外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

小学校の解体見学学習のフォローアップ

  去る5月30日に当地の小学校2校の児童を対象とした「鯨の解体作業の見学会」は無事終了。が、私自身は最初の30分だけ子供達と一緒にいましたが、所要がありその後解体場を去りました。解体場は「食べ物を生産する場」であるのと同時に、内臓の腐敗臭が漂い、大きな鯨体から大量の血液が流れる「壮絶な現場」でもあります。子供達は大丈夫だったかなあ?毎度そんな心配しながらも、とにかく先生方と共に子供達と一緒にその場をいることが肝要、と考えてきました。それを今回は出来なかった。

 尤も鯨が獲れなければ、解体は出来ないし、獲れた場合でも「解体開始時刻」は地元の皆さんが好む軟らかい肉を生産する為に「鯨を捕獲した時刻」によって変わる。この解体見学学習を始めて早20年の歳月が経過していますが、「予定が立たない」のは毎度のこと。一緒にいられないことがあるのも致し方ないところです。

 一方で小学校の方はいろいろな予定を抱えている訳でして、結構気を揉むことが多いですね。そんな心配をしている時に、一般の方から「この週末鯨は獲れますかねえ?」といった問い合わせを電話で受けると、「こちらが知りたい位ですよ!」言ってしまったり。まあ、それでもこんな行事を長い期間継続出来たのは、周囲の皆さんの協力があったからですね。改めて感謝申し上げたいと思います。

 とまあそんな訳ですが、例年は漁民会を会場に一緒に鯨カツの朝食を食べ、その際に私が20分程度の簡単なレクチャーをするのですが、今回はそれを果たせず。とりあえずは
その教材だけでも担当の先生にお渡しすべく、昨日和田小学校を訪問。そしたら担任の先生が「ちょうど今時間が空いています。もしよかったらお話ししていただけますか?」と。
その申し出をお受けし、約1時間をいただき、ツチクジラ漁についてお話ししてきました。
その中で子供達が「愉しかった!」と言ってくれたことは嬉しかった。僕の方からは「気持ち悪くなかった?そう感じたなら、それを抑えることはない。ただ時間が経過する中で人間の感じ方は変わってくるものです」。「気持ち悪かったけど、愉しかった。そんなこともあるんだよ。」等お話ししました。とりあえず「心残り」を愉快な気持ちでひとつ消すことが出来ました。もうひとつの小学校(南三原小)には、月曜日の朝に授業をさせていただくことになり、これにて「解体見学」部分の学習は終了することとなります。

 早6月に入り、照葉樹の緑も濃くなってきました。今日は快晴強風ですが、昨日は梅雨を思わせる天候。季節の移ろいを実感しています。それでは。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する