外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日8月18日の解体は午前6時開始。

 本日8月17日、船は操業し、1頭獲れました。明日18日はこの鯨を午前6時より解体します。この鯨が28頭目で、残枠は2頭。日本列島上を停滞前線がかかっていますが、海上は少々風が強いものの比較的穏やかな様です。朝晩は心なしか涼しくなってきた様な気がしますね。漁ももうすぐ終わる、夏が終わる、秋がすぐそこまで来ている、という感覚が強くなってきました。

 今朝勇魚(イサナ)朝市が開市、地元或いは都会から、たくさんの人々にお越しいただきました。和田町街づくり協議会の皆さんのご協力をいただき「鯨カツ」を揚げて販売しましたが、そこは長蛇の列。せっかく来ていただいて、量的に間に合ったかしらと心配。まあ、あるものを、準備したものを売るのが朝市。ご容赦ください。おそらくはお客さんも朝市で知っている人に会ったり、何となく人が集まっている風情を楽しんでる面もあるのでしょう。何てことはないのだけれど、いい気分で過ごせる朝市。そんな風になるといいですね。私自身も何か協力出来ないか、と思う。9月早々にはまた釧路へ行くが、10月には帰郷する予定。熱いコーヒーでも売ろうか?或いは朝市発の和田浦散歩の案内人でもしようか。和田浦は狭い路地からの山と海の風景が美しいところ。実はすでに「田園の道」と「海の道」と名付けた散歩道は個人的に策定済であります。

 震災の前年に「回想-雪の中の祈り」なる題目のエッセイをこのブログにアップしたことがありますが、これは琵琶湖北岸の木之本なる集落での冬の旅の思い出で綴ったもの。今年木之本はNHK大河ドラマの黒田家発祥の地として脚光を浴びているが、その冬は雪深い寒村のイメージでした。そこの観光案内所にて散歩用の手描きの地図を印刷したものをいただいた。この地図が何とも温かみのあるいいもので、そうですね和田浦散歩用にもそんな地図があるといいなあ。そんなことを考えています。

 朝市からの帰路、刺し網(えび網)の小屋掛けしたスペースにておばちゃん達とお話ししてきました。私はお茶を、わが犬は冷たい水をごちそうになりました。今夏は今日で3度目の水揚げ。解禁日は8月1日であり、こんな悪い状態は初めて。まだ海水が濁っており、あまり様子はよくないとの由です。困ったものですね。「魚でも干して、朝市で売りませんか?」とお話ししたところ、夏は日差しが強くて魚が焼けてしまうらしい。いつか、この山を背負った漁業集落の民家にたくさんの魚が干している風景を眺めてみたいものです。

 今日はこれからBS3で吉永小百合の「夢千代日記」を鑑賞。雪の舞う冬の日本海岸の寂れた温泉町の雰囲気に魅かれ、毎週見てしまいます。これは私が高校生の頃放送されたアーカイブもの。実は「夢千代」の前の「男たちの旅路」(鶴田浩二主演)もずっと見ておりました。それでは。




 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する