外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

秋の雨に寄せて

  ここ数日は気温が下がり、すっかり「秋の気配」である。最初は「つかの間の涼しさ」と思っていたが、これだけ続くともうすっかりその気になってしまう。今朝は秋の雨。大地に幾分残っていた夏の熱が洗い流される。秋ぞ来たりぬ。1日にはまた釧路へ旅立つ。「2014年の我が夏よ、残暑よ、さらば!」

 今早朝は雨の中、我が家にホームステイしていたベルギーの高校生アーロン君が帰国することとなり、次男・家内と共に市役所に送りに行った。お盆前に次男がベルギーに行き、22日にアーロン君と一緒に帰国。そして今日次男はアーロン君を成田まで一緒にバスで行き、送る。彼等はもう半月以上一緒に過ごしていることになる。折角の機会ということで、毎日早朝出発する超過密スケジュール。それに加え、カラオケに行きたいとか、回転寿司に行きたいやらで、毎日夜遅く帰宅。さらに深夜まで家で遊び、0時頃にようやく就寝する生活。子供達は「ベルギーではお世話になった」という気持ちが強いのだろう、全員がどこにでも一緒に、最後までお付き合いした様だ。

 我が家で次男は淡々と英語の単語を並べて意思疎通をしていた。ちょっと時間空くと、「アーロン何かしたいことある?」と次男は聞く。「ちょっと一人で休んでいるよ。」とアーロン君。彼等は極めて自然に毎日を一緒に過ごしていた。昨晩は次男のバスケットボールのチームメートが来訪。深夜まで花火をしたり、隣りの熊野神社で「肝試し」をしたりし、最後の夜を愉しんだ。僕自身は、この月末はそれなりに忙しく大したことはしてやれなかった。でも彼等は彼等なりに気遣いをしながら自然に一緒に過ごしている風情だったので、僕自身気を遣わないで過ごさせて貰った。そんな印象である。

 そう言えば昨晩、「肝試しに神社に犬がいて、びびった。」と子供達が言っていた。今朝近所の方が「とうとう我が家の庭にも猪が現れ、畑を荒らされました。」とおっしゃっていた。そうか、その「神社の犬」は猪だったんだ!

 かくして、命懸けのバスケットボールから始まった次男の夏も終わった。誠にお疲れ様でした!尤も今日と明日で、恐らくは全く手を付けていない夏休みの宿題をするのであろう。大丈夫かしら?それでは。


 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する