外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

夏の終わりに

 今年最後の解体の連絡をもって、久しくご無沙汰してしまいました。漁期中にお世話になった皆さんへの御礼さえ欠き、恐縮しております。9月初旬より釧路に向かい、先日一旦帰郷。8月末に書いたものがそのままになっておりまして、今回加筆してブログに登録することにしました。今年の夏はお世話になりました。今後ともよろしくお願いします。 雑感 -盆が過ぎて-
 むし暑かったお盆が過ぎ、だいぶ涼しくなってきた。今年は盆前に夏の漁が終了。久しぶりに盆休みが実現した。お盆は墓参り、帰郷した親族との歓飲食談、そして店舗の手伝いで過ごした。そんな生活に五輪観戦が入り込む。結果的に今年は終戦の日を偲ぶ機会を逸した。何だか今年は勝手が違うと思う。
 漁が終了して気が抜けてしまったのか、残暑にあてられたのか、彼岸以降どうも元気が出ない。人間の生活のリズムには個人差がある訳で、まあ僕の場合はこんなものなのだろう。元気になればまた何か出来るさ。それまで最低限の責務を、怠惰な自己を持て余しながらも、ぼちぼちとこなして行こうと思う。
 北京五輪は昨晩終了。今日の新聞にはそれを総括する記事で溢れている。栄冠を手にしたアスリートにもそれを逃したアスリートにも容赦ないテレビ局のインタビューが待っていた。ほとんどのインタビューの中で例外なく僕が感じたのは「ここまで私を支えてくれた皆さんに感謝する」という彼等の切なる気持ちであった。確かにビジネスの色彩の強い現代五輪において、彼等は常に視聴者に好印象を与える言動を求められている。が、今回彼等の発言から溢れてくるのはお仕着せの「視聴者に好印象を与える発言」ではなく、「支えてくれた人々への感謝の気持ち」以外の何ものでもなかったように感じた。
 女子レスリングの伊調姉妹の発言。レスリング協会の広告塔としての発言としての評価はともかく、僕にはお互いの存在を生きる上での拠りどころとして、必死に目標に向かって努力してきたこの姉妹の4年間の生活の様子が想われ、心に残った。そしてこの人の世には何事かをなさんとして頑張る多くの人々が存在している。そして彼等のひとりひとりが家族を初めとした身近な人々、滅多に会うことのない友人、先輩、恩師、さらには既に鬼籍に入った人々。そういった本人と関係が多様な多くの人々に支えられて、或いは支えられていると感じて頑張っている。そんなことも感じた。そして新聞の「ロンドン五輪に向けての日本選手の強化」に関する記事を読みながら、僕の関心は「頑張る人々」と「それを支える人々」との関係に向かう。
 心理学者の故河合隼雄氏は立花隆氏との対談で「自我の形成の在り方」について、「自分ということをまず他から分離して確立し、それから他との関係をつくる方法」と「最初から(他との)関係のなかで自分をつくっていく方法」がある。日本人には後者のパターンが多い、と話している。確かにそうだなあと思う。むしろ一般的に日本人は今の自分が多くの人々との関係によって形成されたことに感謝する傾向が強いのだと思う。こういった多くの日本人の持つ傾向が本質的にいいものなのかどうか、僕は知らない。ただ僕は僕自身が多様な形で依存している人々から有難く生きる力をいただいて生きている様な気がする。五輪に出場する日本のトップアスリート達にしても、勿論生まれ持った凄い才能を持ちながらも、多様な形で多くの人々に依存し、その人々から力を貰って戦っているに違いない。そして無私なる指導者(先輩)に教えられ支えられた恩を、次は指導者(先輩)として滅私奉公、後輩に返す。こういった循環が日本のトップアスリートの社会を支えているだと思う。この日本人の傾向、即ち自分が他者との関係によって形成されていることを自明なことと認め、自分を形成してくれた他者に感謝するこころ。そしてその感謝の気持ちは次世代の人々に返すべきものとする思考。日本社会を構成する多くの日本人が持つこのこころの傾向。これは、日本のスポーツの、さらには五輪出場選手強化を考える上で見失ってはいけないポイントなのではと思う。そしてこの少小高齢化が進行する日本社会にあって我々日本人が進むべき道を示すものだと僕は信じて疑わない。
 厳しい残暑にあてられ覇気を失った日々を送っていると、自分を取り巻く環境が制御不能なものに感じられ、なかなか起き上がれない。まあ、やがて暑さも和らぐだろう。9月から沿岸捕獲調査が始まる釧路では、涼やかな風が工場に隣接する空き地の釣鐘草を揺らしているに違いない。しばしゆっくりと穏やかに過ごしていこうと思う。普段会うこともない友人に手紙でも認めてみようか。季節が移り、受動的ながらも何らかの刺激を受けていく中でまた新たなる地平が見えてくることもあるだろう。   以上

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する