外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

読書の秋

 釧路ではさわやかな秋晴れの日和が続いています。通常この時期は移動性低気圧と高気圧が順次通過し、悪天と好天が周期的に入れ替わる季節。偏西風の蛇行のよるブロッキングなる現象なのか、今秋は一向に低気圧が来ず、天候が崩れません。南洋で発生した台風もゆっくり移動していますね。そんな天候故にミンク鯨を対象とした捕獲調査事業は順調に進んでいます。

 これはいいことなのですが、この事業に関わる我々は多忙にて休めず。通常秋の低気圧が通過して海が荒れれば、2-3日船は働けません。そうなれば我々は暇になる。夜な夜な盛り場に繰り出したり、時には古本屋に行って適当に本を買い求め、のんびりと「読書の秋」を愉しんだりする。ところが今秋はそんな余裕がありませんね。

 それでも、先日は久しぶりに明るいうちにホテル着。駅ビル内の古本屋で佐藤愛子著「佐藤家の人々」という文庫本を買ってきました。この本は、彼女が小説「血脈」の連載を終えた後に書いたエッセイや対談から成るのですが、とにかく無茶苦茶に面白い。久しぶりに何度も声を出して笑いました。

お部屋は北向き 曇りのガラス
うつろな目の色 溶かしたミルク

 お馴染のサトウハチローの詩「小さい秋」の一節ですが、彼は佐藤愛子の異母兄にあたります。こんな繊細な詩を書いたサトウハチローなる人物、実は「佐藤家の荒ぶる血」を濃厚に引き継いだ、とんでもない人だったらしい。そして「血脈」の作者佐藤愛子も含め、佐藤家の人々はその血脈が故に、程度の差こそあれ、おしなべて「とんでもなかった」のだそうです。以下、「声を出して笑ってしまった」部分、いくつか紹介しましょう。

 ハチロー・愛子の父紅緑は3人の女性との間に 10人の子供(内1人は愛人の連れ子)がいた。  その荒ぶる血を受け継いだ八郎も3回結婚して子供は5人、妻妾同居さえさせた。愛子も2回離婚しているが、とにかく佐藤家にはやたらにこういった人が多いらしい。愛子はこう言っている。
「だいたい系図というものは縦に長くなるものなのに、佐藤家の(系図)は二番目の妻、三番目の妻って、どんどん横に広がっているんですよねえ。」
さらに、上述の父紅緑の愛人の連れ子(東大卒で後に小石川高校の校長を務める)ついては、彼女こう言っている。
「本当に立派な人格者です。唯一人格者がいると思ったら、(佐藤家の)血脈ではなかったんです。」

 父紅緑や兄八郎の残した文学作品と、彼らの実生活との間の乖離については、こう説明する。
「海水を煮詰めて塩ができるようなものでね、紅緑の少年小説やハチローの童謡というのは塩です。生きていくために必要なもの。ところがあとに苦汁(にがり)が残る。これを家族や子どもたちがなめさせられた。」

 佐藤家の人々の早熟さについて、対談の相方との会話では、

相方「皆さん、十代で女性に手を出したり、一緒になって駆け落ちしたりと、そういう面では早熟ですね。八郎の三男の五郎に至っては、八郎のお手つきだった女中と一緒に家を出たのが、14歳です。」
愛子「色情の因縁がありますね。手がついたとか、そんなもの、どうってことない。」

 その他、紅緑の次男節(タカシ)は、金に困ると妻の親族を一人づつ病気にしたり、殺し(死んだことにし)たりして、親族から見舞金をせしめる。ついには仙台の旅館より「タカシ シンダ」との電報を送り、心配して駆けつけた使いの者より、芸者と同衾している状態で香典を受け取る。さらに彼は弟の久への親からの仕送りの大半を着服。それが原因か、久は仙台で困窮の末、女と心中してしまう。そして紅緑の家には仏壇はなく、家の隅にさりげなく置かれている写真1葉が久を偲ぶ唯一のものである。

 とまあ、もう無茶苦茶・出鱈目・破天荒の連続、但し愛子に言わせれば「実は家族想いの一族なのだが、ここ一番という時にはやはり荒ぶる血が騒ぎ出し、ついつい走ってしまう」ということらしい。このとぼけた感覚がまた何とも可笑しい。そしてこの小説の最終部は、紅緑の曾孫(八郎の孫)の恵(40過ぎにして無職)が大伯母の愛子を訪ね、「八百屋の引き売りでもやろう」と言う。愛子は「佐藤家の血を継ぐ40過ぎの男が八百屋の引き売りなんて!」と感嘆しつつ、その荒ぶる血脈が次第に衰微し、正にこの夕方の寂しい光の中で終焉を迎えたことを実感し、「あずましく」感じるところで終わるらしい。因みに津軽弁では、寒い日に風呂に入った時に「嗚呼、あずましい」という言葉を使うらしい。

 自称赤線大学卒の吉行淳之助、佐藤愛子と共に文壇の三奇人と呼ばれた遠藤周作・北杜夫。かつては彼等の描く「誠にとぼけた、困った人々」に憧れたことはあったが、家業を継いでからは無茶をする感覚から遠ざかっている様な気がします。せいぜいこの佐藤愛子著「血脈」でも読みながら、釧路での「読書の秋」を愉しみたいと思います。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する