外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応は「地に足のついた」生活へ。

 今日は快晴。何ともいい日よりですね。青空の下、和田の海や田園に初冬の陽光が溢れています。赤灯台付近ではカマスが「入れ食い」の由。そのお裾分けを有難く頂戴、食しております。定置網の設置作業も再開され、明日網入れを完了、明後日は最初の水揚げの予定。ようやく「魚の顔」を拝めるものと愉しみにしています。杖2本の生活も、毎朝魚の水揚げがあれば、少し雰囲気が変わってきますね!

 今朝は病院に行き、右足のレントゲン撮影を実施。「順調に骨が接着しつつある状態」ではないが、装具の使用を止め、普通の靴を履いての歩行訓練が始まりました。杖2本を使って今週は右足には体重の1/3を加重、来週は2/3、再来週は3/3と右足への加重負担を増やしてく方向でのリハビリとなりました。

 まだ1/3だけど、一応は「地に足のついた」感覚。これはなかなかいいものですね。またあの重厚な装具を使う必要無しとのこと、それは大きな解放感をもたらしています。尤も「右足に対する重厚な装具の保護がなくなること」には留意する必要がありそうです。くれぐれも気をつけて、慌てずにゆっくりと歩きたいと思う。

 診察の際、家内が医師に「自動車運転の開始時期」について質問。医師の見解は「基本的に自己判断で、医師の方からは時期を明示しにくい。万が一事故を起こした場合、足の状態が正常でないことは、(事故の)相手方の納得を得難いことに留意すべし。」といったものでした。「なるほどねえ」と納得、相変わらず所謂「未経験の新しい事象への遭遇」が続いています。僕としては、もし右足の傷が治癒すれば、プールや温泉に行きたいという希望があります。右足をお湯で温めたり、重力の小さい水の中で動かすことが、我が心身に最適と思えるので。だから、ちょうど傷が治ったタイミングで運転出来る状態になるといいなあ、と虫のいいことを考えています。尤も、電車を使った生活も悪くはないですね。こんな時こそ、それを楽しもうか、という気持ちもあります。(嗚呼、凄い欲張り!!)

 とまあそんな訳で、明日も天気は良さそうですね。久しぶりに「少し」地に足をつけて、和田浦散歩を楽しみましょう。或いは、電車に乗って鴨川に飯でも食べに行こうかなあ。普段は何の意識もせずにしていたこと、大した興味も示さなかったことが、きらきらと輝いて見える。そんな経験をしております。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。