治まりつつあるものの働くには厳しい状況。船は操業していません。従い明日8月13日の解体はありません。明日よりお盆に入りますが、船の方は気象条件が許す範囲で、通常通り操業します。陸の解体部隊も船の動静に合わせ、鯨が獲れた場合には解体の仕事に従事します。この仕事は当社単独では出来ない性質のもの。世間が休みの中、周囲の皆さんのご厚意をもって働かせていただくことになります。

 今日は登山の先輩方が来房、館山の我が仲人親宅に泊まり、もし今日獲れれば明日の解体を見に来る予定となっていました。残念ながら今日は獲れず、まあ致し方ないところです。

 仲人親とその先輩方には、かつて正月の3千米超の山々に連れて行っていただきました。先行する人々の踏み跡を使うのではなく、「自らの足跡を深い雪の中に刻んでの登頂」というのが当時の流儀でありまして、得難き経験をさせていただきました。尤も想い出すのは、メンバー全員が自称「スーノム族」で血液型はB型、天気予報官のMさんはAB型だがTVの前ではA型・普段はその反動で強烈なB型、「回し飲みする煙草は真中が一番濃くて、焼酎の氷割りは上澄みが一番濃い」といったたわいのないことばかりだが、とにかく無茶苦茶に面白かった!ここ数年まともな登山はしておらず、「山は遙かなり」でありますが、また再び「テントの中の懲りない面々」に戻りたい、いう気持ちはあります。尤も無駄に背丈の高い私にとっては、テント生活は結構しんどそうです。

 昨日はジャイカの研修を無事終えました。「捕鯨という産業・文化は絶滅の危機に瀕している。ユネスコの世界記憶遺産に登録せにゃあなりません。」等と軽口を叩きましたが、一方で上記の「スーノム族」の習俗もほとんど絶滅寸前かと思われます。かかる柄の悪い飲酒の習俗は到底理解され難いでしょうし、煙草に到っては喫煙の継続自体が社会的に抹殺されようとしており、「回し飲みの流儀」とか「真中が一番濃い」なんていう感覚は世間一般の理解を超えたものと思われます。そうですねえ、やはり絶滅危惧種として”The Smoking & Drinking Tribe"も登録せにゃあなりませんねえ。尤もその説明は捕鯨同様に相当な困難を強いられるものと思われます。それでは。





 

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する