外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走に入りました。

 今日師走に入りました。当社は11月が期末ということで、今日新しい決算年度が始まったことになります。世間では稀な決算時期ですが、恐らくは漁期との関係でしょう。沿岸小型捕鯨の盛漁期は4-9月で、10月は海況悪しく何日も働ける訳ではない。そんなことから11月末が期末になったものと理解しています。

 定置網の方はもう網が入っていなければいけない時期。しかし今年は新規の灘網設置作業を要し、加えて網の納入の遅延や11月下旬の悪天の影響で、網入れが遅れています。今日もこの酷い天候で網入れ作業は不可。網が入らないと売上は確実にゼロ。なかなかつらいところです。魚の顔を拝まないと気持ちが落ち着きませんね。因みに定置の会社の期末は8月末。これも漁期との関係で説明出来そうです。

 11月には結構な回数ブログを更新しました。書くことによって精神的に救われる。僕の場合はそんな傾向が強いです。書いたものをざっと読んでみましたが、とにかく右足のことについて、何度も何度も同じことをしつこい程書いていることに気付きました。まあ、確かにそこが最大の非日常性(違和感)を抱えているところ。そこに思考と感情が向かうのは止むを得ません。

「何も考えずに歩いていました」とか「そうだ、釧路でこの右足を折ったんだった」と感じられる時期の到来を切望しています。人間は健康であれば、自分の体の各パーツの状態(存在)なんか全く意識しなくなるものですね。僕の右足の場合、ほぼ確実に治癒し従前の90%の機能は戻ると確信しているが故に、現況を受け入れ、それに適応しようとしない部分があるのかも。そしてそれが精神を不安定にしている。そう言えそうな気がします。そうですね、焦っても仕方ない。しばらくの間「大きな違和感の抱えながらの生活」となることを静かに受け入れつつ、ぼちぼちとやっていける様に努めましょうか。尤も「努めて」はいけないのだけど、、、、、。

 今朝は酷い雨で定置網の仕事が進まないことにうんざりしましたが、昼前になって雲が切れ、雨上がりの澄み切った青空になりました。事務所には柔らかい初冬の日差しが入っています。不思議なもので、「晩秋」の光よりも「初冬」のそれの方が明るいイメージがありますね。気温は未だ秋のそれだけど。海はまだ荒れているのだろうが、この冬の陽光を受け、和田の海はキラキラと輝いているかもしれない。死の床に就いたゲーテの言葉「もっと光を!」。昼休みに海を見に行こう!しばし防潮堤に腰を降ろし、冬の陽を浴びよう!それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。