外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日6月21日の解体はありません。

 北の寒気が入り、今朝は梅雨時とは思えないすっきりした天気ですね。一方で低気圧の通過が遅れ、和田浦海岸では相変わらず白波が立っています。今日がツチ漁の解禁日ですが、船はここ数日の悪しき海況で和歌山の太地を発てず。今朝ようやく出港し、現在移動中です。従い、明日6月21日の解体はありません。

 昨日初漁祭(小学校児童の解体作業見学会)の日程を確認しましたが、学校の方は何かと忙しいそうで、来週それを実施出来るチャンスは22日(月)と24日(水)の2日しかないことが判明しました。この行事は今年で16年目を迎える結構愉しいものではありますが、解体見学の他に朝食を用意する等、多くの皆さんのご協力で成り立っています。特に朝食は早朝から準備をすることとなりますので、「これが終わらないと落ち着かない。」と誰もが言う。尤も準備万端・日程を空けて待っていても、一向に鯨が獲れず、結局7月にずれ込んだことは過去何回かありました。今年の日程に合わせてうまく鯨が獲れるといいですね!

 昨日イカのことでバカバカしいことを書きましたが、立川談四楼さんはあるイカのギャグに常日頃注目しているらしい。例えば旅行番組が函館を紹介する場合には、当然イカそうめんが紹介される。その番組に出演するタレントは何か気の利いたことを言わねばならぬが、その際に「イカがあって、いかった(良かった)」と言うかどうか。そうですね、昔桃屋のイカの塩辛のCMで、アニメで描かれた三木のり平が言う台詞です。談四楼さんがおっしゃるには、これはTVの業界では絶対に使ってはいけないギャグとの由。この禁断のギャグを誰が使うか長年鋭意監視していたところ、とうとう志垣太郎さんがそれを使った!「とうとうやったぞ!」と悦に入った由です。かくもややこしいんだか、ややこしくないのだか、よくわからないギャグが成り立つのも、やはりイカの底力と言えましょう。そうですねえ、前歯の痛みが引いたら、久しぶりにダルマイカをさっとバター焼きして食べたいですねえ。それでは。


 

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。