外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バターとお金と株式と人工知能と金と銭

 初夏を思わせる日々が続いています。降水量が極端に少なく、それが野菜の価格上昇を招いている由。僕の方は春に入って以来引き続きやや不調の状態。毎朝とりあえずは犬を連れて歩き、休日も徒歩で犬と遠出(とは言っても町内)をし、仕事の方はぼちぼちとやる。夏の漁の前は何かと落ち着かず、かかる精神状態に陥ることが多いですね。まあ、わかりきったことなのだが、今日は敢えて我がこころの中を探検し、その状態を確認してみようか。そんな気になっています。そんな中でも、季節は移ろい、当地ではホタルブクロの花が咲き始めました。海岸ではハマヒルガオ、月見草が咲いています。が、季節の故か、或いは我が精神状態が故か、「もののあはれ」を感じることはないですね。

 今朝はNHKのニュースを大変興味深く見ました。昨年末に大騒ぎとなったバターの不足の問題が再燃しています。農水省の役人さんの「需給情勢を睨みながら、随時輸入量を拡大していく」とのコメント。少々奇異な感じがしたが、そもそもその違和感は僕自身が「自由な市場取引による需給調整」に慣れていることに起因している様です。バターに限らず商品一般は、供給量及び需要量の増減によって需給調整が必要となってくる。バターの場合その輸入量は国内の酪農家保護の為に公的に管理されているので、その需給調整を自由な市場に委ねず、国家(役人)が管理する。「自由」とは相対的なもの。自由な市場と言っても当然いろんな縛りがある訳で、「必要に応じて管理」することに何ら奇異なことはない。そう感じるに到りました。

 一方で、次のニュースは株式取引のお話し。そもそも株式の取引と言えば、証券取引所にて人々が手を挙げて叫ぶ風景を連想します。それは卸売市場での鮮魚のセリの風景と大差はない。ところが現代では、否、既に数十年前から誰でもパソコンの端末で株式取引が簡単にできる時代となっている。そのコンピューターを使った取引だが、最近では人口知能が「過去数年の株式・商品相場を動き」と言った膨大な情報を、人知を遙かに超えた能力をもって把握し、その情報に基づいて株式・商品を売買する。そしてそれは相当に高い利益をもたらしているらしい。しかもその人工知能は日々の自身の損益の情報を正確に把握し、その情報も踏まえて取引をしていく、すなわちより高い収益を得る方向で日々学んでいく設計になっているとのことです。さらに、データの送受信の高速化とコンピューターのプログラミングにより、昔は電話で一件々々成約させていた取引を、1秒間に数万件こなしてしまう由。何だかとんでない時代を迎えつつある。そんな印象を持ちました。

 資産運用を生業とする人々にとっては、より効率的でより収益の上がる仕組づくりを追求することは彼等の仕事そのもの。故に技術革新によってかかるシステムが創造され、それが経済社会を動かしていく。しかるに、この革新的な仕組に違和感を覚えるのは僕だけであろうか?僕の理解で言えば、お金は物資やサービスを交換する手段としてとても便利なもの。「金は天下の廻り物」であって、そのお金が、「生産者が人々の必要とするもの・欲しいものを生産し、それが流通して、人々の手元に届く」様に、うまく廻っていくようにする必要がある。それは「貨幣の需給調整機能」とも言えるもので、現況ではそれを自由な市場に委ねている訳であり、日々その市場に参加して資産を運用する人々は、その「貨幣の需給を調整する」社会的機能を果たしていることは間違いない。しかしマルクスが書いている様に、その自由な市場においては、金はより高い利回りを求めて動く。金は金の都合で動く訳で、その金は時に穀物や石油の市場に流れ込み、商品相場を大きく動かす。そもそも商品やサービスの便利な交換手段であった筈のお金が、、、、、、これじゃあ本末転倒ではないか。そしてこんなマネーゲームが「我が国のGDPの何割占める基幹産業だ!」なんて、それはまともな感覚とは思えませんねえ。

 以上、今朝のニュースを起点につらつらと考えてみました。近年、TVでは貨幣のことを「お金」と呼ばず、「金」(カネ)と呼び捨てにするのが正しい報道の仕方なのだそうです。でも僕にとっては美しき女性アナウンサーが「金」「金」と言うのにはどうも馴染めません。日本語には「銭」(ゼニもしくはゼネと発音)というなかなか味のある言葉もある。
どうせだったら、労働の対価たる「お金」と「銭」という言葉を分けて使ったら如何でしょう?女性アナウンサーが「銭(ゼネ)が欲しくて犯行に及んだそうです。」なんて言うのも結構愉快そうです。

一方で我が社は海から鯨を取ってきて、それをバラして、それを食べ物としてお客さんに買って貰って、有難く「お金」をいただく仕事をしています。そして、その金は天下の廻りもの也。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。