外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走 ―美しきもの―

  今朝は発達した低気圧が房州沖を通過。早朝には雨は上がっていたのですが、強い風が吹いていたので、朝の散歩を取りやめました。引き続き杖2本の散歩ですが、装具が外れて動きは軽快。そんな影響もあってか、当地の風景が違って(より美しく?)見える感覚はありますね。

 早師走も半ば。もう紅葉の時期ではないのでしょうが、処々に残っているとハゼの深紅や銀杏の鮮やかな黄色に、引き続き目を喜ばせています。前者の紅の濃さ・深さは何とも美しいものですね。後者はお寺や神社に巨木が多く、その鮮やかな豊かな黄色に圧倒されます。特に陽光に照らされた時は息を飲む程美しいことがある。またその樹下より、無数の黄色い葉の間に初冬の澄み切った青空の断片を見るのもいいものです。風が吹くとさらに美しいですね。ハゼや銀杏がかくも美しいものと感じたのは初めてのこと。これも怪我の影響でしょうか?

 房州に限らず、風景はやはりTWILIGHT、夜明け前と黄昏時が美しい。故に極力日に2回、この時間帯に散歩をするようにしています。
 和田では太陽は海から、水平線を昇ります。夜明け前、水平線上の空はバラ色に染まり、その色調は刻一刻と変化していく。また雲の出方次第でその印象は日々異なります。日が昇ってしまうと微妙な色彩はなくなるが、陽光に照らされた「海の道」がきらきらと輝いている。この時間帯が「最も美しい時間」であることは間違いないでしょう。「早起きは三文の得」という気にさせるに足るものです。
 夕陽は山側に沈むが、山の端の空は薄い茜色に染まり、その薄茜色の空を落葉した広葉樹の複雑な枝振りの背景に見る。日の出と比べたら地味だし少し淋しくもあるけども、やはり美しいものですね。日の出以上に「もののあはれ」を感じさせてくれる風景、とも言えそうです。

 という訳で、師走の風景の中に、自分なりに晩秋や初冬の美しさを見つけて楽しんでおります。「元気一杯」とは言えませんが、少しは元気になり、一方であまり無理して「元気な生活」を己に強いぬ様に警戒しつつ、ぼちぼちとやっております。それでは。また書きましょう。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。