外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

本日7月30日、1頭捕獲。明日31日の解体は午前4時より。

 本日7月30日、1頭の捕獲がありました。この鯨を明日31日午前4時より解体します。これにて残枠は3頭。操業船は1隻ですから、解体はあっても1頭/日。従い明日の分を含めてもまだ解体見学のチャンスは4回あることになります。
 今年は昨年以上に見学者が多い様に感じます。「血塗れの現場」という表現は冷静に考えて妥当なものと思いますが、何故にかくも毎日のように見学者が来るのか?中には「今年はまだ(?!)3回目です。」なんて言われる性懲りもない方がおられます。どうもこの現場は、「死体とは言え、巨大な鯨を見られる場所」であり、「肉類が売場のショーケースで販売される前に何がなされているかを体感し、生きとした人間と食料の関係を実感できる場」であり、「かつて街中に溢れていた人間の原始的な労働(協働)の風景を見られる場」と認識されている様に思います。弊社としては、この現場は見せ物ではありませんが、見学者に「漁業や食料のこと」を考えて貰えるのであれば、このご時世大いに結構。「血塗れの解剖場を囲む懲りない面々」を歓迎したいと思います。
 7月も残すところ僅か。今年は6月末から盛漁となり、夕刻の散歩の蝉の音が聞こえないことを奇異に感じましたが、ようやく朝夕にはヒグラシがシクシクとやさしく鳴き始めました。空梅雨の猛烈な湿気からもようやく開放された感覚。本物の夏に入りました!


 

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する