外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園将に荒れんとす

 今朝はぐっと気温が下がり、朝の散歩は快適でした。齢10歳となった我が犬も益々元気、6月に散歩に出ても帰宅したがった頃と比べると嘘の様です。田園は黄金色に染まり、稲の穂が穏やかに風に揺られています。所々刈り入れの終わった田んぼもありまして、大半は大型の機械で刈っていますが、一部には昔のやり方で稲穂を田に干しているところもある。その風景は何とも美しいものです。一方で、休耕田は見ていて何とも無様。これがとりあえずは自然に委せたままの風景なのですが、それは美しいものではない。TVの女性アナウンサーが田んぼの風景を「自然が一杯です!」と言うのに違和感を覚えるのは相変わらずですが、日本の田園の風景は「人間が手を入れた」、理屈っぽい言葉を使えば「人間の営みと自然が解け合った」美しさがある様に感じます。故にTVの「自然が一杯」という表現も案外すんなりと視聴者に受け容れられているのかもしれません。農業人口の高齢化により、田舎の田園は荒廃しつつあります。これは間違いなく「危機」ではあるが、どうやってこの美しい田園風景を維持しましょうか?そこでどんな生活をしましょうか?こころを穏やかにして、「楽しむ」方向で物事を考え、感じられるといいですね。私自身も、この田園から元気をいただいて、何とか破綻せずに、生活している者です。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。