外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

春の嵐

  確か先週春一番の報に接し、今週も春の嵐で始まり、明日も大荒れで気温も上昇しそうです。まだ西高東低の冬型がばっちり決まって冷え込む朝もあるが、移動性の低気圧が春の嵐をもたらし、季節は確実に春に向かっている。そんな印象ですね。

 それにしても今年はやたらに寒桜が目立ちます。やはり日本人は桜が好きで、冬場にもそれを見たがる。だから当地でもここ数年で多くの寒桜が植えられたものと思う。

 でも僕に言わせれば、この時期は梅花の楚々とした姿を心静かに愛でる時期かと。散歩の途中でしばし梅の木の下で佇み、その仄かな香りを愉しんでいます。かつて北国の大学を卒業して東京の会社に就職した頃、冬場は一緒に山に付き合ってくれる相棒もなく、ひとりぼっちで中央線沿線の山々や乾徳山、茅ケ岳といった山々を登っていました。あの頃甲州の梅林の風景は美しかった。春の甲府盆地の桃や李(そもも)の風景は格別なものですが、少々地味ではあるものの、僕は寒い時期の甲州の梅林が好きだった。そんなことを思い出します。

 私の生活は相変わらず。朝晩に加え、時には昼にも歩いている。週末は結構纏まった時間歩く。全く歩けない1ケ月、装具で患部を庇いながら慎重に杖で歩いた1ケ月、杖で結構軽快に歩いた1ケ月の都合3ケ月の後、この睦月と如月は兎にも角にも、我が和田浦を歩き回っています。不思議なもので、我が和田浦を歩いてさえいれば十二分に満足し平穏な気分である。逆に専ら我が街を歩き回ることで、精神の健康を何とか維持出来ている感覚もありますね。遠出をして見たい、という希望は起こらず。むしろ家を離れるのが不安な感覚もあります。昔は頻繁に山を登ったり、それが適わなければ、とりあえず旅に出て、知らない街を歩き回ったものですが、、、、。

 そんなことを考えている内に、久しぶりにどこか遠くへ行ったら案外愉しいのでは、と思う様になりました。この冬の名残に、甲信国境の低山を登って、真白き八ヶ岳と南アルプス連峰を眺めて来ようか?そうだ、京都や琵琶湖もいいなあ。今冬の湖北は相当に雪が多い筈だ。未だ手が着いていない仕事が多くて気が晴れないが、修行僧の如くひとつひとつ祈る様に片付けいければ、いずれ我がこころにも平穏な気分が訪れるのではあるまいか。そんな気になってきました。

 そうですねえ、いつか、ぶらりと、電車とバスに揺られ、福寿草が春の兆しを告げる、雪深き村を訪れ、長靴を履いて、雪の道を歩き回りたい。漠然とそう思います。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する