外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月28日(日) 勇魚(イサナ)朝市 開市

 年の瀬も押し迫り、何だか落ち着かない日々が続いております。結構寒いですね。最近は朝6時半頃に散歩に家を出ますが、西側に背負った山の端が薄い橙色に染まっている。11月早朝の染まり具合よりもさらに繊細な色です。そう言えば月初めの朝にはその山の端に有明の月がかかっていた。習慣的に朝同じ様な時刻に歩き始めますが、風景は季節によって、天気によって微妙に異なる。時に普段気に止めていなかった風景(構図)が驚く程に美しく感じられることもあります。既に冬至が過ぎ、これからまた少しずつ日が長くなる。年末は久しぶりに遠出する予定でしたが、事情があって在宅することになりました。そうですねえ、年末年始の和田浦をじっくりゆったりと歩いてみよう。そんな気になっています。

 さて、12月28日(日)の朝7時から約1時間開かれる、今年最終回の勇魚(イサナ)朝市。特別なことがある訳ではありませんが、通常通り午前7時から1時間程度開市します。予報によると、天気の方は大丈夫そうです。

 今回、弊社外房捕鯨(株)は、「鯨の立田揚げ」を現場にて油で揚げ、販売します。自宅で立田揚げを食べたいお客様向に冷凍の味付け肉も販売する予定です。

 鮮魚の方は、前回13日は船の入港が遅れて販売出来なかったが、28日は是非販売したい。そんな訳で、前日の土曜日、そして間に合えば当日の日曜日にも魚を仕入し、販売する方向の様です。尤も、鮮魚販売は本質的には天候次第・海況次第・潮流次第・魚次第・漁師次第ということでありまして、そういったものとご理解下さい。

 その他、地元の切り花、野菜、正月用のお飾り、焼きそば、クスノキとじんざさんのお弁当が販売される予定です。

 和田浦の様な田舎において、GDPにカウントされない地場産品の交換の量を増やしたい。そして、ささやかな生産・交換の活動を地道に行いながら、近場の人々と親交を結び、お互いの「元気」も含めて交換したい。28日は勇魚朝市へご来訪の程よろしくお願いします。

最後にいつものフレーズ。魯迅の小説「故郷」より抜粋。

「思うに、希望とは、もともとあるものだともいえぬし、ないものだともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には、道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」(竹内好訳)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。